お料理帖 息子に遺す記憶のレシピ

劇場公開日

お料理帖 息子に遺す記憶のレシピ
50%
43%
0%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

認知症になった母親が残した一冊の料理帖を通し、心身をいたわる家庭料理の数々と、母親の家族への思いや愛情を描いた韓国製ヒューマンドラマ。女手ひとつで惣菜屋を営みながら、子どもを育ててきたエラン。しかし、息子のギュヒョンは万年非常勤講師で生活能力に乏しく、妻に頼りきりで、エランが孫の面倒を見ることも多かった。そんな息子の姿に自分勝手だった夫の影を見るようで、つい小言をもらしてしまうエラン。それでも家族のために日々料理を続けていたある日、認知症の症状が表れはじめる。やがて息子のギュヒョンは母を介護施設に預けることを決め、家の中を片付けていると、一冊のノートを見つける。そこにはエランが息子や孫に宛てた自家製レシピと、家族への思いがつづられていた。エラン役は「新感染 ファイナル・エクスプレス」などにも出演している、キャリア50年以上のベテラン女優イ・ヒュシル。監督は「犬どろぼう完全計画」のキム・ソンホ。

2018年製作/104分/韓国
原題:Notebook from My Mother
配給:アーク・フィルムズ、シネマスコーレ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017, ZOA FILMS, ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

5.0家族とみたい

映画魂さん
2020年1月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

単純

幸せ

1人でみたけどもったいなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
映画魂

5.0すごい映画!

2020年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

すごいとしか言えないです!
自分の家族が大好きな人にピッタリです。
とくに母と子が一緒にみたらきっと楽しめるはずです。
若い女の立場からみればなかなか理解しにくいところもありますけれど(笑)
年寄りの男だったらぜひおすすめですよ。
今回の母の日、全国の息子たち集合!という感じです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
da-yeon Jeong

5.0何回見てもなぜか飽きない理由

2020年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

一見すごく平凡なありふれたストーリーのように思われがちですが、<折り梅>のように何回見ても飽きない魅力がこの映画にはある。むしろ見る度に新しい発見というか残るものが一つ一つ増えていく気がした。おそらく自分も50代に入ってもう80代に入った母に対する思いが以前とは違うからだろう。私にもそのうち母のために私の1年位を快く使える時期が来ることを祈りたい~~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
映画好き

3.5美味しいだけじゃない!アトピーだって胃がんだって治る惣菜の威力

kossyさん
2019年12月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 認知症作品はいつも注目してしまうのが“臭覚”についての描写。味覚よりも先に嗅覚が衰えるという認知症をどう描いているかも評価の一つになってしまうのですが、この映画はちょっとわからない。何しろおばあちゃんは長年の経験で作っているのだから、そんな感覚など必要ないくらいの腕前なのだ。孫が美味しそうに食べるおにぎりなんてのがいい例。ちなみに、韓国のおにぎりってあんなに小さいの?子供むけだからなのか?お団子サイズでした。

 字幕がとにかくカタカナだらけで新鮮でした。チュンチョンなんて有名だから春川でもいいのに…などと思っていたら、結構重要な場所だったりします。まぁ、勘の鋭い人なら最初の場面でわかると思います。ただ、終わってみればそれほど重要じゃなかった気もする(どっちだよ!)

 どことなくキムチ中心の惣菜かと思っていたのですが、しょうゆの文化も結構感じられ、韓国風ではあるけど日本食べ物にも通じます。認知症が進むと、徐々にがんもどきや芋の煮っころがしばかりになる・・・というのは寅さんで出てきたんだっけ?とにかくレシピ本があれば、いろんな料理が出来ちゃいます。しかし、認知症が進んでしまい、ノートが見つからなくなった。自宅を荒らしてしまうし、知らぬ間に運動靴を万引きしてしまうし、川で見知らぬ少年を抱きしめたりとか、色んな症状がぐさりと胸を打つのです。

 一つのメッセージとして、施設に入れるかどうかの基準を見誤らないでほしいと訴えてくるようでした。店を売れば2億ウォン(多分4千万円くらい)だけど、そのまま施設に預け、息子の大学教授の供託金(?)も払えてしまう。それで完璧なはずなんだけど、その大学の金も怪しい気がしました。

☆妻役のキム・ソンウンより妹役の女優が好き。ミアネ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全8件)

他のユーザーは「お料理帖 息子に遺す記憶のレシピ」以外にこんな作品をCheck-inしています。