劇場公開日 2019年9月27日

  • 予告編を見る

ヘルボーイのレビュー・感想・評価

3.157
7%
43%
36%
11%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全57件中、1~20件目を表示

3.0I love Hellboy

2020年10月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

自らの運命をも切り開く愛の言葉。
父とヘルボーイの愛が世界を救う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.0アーサー王伝説

2020年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悪魔の子、ヘルボーイ(デヴィッド・ハーバー)が、目覚めた魔女(ミラ・ジョヴォヴィッチ)から地球を守るため戦い続ける。
前二作よりもスプラッター度を上げ、R指定も上がってしまった。
こんなダークな世界は好きだけど、どうしてもロン・パールマンをイメージしてしまう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0ヘルボーイ

2020年5月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シンジマン

5.0ヒーローものとして最高、前作の意識を捨てて

2020年4月9日
PCから投稿

こんな時期だからこそ、自分の不遇な環境を呪わず、人のために命を投げ出すヘルボーイのような高貴な精神を見習いたい、と切に思うのです。
こんなかっこいい素晴らしいヒーローは初めて見た、心が洗われる、心眼が目覚めるとはこのことか。
映像も演技も脚本も全てが最高に素晴らしい。
際物だと思っている人にも是非観てほしい、名作だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
アサシンⅡ

3.5これは

2020年4月1日
iPhoneアプリから投稿

デルトロ版とは甲乙つけがたい、映像はやはりリブート版
かなり派手になっている。
あふれ出るB級感がデルトロ版のよいところ、こちらは演出が派手になりすぎてよくも悪くも今どきすぎるが、クリーチャーの造形はかなりよかった。
次作もでそうだけど今作わりとすべったようで、、
もう少し活躍をみたいので2作成期待しております

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まあ映画好

0.5時間の無駄

toshikiさん
2020年3月3日
iPhoneアプリから投稿

つまらない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
toshiki

5.0ミラ・ジョヴォヴィッチが尊い

Jerryさん
2020年3月3日
Androidアプリから投稿

このヘルボーイを見終わったあとに前作があったことを知った。笑笑
ミラ・ジョヴォヴィッチさんが大好きだったからふとTSUTAYAで借りてみた。
ミラさん……悪役だったけど美しすぎて……
ただただ尊かった。笑
ヘルボーイ最初は見た目があれだから悪いやつなんかと思ってたけどめっちゃいいやつ。てか育ての親いい人すぎ。
死んで欲しくなかったな……
とにかくこの映画面白すぎた。
ただ、最初見た時「あれ?マーベル映画かな?」って思ったほどマーベルっぽかった笑
マーベル作品が大好きな私にとってはこの映画はリピート確定の映画だった。
最後のアレは次回作がありそうだからちょーたのしみ!!次は映画館でみたいわ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Jerry

3.0スタッフロール前後は盛り上がる

shotgunさん
2020年3月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

超常現象を調査し対処するエージェントのヘルボーイは、巨人の討伐依頼の最中に魔女の復活を知ることになり…。
同名映画のリブート作。旧シリーズが好きだったので鑑賞したが巨人戦が画的な面白さではピークで最終戦があまり盛り上がらなかったのが残念。むしろ続編が観たいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun

3.0そういやギレルモ・デル・トロ版まともに観た事ねぇやw

2020年2月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

単純

萌える

オープニング「何故ヘルボーイの姿に皆怯えないんだろ?」と不思議に思い、続編なのかリメイクなのか不明なまま視聴スタート。

地獄で生まれ地球育ちの悪魔の子ヘルボーイが超常現象調査防衛局エージェントとして活躍する物語。(予備知識ないもん💦あらすじはこの辺で。)

最初真面目に観てたんですよ、、、
しかも前半から映像や脚本などの一部演出がA級感とB級感入れ混じってる。何故だろうって?

途中分かって来るんですよね。
真面目に観ちゃいかん。馬鹿馬鹿しさも楽しめって事を。

怪物パーティ映画なんだよね、コレ。
蝙蝠男や猪男、狼男などの怪物出るし、バラバラ魔女も笑ったし。
演出的に、「んな馬鹿な⁉️」感満載だしw
キチンとしてる所はキチンとしてる。

原作やキャラが好きならハマるんだろうな。
監督のセンスを感じる怪物アクション映画でした。

最後に
「ロブスター・ジョンソンって何物?」
(さあ、名人、コメント出番ですよ‼️)

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 13 件)
巫女雷男

2.5過激になっただけの減るボーイ

近大さん
2020年2月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

興奮

かつてギレルモ・デル・トロ監督とロン・パールマンのタッグでも映画化。
ナチスと怪僧ラスプーチンによって地獄から召喚され、この世を滅ぼすかもしれない存在ながらも、人間の手によって育てられたアメコミ屈指の異色のダーク・ヒーロー。
その名は、

ヘルボーイ!

シリーズ2作が作られたデル・トロ版は大好き。
オカルト要素を散りばめながらもユーモアとエンタメ性たっぷりの世界観、
これぞデル・トロ真骨頂の極力CGに頼らず特殊メイクなどで創造したクリーチャーの数々、
ワイルドだが皮肉屋で嫉妬深く、想いを寄せるリズ(この時のセルマ・ブレアがとっても魅力的!)へ恋に不器用、しかし仲間思いで心優しく、それが最高にハマったパールマンの好演、
異形の者への差別や偏見の哀しみ、デル・トロの彼らへの愛ある眼差し…ドラマ面も上々。
数あるアメコミ作品の中でも特にお気に入りとなった。
そんな魅力ある作品とヒーローが、再召喚(リブート)!

さてさて今回、MCUでリブートされたハルクやスパイダーマンよろしく誕生の経緯は語られず(物語上で触れられる)、いきなり本題へ。
1500年前、アーサー王によって葬られた血の魔女ニムエが現代に復活。疫病と魔物でこの世を滅ぼそうとする魔女の陰謀に立ち向かうが…。

変わらず考えるより先に体が動く性格で、口から出るのは減らず口と毒舌ばかり、今の時代に合わせ楽観的で現代っ子な新ヘルボーイ。
それはアクション面にも表れている。
ロックンロールな音楽に乗せて、とにかくノリノリ、ハイテンション。
ワンカット風の3体の巨人とのバトルはまさしくその見せ場の一つ。
デル・トロ版よりアクションもユーモアもド派手で、一味違う。

…そう、違うのだ。
その決定的な違いは、ズバリ言ってしまおう、ド派手と書いたが、いやそうではなく、
過激!凄惨!悪趣味!全開のバイオレンス描写の連続。
人体破壊や血の量、グロさは半端ない。クライマックスではロンドンに現れた魔物が人々の体を貫き引き裂く、地獄絵図!(何だかこのシーンは、『進撃の巨人』や『ベルセルク』などハード日本コミックを彷彿した)
何処か愛着あったデル・トロ版と比べ、クリーチャーの造形はおぞましい。特にあの魔女婆さんは、ドアップと○○の手入りのスープはご勘弁を…。
デル・トロ版のような痛快な娯楽作を期待すると、あまりの残虐描写にドン引くかも。
まず間違っても、グロい作品が苦手な人は見ないように。
自分はグロい作品は嫌いではないが…、こういうの期待したのではなく、少々ゲンナリ。

新ヘルボーイのデヴィッド・ハーバーはより強烈なルックスに。
ヘルボーイの育ての親ブルーム教授もイアン・マクシェーンにバトンタッチし、新たな仲間として、霊媒少女やある秘密を持つBPRDエージェント。
ミラ・ジョヴォヴィッチが血の魔女を美しく、生首だけでも喋る恐ろしく怪演。
…が、各々キャラは立っているが、デル・トロ版より魅力や好印象は感じられず。

特に残念だったのは、ドラマ部分。
一応ニムエに悪へと誘われ、魔物と人間の間で葛藤し、父子愛なども織り込まれてはいるが、
どうしても過激なアクションや描写推し。
唐突な展開や説明不足な点も多い。
監督は超人気TVシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』で手腕を奮ったニール・マーシャルで、同作は非常に興味あるもののまだ見た事無いので何とも言えないが、しかし本作に限って言えば、映画クオリティーのTVシリーズの印象。
センスも娯楽性もドラマ面もデル・トロには及ばず。

何度も何度もデル・トロと比較して申し訳ないが、
だってあちらが好きだったから…。

ラストにはデル・トロ版でもお馴染みあのクリーチャー(の手)も登場し、シリーズ化への意欲満々だが…、
アメリカではラジー賞級の酷評と大コケ…。
高レビューも多いようだが、個人的には、

過激になっただけで、
他色んな意味で、減るボーイ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
近大

5.0始まりから終わりまで、テンポもいいし、ストーリーもなかなかた。😀 ...

2019年12月13日
スマートフォンから投稿

始まりから終わりまで、テンポもいいし、ストーリーもなかなかた。😀

意表をつかれた部分も多々あります。そこが、また非常に良かったりします❣️

見た目と裏腹で、ヘルボーイは優しく可愛い。

見る価値は十分にある映画です。💕

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ナガグツ

5.0前シリーズを軽く凌ぐ人体損壊がエゲツない痛快なリブート

よねさん
2019年12月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

魔女ニムエはその圧倒的な魔力で人間を完全に支配しようとしていたが裏切りに遭い肉体をバラバラに切り刻まれて封印された。1500年後ニムエを復活させようとする邪悪な集団が各地に埋葬されたニムエの体を探していることを知った超常現象調査防衛局のヘルボーイは霊媒師アリスとダイミョウ少佐とともに調査を始めるが・・・ファンに惜しまれながら3作目が製作されなかった『ヘルボーイ』シリーズのリブート。

前シリーズで異形の者に対する惜しみない愛情をブチまけたギレルモ・デル・トロが構築した世界観に対して本作がどのようなアプローチで臨むのか興味津々でしたが、前シリーズを軽く凌駕する情け容赦のない血塗れ描写で冒頭からかまします。とにかく老若男女問わずグッシャグシャに人間が殺されまくる凄惨な描写は『ドゥームズデイ』でカンニバリズムを真正面から描いたニール・マーシャルの真骨頂、いかにも英国的な陰鬱をまとったニムエに立ち向かうどこまでもアメリカンで明るいヘルボーイというくっきりとしたコントラストが眩しいです。ニムエを演じるミラ・ジョヴォヴィッチが実に生き生きしているのが印象的。本作、なぜか『ジョン・ウィック』との共通点が散見され、ヘルボーイの育ての親ブルーム教授を演じているのが、『ジョン~』でコンチネンタルホテルの支配人ウィンストン役だったイアン・マクシェーン、ジョン・ウィックの異名”ババ・ヤーガ”も登場。オカルト風味も濃厚で、アリスがエクトプラズムを吐き出して霊魂を召喚するシーンには英国の降霊会のような気品あり。前シリーズのファンを唸らせるエンディングまでダレ場の一切ない痛快な作品ですが、マグロ解体ショーみたいな盛大な人体損壊がエゲツないので食事はしっかり済ませてから鑑賞した方がいいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よね

3.0グロ注意

mzさん
2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿

唐突なグロにちょっと、これ必要なシーン?
それはいいとして、私個人的には、デルトロ版の方が好きです。悪役のミラ・ジョボビッチ、すごく強いのに活躍シーン少なくて残念。CGのブタさんの方が頑張ってたよ。ブタにも勝てないヘルボーイですが自分自身の内の悪魔には勝ちました。パパさんとか、脇役も個性的で良かったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mz

3.5キャラが弱い

2019年11月19日
iPhoneアプリから投稿

なんだか少しヘルボーイというキャラの描きが少ないように感じた。
ギルトロ版のヘルボーイはもっとキャラの魅力を見せてくれたような(うっすらとした記憶)
アーサー伝説のお話にヘルボーイが巻き込まれていく展開。いわゆる巻き込まれ系な感じの印象。
こんなに強いキャラが少し弱く見えたのはそのせいなのか?
ガーディアンズのようなノリノリな感じを期待してたけど、そこまではいけず。
まあまあ楽しかったなという印象。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ぴゅある

4.0ツノの切り株を見ていると、ホクホクのおでんの大根を食べたくなってくる。

kossyさん
2019年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ヘルボーイと言えばすぐに初代のロン・パールマンを思い出すのですが、逆に言うとロン・パールマンが出演する映画を見ているとすぐにヘルボーイを思い出すのです。困ったものだ。そんな新しいヘルボーイは顎なんかが初代よりもインパクト少なく、ちょっと弱々しさをも見せてくれるので新鮮でした。

 冒頭では5、6世紀頃のアーサー王伝説とともに、世界中に病原菌をまき散らす魔女ニムエのエピソード。あ、ミラ・ジョボだ。相変わらず美しさとエロボディを備えている大好きな女優さんです。惜しげもなく有名女優を使うからには他にも有名人がいるに違いないとチェック態勢に入り、ヘルボーイの父親がアル・パチーノに見えてきたり、オシリスの女性がハル・ベリーに見えたり、霊能力少女アリスが日焼けしたクロエ・グレース・モレッツに見えてくる。あ、違うじゃん。と、ストーリーにのめり込むうちに、この映画が泣いた赤鬼+アーサー王伝説+LOTR+バイオハザードに思えてきてしまう。さらにダイミョウが何かに変身するに違いないとワクワクしていたら、な、な、なんとゲレゲレ!『ドラゴン・クエスト』までオマージュしてたのか!とビックリしました(オマージュとはちょっと違う)。あとは『ハウルの動く城』ですかね・・・バーバの動きは貞子かと思っちゃいました。

 そんなこんなでミラジョボといえば『バイオハザード』。アリス計画のアリスといえばミラジョボだろ!と思っていたのですが、霊能力少女という別キャラがアリスなのです。クロエと勘違いしてしまいましたが、ナチス残党のクロエネンという人物?も登場するはずです。なんだか名前が複雑になってきましたが、次回作(あるのか?)では半魚人のエイブ・サピエンも登場しそうだし、こうなりゃギレルモ・デル・トロの『シェイプ・オブ・ウォーター』も絡めてしまえ!と、初代の監督まで手伝ってくれそうです。ワクワク・・・

 全体的にR15+らしくグロ、またグロ、そして爽快感。ナチスハンターのロブスターのコスチュームが古くてカッコいい。ミラジョボに王になってくれと懇願されたら、結婚するってことでしょ?俺なら簡単にOKだしちゃうけどな・・・その点、人間(?)性善説そのまんまのヘルボーイがいかに理性的だったか。また、必殺技の銃を撃たなかったダイミョウに拍手。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

3.0残酷だけど妙に明るい。

Syouitiさん
2019年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

原作を知らないとわからないネタがところどころあったけど、けっこう楽しめました。
残酷なシーンが多々あったけど、明るく見せてくれたし、女性や子供が犠牲になるシーンは、あまり見せないででくれたのも良かった。
これがディフォルメの効いた原作者のマイク・ミニョーラの絵だったら、もっと残酷に感じないんだろうけど。
そういえば以前、G=ヒコロウというマンガ家が、作品中で「マイク・ミニョーラの日記マンガが読みたい」って言ってたっけ。
俺も読みたい!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Syouiti

4.0ルックスがかなり怖目になった。新しいキャラもいい感じ。バーバ・ヤー...

2019年10月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ルックスがかなり怖目になった。新しいキャラもいい感じ。バーバ・ヤーガもインパクト大。次はサピエンが出て来るんだね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
toshiyuki_kudo

3.5バーバガーヤ

かんさん
2019年10月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

の体の動きがスゴい!
CG? 人の動き?
驚きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
かん

0.5つまらーん

jjjjjさん
2019年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
jjjjj

4.0エンタメ映画

toosumiさん
2019年10月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

ちょっとグロ。
いや、ちょっとじゃなく結構グロい。
特に捕食シーン。

旧作は未観賞、
原作というかキャラクターについては名前を聞いたことがある程度の前知識。

説明不足が多々あって?が浮かぶシーンが結構あった印象。
登場キャラはある意味魅力的、掛け合いも面白い。

某緑の怪物映画に近い物を感じるが、
見た目と裏腹に幼い言動。
そのギャップもまた面白い。

魔女について豊満な胸と言う表現があったが、腑に落ちなかった事は内緒にしておこう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
toosumi
「ヘルボーイ」の作品トップへ