WASP ネットワーク

配信開始日:

解説

2019年・第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品作品。日本では同年の第32回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門で上映。Netflixで2020年6月19日から配信。

2019年製作/130分/フランス・スペイン・ブラジル合作
原題:Wasp Network
配信:Netflix

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ベネチア国際映画祭(2019年)

出品

コンペティション部門 出品作品 オリビエ・アサイヤス
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)OrangeStudio

映画レビュー

3.5スパイ映画だけど…

2022年4月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
KEI

3.0アナ・デ・アルマス😍

2021年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

アナ・デ・アルマス😍

コメントする (0件)
共感した! 0件)
J417

3.5ミッションの成功と家族の安寧

2021年9月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

ソ連崩壊後のキューバでは、マイアミに亡命する者が後を絶たなかった。主人公のレネもその一人であり、家族を残してマイアミに亡命する。しかし、それはあるミッションを抱えてのことだった。

非常にバランスの取れた脚本だったと思う。社会的な動きと家族の葛藤の両方を対比できる構成で、ミッションの成功と家族の安寧の両立の難しさをよく見せていた欲を言えば、FBIの動きについてももう少し真相を見たかったところではあるが、あまり明らかになっていないのかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Roy60Jin

3.0危険は承知。スパイの妻ペネロペ・クルス × エドガー・ラミレス。ペ...

2020年7月31日
Androidアプリから投稿

危険は承知。スパイの妻ペネロペ・クルス × エドガー・ラミレス。ペネロペ・クルス、アナ・デ・アルマス、そしてガエル・ガルシア・ベルナル。スペイン語圏が誇る素晴らしい役者たちが仏監督オリヴィエ・アサイヤス最新作に顔を揃えたポリティカルサスペンス。そして事実に基づく興味深い題材のスパイ工作もの。アメリカ目線で始まるものも、そこはフランス人監督(?)、しっかりキューバ目線に立ちアメリカのエゴ身勝手さにも少しの疑問符を。と言いつつ、結局のところ他のアメリカ映画など同様、本作におけるキューバとは、単なるアメリカの平和を脅かす脅威に過ぎないのかもしれないけど。正直そんなに面白いってことは個人的になかったが、少なくとも日本においてほぼ同次期配信の同エドガー・ラミレス主演作『ラストデイズ・オブ・アメリカンクライム』よりは良い。にしてもペネロペ・クルスとアナ・デ・アルマスを同じ映画で見られるとは、これがいわゆる俺得ってやつかと思った。そしてガエル・ガルシア・ベルナル久々に見たらかなり頭きてたな、盟友ディエゴ・ルナが若々しいルックスのままでかつハリウッドでの活躍の場も広げているので少し寂しい気持ちにもなってしまった、けど応援していきたい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
とぽとぽ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る