WASP ネットワーク

0%
53%
42%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2019年・第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品作品。日本では同年の第32回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門で上映。Netflixで2020年6月19日から配信。

2019年製作/130分/フランス・スペイン・ブラジル合作
原題:Wasp Network

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ベネチア国際映画祭(2019年)

出品

コンペティション部門 出品作品 オリビエ・アサイヤス
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ディスコード
  • ポゼッション(2012)
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 怪談新耳袋 怪奇 ツキモノ
  • 怪談新耳袋 怪奇 ノゾミ
  • 心霊
  • 心霊2
  • 心霊スペシャル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)OrangeStudio

映画レビュー

3.0アナ・デ・アルマス😍

J417さん
2021年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

アナ・デ・アルマス😍

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J417

3.5ミッションの成功と家族の安寧

Roy60Jinさん
2021年9月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

ソ連崩壊後のキューバでは、マイアミに亡命する者が後を絶たなかった。主人公のレネもその一人であり、家族を残してマイアミに亡命する。しかし、それはあるミッションを抱えてのことだった。

非常にバランスの取れた脚本だったと思う。社会的な動きと家族の葛藤の両方を対比できる構成で、ミッションの成功と家族の安寧の両立の難しさをよく見せていた欲を言えば、FBIの動きについてももう少し真相を見たかったところではあるが、あまり明らかになっていないのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Roy60Jin

3.0危険は承知。スパイの妻ペネロペ・クルス × エドガー・ラミレス。ペ...

2020年7月31日
Androidアプリから投稿

危険は承知。スパイの妻ペネロペ・クルス × エドガー・ラミレス。ペネロペ・クルス、アナ・デ・アルマス、そしてガエル・ガルシア・ベルナル。スペイン語圏が誇る素晴らしい役者たちが仏監督オリヴィエ・アサイヤス最新作に顔を揃えたポリティカルサスペンス。そして事実に基づく興味深い題材のスパイ工作もの。アメリカ目線で始まるものも、そこはフランス人監督(?)、しっかりキューバ目線に立ちアメリカのエゴ身勝手さにも少しの疑問符を。と言いつつ、結局のところ他のアメリカ映画など同様、本作におけるキューバとは、単なるアメリカの平和を脅かす脅威に過ぎないのかもしれないけど。正直そんなに面白いってことは個人的になかったが、少なくとも日本においてほぼ同次期配信の同エドガー・ラミレス主演作『ラストデイズ・オブ・アメリカンクライム』よりは良い。にしてもペネロペ・クルスとアナ・デ・アルマスを同じ映画で見られるとは、これがいわゆる俺得ってやつかと思った。そしてガエル・ガルシア・ベルナル久々に見たらかなり頭きてたな、盟友ディエゴ・ルナが若々しいルックスのままでかつハリウッドでの活躍の場も広げているので少し寂しい気持ちにもなってしまった、けど応援していきたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とぽとぽ

3.5よく言えば骨太、悪く言えば雑多

andhyphenさん
2019年10月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

東京国際映画祭にて。

オリヴィエ・アサイヤスの最新作(のはず)。第76回ヴェネツィア国際映画祭コンペディション部門選出。
実話に基づいているが、かなり分かりにくい複雑な構造をしていて、話を知っているかどうかで大分見方が変わる。
2人のキューバ人男性がアメリカに亡命し、キューバ体制反対派の団体で活動を始める。ここではふたりは故国を捨てて新しい体制を目指す対照的なふたり、という感じで描かれる。ひとりは生真面目堅実。もうひとりはド派手。
しかし、中盤でいきなりナレーションによるネタバレが入る。彼らは亡命キューバ人が起こすテロを未然に防ぐために反体制組織に潜入したスパイ ”WASP Network” の一員であった。
WASPネットワーク、ひいてはキューバン・ファイブの話はキューバとフロリダ以外ではよく知られていないそうだから(私も観る前にさっくり予習したにすぎない)、恐らくこの話を知らない観客向けにこの映画は作られている。時々あれ? という伏線を仕掛けてきて、中盤で一気に物語を加速させる流れである。複雑ではあるが、惹き込みやすい作りだ。誰が敵で誰が味方なのか? という感を演出している。ただし話を知っているとその効果がないので難しい。
物語の中心は、最初に亡命してきたレネと、キューバに残された妻オルガだが、その他様々な登場人物が、場所と時間を自在に動く(時間が急に巻き戻ったり、話が中米に飛んだりする)。様々な視点から物語を俯瞰することができるが、色々な登場人物が出てくるため物語が散漫になる点は否めない。レネとオルガに絞っておけば良かったのでは...。
また、この作品は最初に亡命したときが示されて以降、ほぼ時間が描かれないので時間の進みが把握できない。何故だ!あんなに場所は描くのに!
順調に活動を続けていたWASPネットワークだが、結果的に(これも物語内に伏線が入ってくる)メンバーは逮捕され、裁判にかけられる。そこで司法取引に応じなかったメンバーが所謂「キューバン・ファイブ」である。
この作品はWASPネットワークの活動とそのメンバーの人間関係に重きが置かれており、収監後の経過やオバマ政権に入ってからの雪解けについてはほとんど描写がない。当然FBIとの攻防も描かれない。
彼らの活動が罪となるものであるのか(本来の目的を隠していたことは確かだが)、FBIとキューバが亡命アメリカ人テロリストについて情報を交換した後に彼らが逮捕されていること、様々な国の思惑が見え隠れしながらも、その部分をあからさまではなく背後にさりげなく置いて、ただ思いを持つ人間を描く事に徹していると言える。
スパイ映画的な趣を期待して観ると全く異なるテイストであろうと思う。息詰まる攻防戦というものはなく、後半は特に信念と家族愛の映画といったテイストである。その間に幾つかの事件が挟まり物語が大きく動く。
結果として、淡々とした、及び人物が多すぎて散漫な印象は否めないものの、非常に堅実なつくりの映画といえる。描き込みが多く骨太な映画だ。そこを雑多だという見る向きもあるだろうが...。
役者はスペイン人のペネロペ・クルス、ベネズエラ人のエドガー・ラミレス、ブラジル人のヴァグネル・モウラ、メキシコ人のガエル・ガルシア・ベルナルと多国籍軍総動員である。監督はフランス人だしな。ペネロペ・クルスはやっぱり強い情のある女が似合うなー。キューバ人のアナ・デ・アルマスさんも勘の鋭さが素敵。いちばん悲しい役回りだけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
andhyphen
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る