劇場公開日 2020年6月19日

「“人生を振り替えるお年頃”を肴にしたアルモドバルの万華鏡」ペイン・アンド・グローリー 村山章さんの映画レビュー(感想・評価)

3.740
21%
49%
24%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0“人生を振り替えるお年頃”を肴にしたアルモドバルの万華鏡

村山章さん
2020年6月29日
PCから投稿

古くからの盟友A・バンデラスが演じる映画監督が、明らかにアルモドバルと同じ髪型をしていることからも、本作は自伝的作品と思われるだろう。実際、主人公のアパートは、アルモドバルが暮らしている住居で撮影されたという。

だとしたら、ある映画をきっかけに主人公と仲違いする人気俳優は、いったい誰がモデル? もしかして『アタメ』の頃のバンデラス? なんて深追いをしたくなるが、さすがはアルモドバル、簡単に謎が解けるような告白映画を撮ったりはしない。

いくつかの時代を振り返りながら人生の断片を俯瞰する構成がとりとめもないからこそ、余計にリアルに思えてしまうのも巧妙な引掛けに思えた。自分の人生をモチーフに、老境に差し掛かった感慨を描いてはいても、やはりこれは架空の世界であり、だからこそ純化されていて美しい。映画は現実に勝るのだ。

過去作でも使っていた手だが、メタな映画内映画で遊んでみせるあたりも、本当に映画作りを楽しんでいるのだなという気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章
「ペイン・アンド・グローリー」のレビューを書く 「ペイン・アンド・グローリー」のレビュー一覧へ(全40件)
「ペイン・アンド・グローリー」の作品トップへ