劇場公開日 2020年10月23日

朝が来るのレビュー・感想・評価

4.166
43%
47%
7%
1%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全66件中、1~20件目を表示

4.5静かな語り口だが、脈打つ鼓動と光はとても力強い

2020年10月25日
PCから投稿

静かな語り口だが、そこに脈打つ鼓動はとても力強い。この物語は線形には進まないし、家族ドラマかと思えばミステリーに針が触れ、究極的には全てを包み込むヒューマンドラマの域にまで達していく。また、いかなるどん底に落ちようとも、決して失われない“眩い光”も観る者の魂を魅了してやまない。これまで河瀬作品はいくつも見てきたが、今回はどれとも違った。物語の輪郭線がはっきりしているし、感情とオーバーラップする自然描写や、時にカメラがドキュメンタリータッチに切り替わる河瀬作品的な手法も、今回は全ての要素が「物語」の太い幹を支えるため、しっかりと身を捧げているように思えるのだ。こうやって原作の良さを伝えるとともに、映像でしか成しえない表現性を確立することで本作の世界観はぐっと奥行きを増している。俳優陣も素晴らしいレベルで重責を果たした。とりわけ永作博美と並び、蒔田彩珠の存在感が実に輝かしいのは言うまでもない。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

4.0朝斗の眼差しという着眼点に尽きる

2020年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

河瀬直美監督作は初期の頃から全て見てきているが、これまでで最も広く受け入れられる作品になるのではないだろうか。辻村深月氏の素晴らしい原作を映画化するに当たって、2人の母親を繋ぐ「朝斗」の眼差しが必要だと強く感じたという河瀬監督に喝采を送りたい。
初号試写を鑑賞後、ある出演者と最寄りの駅に向かって歩きながら語らったが、年に数回あるかないかの「打ちのめされた感」を共有したことが忘れがたい。
永作博美と井浦新が良いのは充分に知っている。是枝組などで認識はしていたが、蒔田彩珠の才能に感動を覚えた。今後の活躍に目を離すことが出来ない新鋭である。
冒頭で触れた通り、「朝斗の眼差し」が徹頭徹尾、貫かれている。どうかエンドクレジットの最後まで席を立たずに余韻に浸っていただきたい。作り手たちの思いが、分かるはずだから。

コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
大塚史貴

4.0産みの母親と育ての母親が抱える思いが交差したミステリーからヒューマンドラマになる感動の名作

2020年10月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

本作は、直木賞&本屋大賞受賞作家・辻村深月の長編小説を映画化。河瀬直美監督の力量も加わって、シビアなテーマ(特別養子縁組)が優しく包み込まれるような作品に仕上がっている。
当時14歳だったひかり(蒔田彩珠)は少女らしい真っ直ぐな恋をして妊娠してしまうが、親も親戚も隠すことに必死になり、ひかりの将来を思い「特別養子縁組」の施設でひかりは出産の準備をして無事に出産をする。
そして、子供に恵まれなかった夫婦(永作博美・井浦新)は、様々な条件を乗り越えて、ひかりの子供の〝正式な親 ″となる。しかし、その後、ミステリー的な要素が加わり物語としての深みを増していく。
美しい場面には考え尽くされた「光」、悲しいときには「影」を感じるというような映像の調節も河瀬直美監督らしい演出だと思う。
14歳のひかりから貰った「手紙」を佐都子(永作博美)が最後に改めて読み直す際の、消しゴムで消された文章が「ひかりの人生」を象徴している。同時に、佐都子とひかりが一つに繋がる瞬間でもある。見終わった後は、是枝裕和監督の名作「そして父になる」を思い出した。深いところでは共通するテーマであると感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
山田晶子

4.0河瀬直美監督作品は合わない? でも、この作品は見てみてください。

2020年10月22日
PCから投稿

正直に言うと、5年くらい前の私は、河瀬直美監督作品との相性はあまり良くない感じでした。(これは個人的な趣味嗜好レベルの話だと思います)
ただ、2015年に公開された樹木希林さんが主演を務めた「あん」の時は初めて心から「良い作品」だと感じるようになりました。
そして、本作においても、「あん」の時と同様に「良い作品」だと思いました。
この2作の共通点は、原作があって物語がしっかりしている、ということでした。
ですので、これまで河瀬直美監督作品は苦手だと思い込んでいる人がいたら、ぜひ本作は見てみてください。
きっと、違った印象を持つと思います。

さて、本作は辻村深月の小説を原作に作られた作品です。不妊治療に悩む夫婦と「特別養子縁組」を軸に進みますが、時間の経過とともに意外な方向に物語が進んでいきます。
夫婦役を演じた永作博美と井浦新は流石の演技ですし、子供を産んだ蒔田彩珠は「星の子」の時と似た雰囲気でしたが、いろんな境遇を上手く演じ分けられていました。
予備知識は一切いらないと思います。
ただ、ラストの歌は、案外大事だと思います。なので、席を立つのは、全てが終わってからにしてみてください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
細野真宏

0.5劇映画の敗北。

2020年10月28日
iPhoneアプリから投稿

今回の作品に関しては河瀬直美の感覚が古いと感じてしまった。実際の養子を持つ人々に役者がシンプルに勝ててない。さすがと思う絵作りや構成はあったがそれなら5分のドキュメンタリーでいい。ほんとの母親があの映画にいない事、居たとしても全てが映画の為に作られていいるようで映画の為に現実を利用しているようにしか僕はかんじれなかった。全てが傲慢で下品な演出。こんなに人って弱いのかな。驚きがない誰しもが知っている現実を描いた映画なんてドキュメンタリーに勝てるのかな。人間て役者ってもっと面白くないですか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上谷託充

4.5消せないもの

chiliさん
2020年10月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

キレイだね、ってお腹のちびたんと一緒に夕陽をみた時間は、絶対なかったことにはならない。
覚めてしまったとしても、彼を好きだった時のキラキラした時間は、絶対なかったことにはならない。
色んな風に間違えたり傷ついたりした友達との時間も。
風や光の記憶は体に刻まれて消すことはできません。この映画ではそうした音や光線が丁寧に、愛しいものとして描かれています。
私たちの物語を伝えてください、と浅見さんも言っていました。
消してはいけない、消されてはいけない物語があるんだと思います。

考えなければならないことが膨らみすぎて、あまり言葉にできません。
なので余談的な感想を。

旅先の遺跡?ではしゃぐ新さんが素っぽくて素敵でした笑 リュック姿も、もしかして自前なんでしょうか? インスタやティーチインでお見かけする時の雰囲気そのままで。

それと青木崇高さんのチンピラが好きすぎます。少ししか出てこないのがモドカシイです笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
chili

4.5河瀬直美作品は初鑑賞。 ドキュメンタリー風で、ミステリー要素もあっ...

2020年10月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

河瀬直美作品は初鑑賞。
ドキュメンタリー風で、ミステリー要素もあって、家族を問うヒューマンドラマにもなっている、かなり完成された作品と感じました。
海や光の映像も効果的です。
3人のお母さんの演技も素晴らしかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
やまぼうし

4.0美しい!!

2020年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

心に染みる映画です。映像も精神も美しいです。見て損のない映画だと思います。博美さんは「八日目の蝉」でも良かったけれどそれ以上でした。なにより子ども・若い彼女が素敵でした。もちろん井浦新さんも!!それからそれから主題曲も良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ゆっこさん

4.0人生色々

宅合さん
2020年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
宅合

4.0母と子の視点

2020年10月27日
iPhoneアプリから投稿

見始めた時はそれぞれの視点で、2人の「母」を描くように思えました。
母の姿の追い方がドラマ映画的ではなく、『あん』『光』の河瀬直美監督らしい、ドキュメンタリー的なそれぞれの日常的な表情に迫る描き方。
時につらくもなります。
そして、何より時々挿入される「子どもからの視点」。
最後には、これは「母を通して描いた子ども(朝斗くん)」の映画だと気付かされました。
すごくいい話。

エンディングテロップの後に流れるシーンが、この映画の肝。
主題歌が流れたら帰ってしまうと、正直この映画の楽しみの大半を失うことになります。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
コージィ日本犬

5.0夜を乗り越えたら、誰でも朝日を見る朝が来ることを、この映画を観て、生きてほしい!

2020年10月27日
PCから投稿

子のいない人の養子子育て物語だと、そう思ってみたら、早くして子供を産んだ少女の成長日記だった。
最初、少女の無責任な姿に嫌悪感が一杯だったが、死にたいときもある、という言葉から、どんな姿でも生き抜いてほしいと思った。
なかったことにはしないで、そんなメモの浮き彫りに、心が痛んだ。
そうだ、どんな不幸や失敗があって後悔しても、生きていれば、朝が来る。
出会いがある、育ての母と子供と少女のヒカリが朝日を浴びて再会するシーンは涙が止まらなかった。
みんな幸福になってほしい、心の底からそう思った。
後味の良い、本当に、良い映画だった。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 16 件)
アサシンⅡ

3.0永作主役のサスペンスと思ったら

2020年10月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

娘が主役のドキュメント?
テンポが遅くちょっと長い冒頭の夫婦間のやり取りや彼女の恋話はもっと簡略して20分位カットした位が良かったかもこれってどれだけ現実に近い話?産んだ親が直接引き渡す事なんであるのでしょうか?夫婦の住所を知ったのは書類を勝手に漁って?これって犯罪的な行為で美代子さんの大失態!一部の人が書き込んでたけど理想を描いた非現実的な物語‼️

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゆたぼー

3.5浅田美代子が途中から老け込み過ぎ。

Bacchusさん
2020年10月27日
Androidアプリから投稿

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 15 件)
Bacchus

4.0あくまで原作を読んでからの感想として。

マー氏さん
2020年10月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

一年ほど前に読んだ辻村美月氏著作の原作で受けた衝撃を思い出し、映画館へ足を運んだ。
結論から言えば、本で読んだ時ほどの感情の揺れが自分には起こらなかった(あくまで自分の感覚であるため、あしからず)。おそらく一本の映画として完成させるにあたり、いくらか描写を削らざるを得ないのであろうと思う。映像化における代償であろう。その分映画では、感情を美しい自然描写や表情カットで伝えてくれている。
場違いとは自覚しつつ、原作で自分が気に入っていた部分を述べさせてもらうと、「ヒカリ」を始めとして、各人物の苦悩が、それは細かに描かれているのだ。誰のせいにもできない、自分の中にとどめることしかできない苦しみの描写が見事なのである。特に「ヒカリ」に関するそれは、読んでいてこちらが辛くなってさえしまうような絶望の連続である。そんな絶望の淵に立たされた「ヒカリ」に最後の最後に訪れた”朝”の輝かしさが印象的であった。

もし、映像を見て興味が湧いた人がいれば、ぜひ原作も一読することを、おすすめしたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
マー氏

4.5中2で妊娠した娘に何と言えるんだろう

2020年10月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

難しい

つい父親目線で見てしまいます。
子供を産んで育てられないと決めつけるのか。。。現実的にはたくさんの困難が待っているだろうが、親としては娘の意思を尊重したい。
生みの親、育ての親、それをちゃんと伝えて育てる。特別養子縁組の光と影はあるんだろう。それでも、中絶より、私はいいと思う。
うまくは言えないが、ただかわいそうというだけではない感情が湧いてくる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
かずさんジージ

4.0美しい映像と、じんわりくるストーリー

ゆうさん
2020年10月26日
iPhoneアプリから投稿

河瀬監督の映画は賛否両論あるようですが、私は好きです!
光、風、音、声、表情、間の取り方すべてが心地良い。その対比とも言えるような、人間のもがき苦しむ姿。幸せな時間も、葛藤で苦しい時間も、丁寧にストーリーに込められていて後味が良い映画です。
特にエンディングでたったひとつの答えを出してくれて、満足です!
ナイーブな題材であるだけに現実的じゃないとか、こんな綺麗事で済まされないとか厳しい意見もあると思いますが、映画として心を揺さぶられるものであることは間違いないと私は思います。
なんと言ってもひかり役の蒔田彩珠さん。素朴と闇を兼ね備えてる雰囲気、これからが楽しみな女優さんです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ゆう

4.5歳月の絆とDNAの螺旋

atararuiさん
2020年10月26日
Androidアプリから投稿

泣ける

難しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
atararui

4.5「生みの親」の理解に。

ゆたさん
2020年10月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ゆた

4.0#88 日本の里親制度

Yuko Kudoさん
2020年10月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

韓国の場合子供を育てられなくて里親に出すとき外国に出されることが多いみたいだけど、日本の実情はどうなんだろう?

どっちの国も血を重んじる風潮にあるから、本作みたいな里親制度が根付くのが難しい気がする。

不妊で悩む夫婦の重荷を軽くするためにも血縁第一主義の考え方が薄れて、アンジェリーナ・ジョリーみたいな人が増えるといいな。

関係ないけど途中出てきた文化堂スーパー、有明コロシアムのところのだよね。

いつも楽天オープンのとき通ってるのに、今年は中止になって見れてなかったから画像で見れて嬉しかったです😆

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
Yuko Kudo

3.0ビミョー。

abebeさん
2020年10月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

子どもが欲しくてもできない夫婦の
苦悩は伝わった。
でも、それ以上は無い。
さっぱりとした内容。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
abebe
「朝が来る」の作品トップへ