劇場公開日 2020年6月19日

「アルモドバルの最新作が観客を温かくもてなす理由」ペイン・アンド・グローリー 清藤秀人さんの映画レビュー(感想・評価)

3.740
21%
49%
24%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0アルモドバルの最新作が観客を温かくもてなす理由

2020年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

知的

心身共に消耗し切っている映画監督が、過去に体験した切実で痛々しい恋愛や、愛してやまない母親への思いを再確認することで、再び創作意欲を取り戻していく。数ある職業の中でも、苦痛を創作の武器に換え、そこから作品を生み出せるのは、美術家か小説家、または、映画監督ぐらいではないだろうか。初の自伝とも言われる本作のために、作者のペドロ・アルモドバルは盟友のアントニオ・バンデラスに自身の分身と思しき主人公を演じさせ、自宅から所有しているアート(ギジェルモ・ペレス・ビジャルタの抽象画等)やインテリア(月の満ち欠けが楽しめるエクリッセ・ランプ等)や食器(エルメスのティーカップ等)を持ち出し、セットの中に自分が生きてきた時間と空間を見事に再構築している。稀代のアートコレクターとして知られるアルモドバルらしい舞台設定の下、語られる物語は、だからこそ観客を温かくもてなすのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
清藤秀人
「ペイン・アンド・グローリー」のレビューを書く 「ペイン・アンド・グローリー」のレビュー一覧へ(全40件)
「ペイン・アンド・グローリー」の作品トップへ