劇場公開日 2020年8月28日

シチリアーノ 裏切りの美学のレビュー・感想・評価

3.332
9%
46%
34%
9%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全32件中、1~20件目を表示

4.0まさか今の日本と重ねて観てしまうとは!

村山章さん
2020年8月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
村山章

3.5事実を描いていることの価値の重さ。

2020年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

マフィアといえばニューヨークのイメージだったけど、やはりオリジンであるシチリアのマフィアの抗争は仁義なかった。一族郎党の種を絶やす、って、イタリア人だって第二次大戦中にはナチスの親衛隊にひどいことされたはずなのに、サル社会のオスと同じでこういうやり方って変えようのない本能なのだろうか。単純にジェンダーを語るのも安易な話であるが、対して女性陣の価値・行動規準は常に命第一で、救いだった。
決して遠い日々ではない、今に繋がる現代史。
裏社会を裏切り、人として尊敬できる判事にマフィア人脈の罪を暴露した主人公は、生涯安穏とは程遠く、幻覚もリアルも含め苦しみからは逃れられない宿痾に絡め取られていた。ああ、億単位のお金なんて生涯動かせなくてもいいから、文字どおり枕を高くして惰眠を貪り、布団の上で死ねる普通の人生が一番かなと思った平々凡々な感想。
ともあれ豪華ロケ地、惜しみないセットと音響の臨場感。映画館で見ることをオススメします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トマソン

4.0イタリアの法廷、怖すぎて面白いです。

Naokisky2さん
2020年9月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

知的

予告ではあまり描かれないのですが、法廷でのやりとりが最高です。
おそらくゴッドファーザーパート2を意識したであろう喧々轟々の怒声が響くあのやりとりは今まで観たことがありませんでした。
笑っちゃうほど恐ろしい映画でした。
あのお姉ちゃんたち、最高です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Naokisky2

1.5裁判が長すぎるしショボい!

2020年9月17日
Androidアプリから投稿

「裏切りの美学」という副題、そして予告編を観た感じからシチリアのマフィアを描いたゴッドファーザー的ストーリーを期待してしまったところ、まんまと裏切られました(T_T)

話の主人公は実在したシチリアンマフィアのボス的存在で、マフィアでありながら裁判を起こし、仲間のマフィア達を次々と牢獄送りにしたという実話を元にした話です。けどはっきり言って、実話を元にしたフィクションの本作よりもフィクションの多いゴッドファーザーの方が数倍面白いです!

一応フォローすると、実際のところ作品としての質は高いです。
キャスト陣の演技力はどのキャストも高く、特に主人公を演じた俳優さんは結構存在感があってサングラスを掛けた姿は石原裕次郎を彷彿とさせられました。

映像自体も綺麗ですね。
シチリアやブラジルの観光名所を綺麗に映していたりしています。

そして、序盤はゴッドファーザーやマーティン・スコセッシのギャング映画を思わせる緊張感のある銃撃戦もあって、後半にも一度だけ驚かされる場面もありました。

なので序盤を観た感じ、期待通りのマフィア映画になるのでは?と思って熱くましたが、残念ながらその熱下がってく一方でした...。

何がダメだったかと言うと、一番は裁判の場面ですね。
ヒリヒリした抗争劇が展開されるのかと思ったら、中盤から裁判の場面が非常に多くなります。
その裁判でマフィア達を次々と告発していくのですが、その裁判がすっっごく長いです!長すぎます!!
その裁判の場面が面白いのなら良いのですが、かなりダラダラと続いてテンポもかなり悪いので非常に退屈してしまいます。

その裁判所の人々の行動が最悪でした。
恐らく、実話なので当時のシチリアの裁判の様子を有りのまま映したのかも知れませんが、正直ミカンを切ってる下りやマフィア達がやたらうるさく騒ぐのを観てると事件の深刻さが半減してしまって緊張感が全然生まれないです。
実話だから仕方ない、という意見もあるかも知れませんが、何でもかんでも再現通りにやってしまうと面白味に欠けることもあるので良くないと思います。

あと嫌いだったのが、登場人物の描写の薄さです。
正直名前が覚えられない上に(名前が長いというのもある)、主人公以外の一人一人の人物を細かく描いてるわけではないので個々に思い入れも入らない上に感動もそんなに沸かないです。
これに関しては自分の事前の勉強不足もあるのは重々承知の上ですが、マーティン・スコセッシの実録ギャング映画は主人公のナレーションを取り入れて解りやすい説明をしてくれる上に非常にテンポ良く進み、尚且つ興味深い登場人物を作らせてくれる内容にしてくれるので、観たあとにその人物のことをもっと良く調べたいという気持ちが沸いてきます。
この「シチリアーノ」にはそれが無いです。
堅苦しくシリアスな割には登場人物達を深く描いてくれないので、結構どうでも良かったです。

肝心な主人公もそんなに好きになれないです。
確かに俳優さんの演技は良かったのですが、ゴッドファーザーと比べてしまったせいか、そんなにカリスマ性が感じられなかったです。
弱音を見せた方が人間臭さは出るかも知れませんが、個人的にはマフィアのトップはマフィアらしく強くてカリスマ性のある人物の方が好きです。

また時折、主人公やその仲間が狙われるんじゃないかと匂わせるような音楽や緊張感を漂わせる場面もあったのですが、裏切りの場面はそんなに無いので結構肩透かしでした。

一応この映画、カンヌ国際映画祭にコンペディション部門に出品されたらしいので、恐らくヨーロッパやアメリカの批評家からは評価が高いかもしれないです。
ただ、自分みたいなあまり知らない一般人にはかなり難しい上にダラダラしてしまいます。

ちなみに、上映時間は2時間半とゴッドファーザーよりは短いのですが、体感時間はアイリッシュマン並みでした。
はい、相当長かったです(^_^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
さうすぽー。

3.5大勢のマフィア

2020年9月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

登場人物が多いので、こんがらがらないか心配だったが杞憂であった。しかし、ちょっとわかりづらい場面もあったかな?ストーリー的にも。
にしても主人公のブシェッタ役の俳優さんは顔立ちからしてハマリ役だと思った。興味深いのは裁判シーン。何人ものマフィアが見守る中、裁判が進むなんて、まず考えられない。2時間半の若干の長さも感じさせない、濃ゆ~い内容でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オクやん

3.0なんか、この「解説」を読むだけで、すべてが終わっているような気がしますけど。

2020年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

イタリアのマフィアの抗争を嫌ったパレルモ派の大物ブシェッタが、366人分の情報を判事ファルコーネに協力して流し、マフィアの勢力が大きく削がれました、という史実を、そのまま映画にしたものです。

記録映画みたいなものかとも思いましたが、それ以上でも、それ以下でもなく、イタリアマフィアの内幕を知れたことは収穫でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

3.5イタリアのヤクザ映画。

Yohiさん
2020年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Yohi

5.081歳の熟練の技

Raspberryさん
2020年9月11日
iPhoneアプリから投稿

度肝を抜く法廷シーンも圧巻だが、ブシェッタの内面の描写が面白かった。

飛行機の中では置いてきた息子たちの亡霊にうなされ、らせん階段では地獄に堕ちる気配を感じ、悪夢では身内の死者たちによって自らが葬られる。
「自分のベッドで死にたい」ブシェッタは、自分の内部の「死」に怯えている。

一方、マフィア撲滅に人生を捧げたファルコーネ。ブシェッタの回想を「凶悪なマフィアを美化する伝説」と一蹴し、「死ぬときは死ぬ」と言う知性の人。内部に死など存在しないから怯えない。「死」は外部からやって来ることをどこか覚悟しているようだった。

高速道路爆破のシーンは、まさかの車内目線。まるで自分が後部座席に座っているような体験だった。死が外部からやって来ることを一瞬で理解させた。

では、16歳のブシェッタが命じられた標的の男はどうだろう。
息子を無事に結婚させた男は、いよいよ刺客が来るのを待っているようだった。月を眺める男の視線が印象的。彼は「死」が外部からやって来ることを知りつつ、内部の死神と対話しながら受け止めていたに違いない。

ドキュメンタリーではない。史実だけでは伝わらない想像力。他のマフィアものとは一線を画す繊細さがあった。映画はこうでなくっちゃね。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Raspberry

4.0スカッとするところが皆無の実録物

2020年9月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
りゃんひさ

3.0裏切ることの重み

kenshuchuさん
2020年9月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kenshuchu

4.0マルコ・ベロッキオの代表作となる傑作

2020年9月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

マルコ・ベロッキオの新作はイタリアンマフィアの全貌を俯瞰する非常に勉強になる逸品。勉強する必要はないかもしれんが。

時は1980年代、犯罪組織コーザ・ノストラ内の勢力争いが激化し、コルレオーネ派により仲間や家族を次々と殺されたパレルモ派のブシェッタは司法取引によりリベンジを図る。

ブシェッタと敵対する組織の幹部たちが顔を合わせる裁判にゾクゾクした。実に興味深いクライマックスだった。

ブシェッタを演じたピエルフランチェスコ・ファヴィーノの名演が光る。何とも魅力的な『裏切者』を演じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
エロくそチキン

4.0楽しめた。

khapphomさん
2020年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

裁判がメインのギャング物。今一名前と顔が一致しなかった前半だったが、主人公の存在感はあるものの組織での立場が今一分からないまま終了。偉かったと思うが・・。全体的に実話ベースの感じばんばんで、カラオケのシーンはああそうだったんだね、という印象。イタリアの裁判は日本のとかアメリカのと違ってあんな感じなんだね。知識が増えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
khapphom

3.5開き直り

Chiharuさん
2020年9月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

予告ではただならぬ空気を感じた裁判シーン、開けてみたら暴露し合いのただの内輪揉めみたいだった。
邦題の裏切りの美学とは程遠いもので、ちょっとがっかりしてしまった。
そもそも、仕返しされたから暴露しましたって…。
そして、悪びれる事なく裁判中に叫ぶ妻たちの、堂々とした態度も凄い。
昔、某拘置所の面会窓口に行った事があるが、いかにも極道の妻らしき風貌の女性が、窓口カウンターに半ケツ状態で脚を組んで座り、係員と馴れ馴れしく話をしていたのを思い出した。

裏切った方も裏切られた方も周辺も開き直りとしか思えない言動多い。
裏切りの美学ってより開き直りの美学だな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Chiharu

3.5イタリア版・極道の男達

2020年9月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

難しい

152分ものやや長い上映時間を感じる事さえなく主人公ブシェッタの深過ぎる劇的人生の変化をひたすら見続けました・・

檻の中のかつての仲間との対決と圧巻なセットの法廷シーン・・華やかな冒頭のパーティシーン・・
抗争時の殺戮場面はあれどイタリア音楽や芯のある会話劇要素をも感じられた
過去には出合った事は多分無かったマフィアサスペンスでありました

ブシェタが藤岡弘に見えて見えて(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
ねもちゃん

3.5笠原さん出番です!

t2law0131さん
2020年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

マフィアのドンがファミリーを警察に売るという実話であるが、およそ40年にわたる物語。さらに回想を加えると60年以上のお話。ほぼ2/3は裁判状況を描くことで進む。イタリアのこの当時の裁判が「こんなんだったの!?」というほどファンキーでデンジャラス。原題の「裏切者」(直訳)がまあ、一番わかりやすい。美学でもなんでもない。主人公は、そう言ってるが、自己正当化のためには、そう言うだろう。彼の息子たちを含め150人以上が殺戮されていくパッケージシーン。最初この数字なんだろう?というほど機械的に抹殺されていく。「ゴッドファーザー」のクライマックスの丁寧な描き方とは違ってる。イタリアテイスト?
日本の物語なら、東映が続編を重ねて10本以上のシリーズに仕立て上げたに違いない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
t2law0131

3.5裏切り者はどちらだ

2020年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 主人公トンマーゾ・ブシェッタの台詞に「誇りある男」というフレーズが何度も出てくる。コーザ・ノストラに入会するためには「誇りある男」でなければならない。「誇りある男」は沈黙の掟を守る。
 本作品はマフィアのメッカであるシシリアに生まれたブシェッタが、マフィア同士の高層に倦んで、当局に協力してマフィアを弱体化させる話である。したがってレベルの高い話ではない。コーザ・ノストラの入会時には血を使って誓いを立てるが、それも日本の血判状に似ていてレベルの低い方法である。
 人間は自分のために他人と関わる。組織と関わる。これを契約という。結婚も民法上の契約であり、離婚は契約の解消だ。組織との関わりはもっと明白に契約で、会社に入るのは労働契約、雇用契約である。国家みたいな共同体は生まれたときから関わっているから、所属しているみたいな感覚になってしまうが、成長する過程で国家も組織のひとつであり個人と国家の契約という関係性を自覚するようになる。
 しかし組織の維持という観点からは、個人が契約という自覚を持つと困るのである。だから契約という言葉はなるべく使わない。国家はみんなが守るべきものであり、みんなが規範に従うべきものである。戦前の教育はその理念に集中していた。何のことはない、国家もマフィアの巨大版に過ぎないのだ。要するに欺瞞である。
 ブシェッタは教育はなかったが頭の回転がよく、コーザ・ノストラの欺瞞に気づいて暴力による抗争には未来がないと悟ったようだ。何度も口にした「誇りある男」は、きれいごとが並べられたコーザ・ノストラの掟に対して、現実がまるで違っていることへの抗議の意味もあったのだろう。そして誰もがコーザ・ノストラを利用しているだけであると判れば、自分も当局を利用して自分と家族の安全を図ろうとするのは当然だ。
 邦題の「シチリアーノ 裏切りの美学」は作品を理解していない人がつけたトンチンカンなタイトルだ。原題の「Il traditore」は裏切り者の意味である。当局に協力したブシェッタのことを指しているように見える。実際に法定の場面では、証言をするブシェッタに対して、かつての仲間たちから繰り返し「Il traditore!!」という罵声が浴びせられる。しかしブシェッタから見れば、裏切り者はどちらだという言い分になる。原題の「Il traditore」はブシェッタだけでなく、コーザ・ノストラに関わった全員を指していると思う。つまりコーザ・ノストラという組織は、誰もがそれを利用してのし上がるための共同幻想に過ぎなかったのだ。
 この構図は、国家という共同幻想に群がる政治家や役人たちの構図とそっくりである。規模が大きいから気づかないだけだ。本作品は下り坂となったコーザ・ノストラの最後の醜態を描いている。同じように下り坂となった世界の国家が、変な悪あがきをしないことを祈るばかりである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
耶馬英彦

3.0悪くはないが飛びぬけて良くもない

2020年9月3日
PCから投稿

裁判シーンが一番面白かった。
「事実を基に」系っぽいが、主人公・ブシェッタの供述をベースにしているためであろうか?
真実かどうかはわからない描写が多く。
組織メンバーの殺人(特に息子を殺されたこと)を批判していたが、史実上では元々殺し屋としてのしあがった人物だから、ちとブシェッタを美化し過ぎではないかと思ったりして。

また、悪くはない作品ながら、「ゴッドファーザー」を超えるのは難しいんだな、としみじみ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
コージィ日本犬

3.0大作だった…

CBさん
2020年9月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

たぶん、イタリアではすごく有名な俳優達のオンパレード(推測)。監督も巨匠。そして、イタリアでは超有名な、事実。

自分には、合わなかったらしく、疲れたが、きっとすごい映画なんだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
CB

1.5ダラダラと長すぎ

あささん
2020年9月3日
iPhoneアプリから投稿

恥ずかしながら、イタリアの歴史、マフィアなどについての知識のない私からすると、150分、長すぎるわ。途中寝落ちするほど、、隣の人も寝てたよ。
人間の集中力はせいぜい2時間が限界
つまらなくて、途中で出ました。

でも、こういうの好きな人にはたまらなく良い映画なんでしょう。
ただ、私は苦手。こういうジャンルは苦手、ダメだと再認識できた。
正直見て損した。
観る人はイタリアの歴史や政治マフィアなどといったある程度の知識がないと、つまらない作品だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
あさ

4.0原題の≪裏切者≫は深い意味がある

2020年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

シチリアの島々に深く根付くシチリア魂の爆発か!シチリア人は、、、と一括りに言えないかもしれないがファミリーありき。ともかく一にも二にもファミリー。シチリアを訪れたら体感できる。
≪マフィア≫との一線を画するのがファミリーという哲学だろう。しかし狙ったら20等親まで根絶やしにする凄まじさ。裁判で血を断つを≪種を断つ≫と話したシチリア人に対して意味不明で尋ねるシーンがあるが血を断つよりも≪種≫=シチリアを受け継ぐ男を根絶やしにするという思想はやはりファミリーの長が絶対性を持つからだろう。物語は過去と現在が錯綜するので分かりにくいかもしれない。主人公と判事の情愛が好きだった。
日本語タイトルは感傷的すぎる。原題≪裏切者≫がぴったりだ。
ちなみに、鑑賞した時間帯は≪男祭り≫かと言えるほど男たちが集っていて面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Bon voyage
「シチリアーノ 裏切りの美学」の作品トップへ