そこからの光 未来の私から私へ

劇場公開日

そこからの光 未来の私から私へ
34%
33%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

20~30代の女性に発症することが多く、歩行困難や手足のしびれなどなどさまざまな症状が出る「多発性硬化症」と向き合う主人公の女性と、彼女を支える人々を描いたヒューマンドラマ。アクティブで元気な大学生のぴょんちゃんは、交通事故に遭ったことをきっかけに身体の違和感に気づく。痛みやしびれが次々と現れ、やがて歩行が難しくなったころ、ようやく「多発性硬化症」という病名を告げられるが……。実際に多発性硬化症と診断され、患者数や情報、治療法も限られた中でリハビリに励み、同じように多発性硬化症に苦しむ人々のためにNPO法人で活動を続ける実在の女性をモデルに映画化。自らの経験を生かして同じ病気に苦しむ患者に寄り添い、新薬の承認に向けた活動にも奔走する主人公の姿を通して、前に進む希望を描いていく。主演は「ばぁちゃんロード」「いけいけ!バカオンナ 我が道を行け」の文音。主人公を支える友人役にお笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子、主治医役に田中美奈子。

2020年製作/78分/G/日本
配給:サムシングファン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2020 バイオジェン·ジャパン

映画レビュー

2.5先ずは知って貰うこと

Bacchusさん
2021年2月7日
Androidアプリから投稿

単純

難しい

1993年、大学生の頃に多発性硬化症(MS)を発症した女性の話。

難病指定されている免疫不全の神経障害で症状は人それぞれ。
1万人に1人ぐらいの割合で発症し、寛解はあれど完治はないというこの病気。
なんとなくは聞いたことありましたが良く知らずに鑑賞。

そういえば林家こん平さんがこの病気だったっけ。

投薬とリハビリで寛解した主人公が、当時の日本ではMSの情報を得るのも難しかったことから、情報発信をするべくHPを解説し、法人を作り上げていくストーリー。

主人公の寛解までの奮闘記もあるけれど、法人運営の苦労話がメインという感じで、中でも新薬に関するエピソードのインパクトが強い。

ただ、この新薬に関しては、気持ちはわかるものの、副作用で問題が起きたら国が責任を問われる訳で、あまりにもそこに突っ走しる姿を強調されるのは如何なものかなと。
一応、彼女の意見の反駁もあるにはあるけれど、やっぱり弱いし。

映画としてはドラマが薄く、面白いとかつまらないというものでもなくて、MSという病気があるということや、支援をするグループがありますよというプロモーションという感じかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus

3.5多発性硬化症という難病を知った

2020年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 27 件)
月野沙漠
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「そこからの光 未来の私から私へ」以外にこんな作品をCheck-inしています。