劇場公開日 2020年9月18日

「とてもイタリアの映画で普遍的な映画」マーティン・エデン talismanさんの映画レビュー(感想・評価)

3.520
20%
44%
27%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5とてもイタリアの映画で普遍的な映画

talismanさん
2020年9月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

萌える

マルティン役のルカ、フリッセンデン役のチェッキが説得力ある存在と演技力でこの映画の軸となっている。舞台がアメリカでなく、イタリアの、それもナポリであることが良かった。

11歳から船で働き小学校も途中でやめたマルティンがエレンに出会い、彼らのように話し考えられるようになりたいと思う気持とすぐ実行する行動力に心動かされた。特にことばの勉強と本を通して、という所に共感を覚えた。その彼の熱意の一方で、子どもの時から貧しくて働きづくめのマルティンの身体の頑丈さと目の力の強さはとても魅力的だ。

作家として成功しゴージャスな家に住み、世話になった未亡人家庭の為に家を買い、労働者運動の為に金を惜しげもなく与える。
でも、ブリッデンセンを失い、知識と勉強への熱愛をくれたエレナとの間に絶対に埋められない溝を再確認した絶望のマルティンは、すべての大人の中に居ると思う。
大人になって、年とって、完全に満ち足りた人なんて居ないと思う。いたら嘘か、見栄か、面倒だからそう言ってるだけではないかと思う。

貧しくて働きづめの人々、農業、漁業、酪農、食料の調達に運搬、まさに永遠のエッセンシャル・ワーカーだ。弱者の側に常に居続けようとしたマルティン。

映像が素晴らしい。子どもの頃、姉とダンスしてる場面かなと思わせる映像(マルティンの家にビデオカメラなんてあった訳ない。だから余計に愛おしい映像だった)、加えてイタリアの美しい歌も沢山!これはミュージカル?と思ってしまうほど。見て良かった。
--------
ニューシネマパラダイスでトトの青年時代をやった役者さんが、マルティンの姉の夫として出ています。エーーー!とびっくりしてほんの少しショックでした。が、面影はもちろんあり!

コメントする (コメント数 6 件)
共感した! (共感した人 14 件)
talisman
NOBUさんのコメント
2020年10月17日

今晩は
 まずは、勝手に私のレビューにご登場いただきすいません。(名前を変えていますが、分かる人にはすぐ分かる)ご容赦下さい。
 ルカ・マリネッリと言う俳優さんは、恥ずかしながら初めて見たのですが、身体から醸し出る男の色気と、目力にやられました。
 イタリア映画って全てではないですが、粒子の粗い画なんだけれど、何となく漂う美しくも懐かしい風景などが好きなんです。
 では、又。

NOBU
Bacchusさんのコメント
2020年9月25日

フランスじゃなくてイタリアでした(;゚O゚)

Bacchus
Bacchusさんのコメント
2020年9月25日

永井豪の鋼鉄ジーグとは関係なくて、フランスでも鋼鉄ジーグが放映されたらしく、ヒーローの代名詞的にそう呼ばれるだけですw
機会があったら是非!

Bacchus
Bacchusさんのコメント
2020年9月25日

ルカ・マリネッリ強烈な格好良さでしたねー。
若い頃のデニーロに少し似てる!?

グレートビューティーは知りませんでしたが、私は鋼鉄ジーグでみたことがありました。
当然ルカ・マリネッリという人物は当然知らないし、チンピラのボス役でしたが、印象には残ってます。

Bacchus
Bacchusさんのコメント
2020年9月25日

コメントありがとうございます。
またいつでも書き込んでやって下さい。

サクセスストーリーで終わらない苦悩と哀愁が良い作品でした。

Bacchus
レッサーパンダさんのコメント
2020年9月24日

今年のベストテンに入るくらい好きな映画でした!
もっと上映する劇場が増えてくれたら嬉しいですね!

レッサーパンダ
「マーティン・エデン」のレビューを書く 「マーティン・エデン」のレビュー一覧へ(全20件)
「マーティン・エデン」の作品トップへ