劇場公開日 2020年6月19日

  • 予告編を見る

ペイン・アンド・グローリー : 関連ニュース

「インディ・ジョーンズ5」にアントニオ・バンデラスが出演

「インディ・ジョーンズ5」にアントニオ・バンデラスが出演

ジェームズ・マンゴールド監督、ハリソン・フォード主演の新作「インディ・ジョーンズ5(仮題)」に、アントニオ・バンデラス(「ペイン・アンド・グローリー」)が出演することが決定した。米Deadlineによれば、バンデラスが出演契約を結んだという... 続きを読む

2021年7月17日
ペドロ・アルモドバル監督&ペネロペ・クルス、再タッグ 新作は3月撮影開始

ペドロ・アルモドバル監督&ペネロペ・クルス、再タッグ 新作は3月撮影開始

「オール・アバウト・マイ・マザー」「ボルベール帰郷」のペドロ・アルモドバル監督と女優ペネロペ・クルスが再タッグを組む新作「ParallelMothers(英題)」が、3月末にスペインでクランクインすることがわかった。自伝的な作品だった「ペイ... 続きを読む

2021年2月8日
ゴールデングローブ賞の判断に映画人から非難続出 英語が少ない「ミナリ」は作品賞対象外に

ゴールデングローブ賞の判断に映画人から非難続出 英語が少ない「ミナリ」は作品賞対象外に

ゴールデングローブ賞を主催するハリウッド外国人記者協会(HFPA)が12月22日(現地時間)、「ミナリ」を外国語映画に分類すると発表。ルル・ワン監督(「フェアウェル」)、フィル・ロード(「スパイダーマンスパイダーバース」)、ダニエル・デイ・... 続きを読む

2020年12月29日
【映画評論「ペイン・アンド・グローリー」】老境にさしかかったアルモドバルの晴れやかな新境地が伺える

【映画評論「ペイン・アンド・グローリー」】老境にさしかかったアルモドバルの晴れやかな新境地が伺える

初期の狂気をはらんだエキセントリックで倒錯的な作風から、近年は、瞑想風で思索的な深みをたたえた、ヒロインを礼讃する〈女性映画〉の秀作を連作するに至ったペドロ・アルモドバルは文字通り、ヨーロッパを代表する巨匠といってよい。そのアルモドバルが7... 続きを読む

2020年6月19日
ペドロ・アルモドバル×アントニオ・バンデラス、カンヌ男優賞に結実した40年来の友情と信頼

ペドロ・アルモドバル×アントニオ・バンデラス、カンヌ男優賞に結実した40年来の友情と信頼

スペイン映画界の巨匠ペドロ・アルモドバルと俳優アントニオ・バンデラスの8度目のタッグ作となった「ペイン・アンド・グローリー」が、6月19日に日本公開を迎える。バンデラスの映画デビュー作「セクシリア」から親交を深めてきた2人が、撮影の裏側だけ... 続きを読む

2020年6月18日
TOHOシネマズ 東京・千葉・神奈川・埼玉の23劇場を6月5日から営業再開

TOHOシネマズ 東京・千葉・神奈川・埼玉の23劇場を6月5日から営業再開

シネコン大手のTOHOシネマズは6月2日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請を緩和する東京都のロードマップが「ステップ2」に移行したことを受け、東京、千葉、神奈川、埼玉の23劇場を6月5日から営業再開すると発表した。同社は、営業再開... 続きを読む

2020年6月2日
アルモドバル版「ニュー・シネマ・パラダイス」 A・バンデラスのカンヌ受賞作、予告完成

アルモドバル版「ニュー・シネマ・パラダイス」 A・バンデラスのカンヌ受賞作、予告完成

アントニオ・バンデラスが第72回カンヌ国際映画祭の男優賞を初受賞し、巨匠ペドロ・アルモドバルがメガホンをとった「ペイン・アンド・グローリー」の公開日が6月19日に決定。あわせてお披露目された予告編には、「アルモドバル版『ニュー・シネマ・パラ... 続きを読む

2020年3月27日
トム・ホランド主演人気ゲーム実写化「アンチャーテッド」にアントニオ・バンデラスが参加

トム・ホランド主演人気ゲーム実写化「アンチャーテッド」にアントニオ・バンデラスが参加

トム・ホランド主演の人気ゲームの実写映画版「アンチャーテッド」に、スペイン出身の人気俳優アントニオ・バンデラスが参加することが明らかになった。米バラエティが報じている。プレイステーション用のソフト「アンチャーテッド」シリーズは、トレジャーハ... 続きを読む

2020年3月15日
A・バンデラスがカンヌ初受賞&オスカーノミネート! アルモドバル監督作、初夏公開

A・バンデラスがカンヌ初受賞&オスカーノミネート! アルモドバル監督作、初夏公開

第92回アカデミー賞の国際長編映画賞と主演男優賞の2部門にノミネートされた、アントニオ・バンデラスと巨匠ペドロ・アルモドバルのタッグ作「ペイン・アンド・グローリー(英題)」が、「ペイン・アンド・グローリー」の邦題で初夏に公開されることが決定... 続きを読む

2020年1月17日
第92回アカデミー賞は「ジョーカー」が最多11部門ノミネート!

第92回アカデミー賞は「ジョーカー」が最多11部門ノミネート!

米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは1月13日(現地時間)、第92回アカデミー賞のノミネート作品を発表した。最多11ノミネートを果たしたのは、ホアキン・フェニックスの怪演が話題を呼び世界中で大ヒットを飾った「ジョーカー」。その後... 続きを読む

2020年1月13日
全米映画批評家協会賞「パラサイト 半地下の家族」が2冠

全米映画批評家協会賞「パラサイト 半地下の家族」が2冠

全米批評家協会(NationalSocietyofFilmCritics)の所属会員の投票によって選出される第54回全米批評家協会賞が発表され、韓国映画の「パラサイト半地下の家族」(ポン・ジュノ監督)が、作品賞と脚本賞の2冠に輝いた。「パラ... 続きを読む

2020年1月6日
ロサンゼルス・タイムズ紙のケネス・トゥーランによる2019年のベスト映画10本

ロサンゼルス・タイムズ紙のケネス・トゥーランによる2019年のベスト映画10本

米ロサンゼルス・タイムズ紙の批評家ケネス・トゥーランが、2019年のベスト映画10本を発表した。映画作家を支援したり、映画ファンにお勧め作品を挙げるためだけでなく、存続の危機にあるジャンルに光を当てる目的も含めて選んだという。トップは、トゥ... 続きを読む

2020年1月3日
ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2019年の映画ベスト10

ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2019年の映画ベスト10

「ピンク・フラミンゴ」や「ヘアスプレー」などで知られるカルト作家のジョン・ウォーターズ監督が、2019年の映画ベストテンを米Artformに発表した。トップに選んだのは、「アレックス」「LOVE3D」といった衝撃作を手がけてきたフランスの鬼... 続きを読む

2019年12月28日
米Indiewireが選ぶ2019年米公開映画最高の瞬間トップ15

米Indiewireが選ぶ2019年米公開映画最高の瞬間トップ15

巨匠マーティン・スコセッシ監督が、第2次大戦後のアメリカ裏社会を生きた無法者たちの生き様を通して、道徳の曖昧さと罪の重さという永遠のテーマを再び追求した「アイリッシュマン」、広大な宇宙を舞台に、人間の存在と生命の神秘について哲学的に問いかけ... 続きを読む

2019年12月28日
放送映画批評家協会賞映画部門は「アイリッシュマン」が最多14ノミネート

放送映画批評家協会賞映画部門は「アイリッシュマン」が最多14ノミネート

アカデミー賞レースの前しょう戦として注目される第25回放送映画批評家協会賞(クリティック・チョイス・アワード)のノミネートが発表され、マーティン・スコセッシ監督「アイリッシュマン」が最多14ノミネートを獲得した。Netflix映画「アイリッ... 続きを読む

2019年12月11日
ロサンゼルス映画批評家協会賞、作品賞は「パラサイト 半地下の家族」

ロサンゼルス映画批評家協会賞、作品賞は「パラサイト 半地下の家族」

ロサンゼルス映画批評家協会(LAFCA)が選考するLA映画批評家協会賞が12月8日(現地時間)に発表され、「パラサイト半地下の家族」が作品賞、監督賞、助演男優賞に輝いた。ポン・ジュノ監督作「パラサイト半地下の家族」は、一家全員失業中で、“半... 続きを読む

2019年12月11日
【ゴールデングローブ賞】Netflix「マリッジ・ストーリー」が最多6部門ノミネート

【ゴールデングローブ賞】Netflix「マリッジ・ストーリー」が最多6部門ノミネート

ハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)の会員投票によって選出される、第77回ゴールデングローブ賞のノミネーションが12月9日(現地時間)に発表された。映画カテゴリーでは、スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーがダブル主演したノア・バ... 続きを読む

2019年12月10日
ニューヨーク映画批評家協会賞発表 マーティン・スコセッシ監督「アイリッシュマン」が作品賞

ニューヨーク映画批評家協会賞発表 マーティン・スコセッシ監督「アイリッシュマン」が作品賞

第85回ニューヨーク映画批評家協会賞が12月4日(現地時間)に発表され、巨匠マーティン・スコセッシのNetflix映画「アイリッシュマン」が作品賞に選ばれた。本作は先頃、米ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞でも作品賞を受賞している。スコセ... 続きを読む

2019年12月5日
米アカデミー賞国際長編映画賞、出品作は93本に 日本代表は「天気の子」

米アカデミー賞国際長編映画賞、出品作は93本に 日本代表は「天気の子」

アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーが、アカデミー賞国際長編映画賞に出品された作品が計93本になったと発表した。なお日本からは、新海誠監督の大ヒットアニメ「天気の子」が選出されている。国際長編映画賞にエントリーする条件は、アメリカ国... 続きを読む

2019年10月8日
2019年カンヌ映画祭、コンペ前半はアルモドバルと仏女性監督作に高評価

2019年カンヌ映画祭、コンペ前半はアルモドバルと仏女性監督作に高評価

5月14日に始まったカンヌ国際映画祭も折り返し地点を迎え、下馬評が上がり始めた。前半で評価が高いのは、ペドロ・アルモドバルの「PainandGlory」と、フランスの女性監督セリーヌ・シアマの「PortraitofaLadyonFire」。... 続きを読む

2019年5月22日
「ペイン・アンド・グローリー」の作品トップへ