劇場公開日 2019年11月29日

HUMAN LOST 人間失格のレビュー・感想・評価

2.945
6%
29%
41%
15%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全45件中、1~20件目を表示

3.0人間失格

2020年1月10日
Androidアプリから投稿

人間失格と言うより
無限な気がしました。
嫌な事は繰り返されたり、
だけど、って言う感じです。
好きな声優で気になって観ましたが、
あり得ないけど、あり得る感じがありました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
色んな映画を観る‼️

3.0コレはコレでソレはソレで

lynx09bさん
2019年12月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

アニメーション制作が「ポリゴンピクチュアズ」。となると個人的に「GODZILLA」が頭を過る。いや、画面は良かったですよ画面は。それでも過っちゃうのですよねー。更には今回も有名な元ネタあり。これはもう使命というものです(苦笑)。
人間失格をSF映画にする。というアイデアはゾクゾクしました。画面も勿論問題なし。ただ、自分の中には「小説:人間失格」が棲み付いているもんだから厄介この上ない。それが無ければ普通に楽しめたのかなー、なんて思ったりしました。元ネタはさらりとネタ程度。骨格ですらない。と思えばそこそこワクワク出来る作品だったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lynx09b

1.0理解し難い

隣組さん
2019年12月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

名著「人間失格」をリメイクしたアニメと言うことで楽しみに鑑賞しましたが蓋を開ければ内容がよく理解出来ず付いていけなかった。SFなので仕方ないとは思うが想像以上に現実離れしている印象もあり時間も長く感じた。
2019-287

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
隣組

3.5還暦を二度も味わいたくない!

kossyさん
2019年12月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 太宰治の小説は未だに読んでないが、読んでない人の方が楽しめそうなアニメ。まず、設定がとても面白くて、医学が発展しすぎるとこんな世界になっちゃうのかと、現実的ではない近未来にはまり込んでしまいました。

 人々は120歳まで生きられる保障を与えられ、死んでしまいそうになってもナノマシンのネットワークにより治療が行われ、まさしく120歳祝賀記念が行われようとしている近未来。しかし、一方で労働年齢も引き上げられ、一日19時間労働が義務付けられているという奴隷のような生活を強いられているのだ。そして、特権階級は環状7号線内で何不自由なく暮らしているという格差社会。現実でも年金支給開始年齢が引き上げられ、70歳まで働け!と言われるようになったことも見過ごしてはならない。

 医療においても画期的な四大医療革命が実現し、医者がいないという社会。遺伝子操作、再生医療、医療用ナノマシン、万能特効薬の四つは頭文字をとってGRMPと呼ばれる。何しろ登場人物の堀木正雄、柊美子、大庭葉蔵の3人は特殊能力を持ち、“アプリカント”と呼ばれていて、堀木なんて人類最後の医者だというのだ。人間がヒューマン・ネットワークから外れてロスト体になり、それを克服すると稀に誕生するみたいだ。『ブレードランナー』の雰囲気もあったからアプリカントなのね・・・わからないけど。

 こういった特殊能力を持つ者がいないと、とにかく現状は打破できない。何しろネットに繋がれた奴隷なんだから、再生曲線と崩壊曲線のバランスが崩れそうにないのだ(よくわかんないけど)。ただ、インサイドに暴走するって雰囲気は色んなSF作品にありがちで、結局そこかよ!と感じたら面白くなくなってしまう。ただ、美子の最期はちょっと泣けた。葉蔵と一緒に叫びたくなった。

 何が人間失格かって命題もさっぱりわからなかったけど、ネットワークから外れた者のほうがよっぽど人間的なはずなのにエイリアンみたいになっちゃうからなぁ・・・なってみなきゃ心の中までわかんないけどね。また、自殺できるのが人間だけってこともあるかも。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

4.0SFを愛す"中二病"の人々が作ったらこうなる

2019年12月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

知的

こういうSFが観たかった!
悪く言えばSF映画のかき集め。(移動都市のように)
逆に言えばSF映画の長所が詰まった映画。

設定上ストーリーが小難しくなってるがそこまで難しくはなかった。(ただしラスト20分ぐらいはみんな自分のやりたい事を見失っているのかもうめちゃくちゃだけど)
まず、音が本当にすごい!
公開からまぁたってるから小規模な11番スクリーンだったけど、冗談抜きでシートが震えた。特に人がロスト化するシーン。IMAXかと思ったぐらいすごかった。
映像はいうまでもありません、最高です。
アクションなんかもう凄すぎ。

でももちろん短所も
大前提として太宰の人間失格を元ネタにしなくていい。
題名はhuman lostだけでいいし、人間失格要素入れるだけで人間失格ファンからすればだいぶ不満だから。
それにクライマックスのアクションにガッカリ。
中盤は想像以上のアクションだったのにクライマックスは詰め込みすぎて意味わかんなくなってくる。
とまぁ短所もたくさんありました。

でも個人的にはとても面白かった。
評価については「アドアストラ現象」(個人的に面白かったアドアストラのように賞をとっていたりし面白いけど万人受けしない作品のこと)が起こっているのだと思います。
まぁ観て損はないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
白鳥の歌

3.5年金一億円欲しい!!!!

びぃさん
2019年12月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
びぃ

3.0恥の多い生涯を…

aMacleanさん
2019年12月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

「人間失格」をSFにして、アニメ化したとのこと。なんのこっちゃと?マークに背中を押されて観に行きました。ろくでなしドロドロの人間ドラマかと思いきや、意外に硬派なSF作品になってました。「人間失格」はベースにはなっているのだけど、ストーリーは全く変えて(そりゃそうか)、別のSF作品として仕立てたものですね。
遺伝子技術とネットワークの技術で死を克服した管理社会。
人々は死なないようにコントロールされ、事故や死亡が確認されると、遠隔で復活させる仕組みが出来上がっている。一見楽園のようだが、人間が死ぬとロスト(ゾンビ的なアレです)化してしまうリスクを抱えているのだが、その事は秘密にされ、Shellという組織が全てを管理して調和を維持している。
そんな社会に反対する人々も居て、若者は暴走行為でそうした社会に反意を明らかにしていた…。

そんな設定だ。どの辺が人間失格なのかはわからないが、SFアニメとしてはそこそこ楽しめた。エリジウムとデビルマンを合わせたような内容なので、それほど新鮮味はないが、それなりの纏まりもあり、テンポも良い。残念ながら頭抜けた見所が見当たらなかったので、お気に入りにはならないけれど、こういうテイスト嫌いではないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
aMaclean

2.5これは人間失格では無い!

2019年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

寝られる

9月にも蜷川実花の「人間失格」を観たが、こんなにも短期間に2本の「人間失格」が公開されるとは一体どういうことなんだろう? 権利の関係なのだろうか。前作は「人間失格」を執筆して自殺する晩年の太宰を描いていたが、今作は近未来SFアニメで太宰とは一切何の関係も無い。失格・合格という言葉遊びと全日本人が機械を埋め込まれて管理される社会‥もはや人間では無いということなのだろう。そしてヒューマン・ロスト現象は死んだ後に異形化して暴れまくる怪物になることなのだ。冒頭に「原案・太宰治『人間失格』より」と出るのだが、それは無いよと思う。登場人物の名前をなぞっているだけでは無いか。映画は面白いが主人公の葉蔵にしろ適役の堀木にしろちょっと原作のイメージを期待していると裏切られてやるせない。唯一、竹一のキャラ設定だけが飛び抜けて違っているのが良く、前半のアキラ的シーンが素晴らしい。やはり触手を持った怪物が暴れなきゃダメなの?もうちょっと他の描き方を考えられないものだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たあちゃん

2.0「俺のオルフェウスになれ」

2019年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
いぱねま

4.0ポリゴンピクチャは進化している

2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

難しい

萌える

ポリゴンピクチャは好きです。シドニアの騎士もゴジラ面白かった。ポリゴンピクチャは人間の表現はイマイチ。髪の毛も表情も動きもぎこちない。ただ、煙や光の粒子のようなものはとても綺麗。CGっぽいけど、メリットも多い。
今作もそれは健在。宮野真守、花澤香菜、櫻井孝宏と、安心の声優布陣。
逆に、シドニアの騎士や亜人、ゴジラっぽい、てか、まんまと思ってまうほど。

ストーリーは、専門用語も多く難しい。話についていけない部分もありつつ。最後までわからない展開は良かった。
随所に現実社会への皮肉が含まれていて、そういうメッセージ性もよい。

ただ、最後の戦闘シーンはあれでいいのかなぁ?と、単純に赤い人がかっこ悪い。大人向けの難しいストーリーと、子供向けのキャラが組み合わさったようで、ちょっと残念。

あと、キャラに感情移入しにくかった。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 9 件)
だるまん

2.0太宰の人間失格とは別のテーマの映画

冬餅さん
2019年12月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

半年程前にPVを拝見してから気になっていた作品、人間失格のSF化って面白そうだなと期待して映画館に向かいましたが
正直申し上げて原案を上手くアレンジとして落とし込めていないオリジナルアニメだと思いました。映像は凄いのですけどね。

自分も人間失格は一度読んだだけで完全に理解しているとはいえないにわかですが、なぞっているのは登場人物と台詞くらいかなと思います。ストーリーは勿論のこと作品のテーマまで変えてしまったのが残念。
それでも面白ければ割り切って楽しめたのですが、自分にはこの映画の描きたかったものが最後までいまいち見えてこず、結局何が言いたかったのか曖昧で理解できないまま終わってしまいました。
全体的にフワフワさせたまま話がどんどん突き進んでいるような...
アクションが売りとかであればそれも有りですがそういう訳でも無いし。

ラストにしても○○が目的と理想を得たのはいいのですが、それを達成するための具体的な方法って一体なんなのかが分からなかった。
せっかく太宰のタイトル使った映画であえて新たな主題を考えて挑むのならもっと分かりやすくも出来たはずだし、結論をぼかすのはやめて欲しかったな。

キャストがアニメのGODZILLAに似ているなあと思いあちらは自分は楽しめたのであまり不安は無かったのですが今回のは合いませんでした。あちらでは賛否あれど世界観は完成されていたしテーマを描ききっていたと思うのですが。
音楽、ED曲と度々出てくる絵画はとても良かった、ポリゴンピクチュアズのアニメは好きなので頑張って欲しいです。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
冬餅

3.0ヒーロー作品?

2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

観終わった後の感想は、原作は作品を売るために、名前を使われただけ?・・でした。
大胆にアレンジしているのは知っていましたが、アレンジのし過ぎです。
他の方のレビューを読んでみると、監督の意図している点は理解出来ましたけどね。
個人的には、ズバリ!ヒーロー作品だと思います。
それも序章(まるで真仮面ライダーのようです)。
まさか、また太宰治作品を使って、続編を準備しているとか(^_^)。
地方に住んでいるのですが、公開2週目で、1日の上映回数が1回になりましたので、次回作は無いかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
はるっち

1.5ゼロ年代的ディストピア

2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿

宮野、桜井の主役のキャストが、絶望したGODZILLA
を思い出させてしまって期待せず

冲方丁が設定ときたので念の為鑑賞

設定は、伊藤計劃のハーモニーのようなゼロ年代JSF、管理されたディストピア
そのあたりが好きな人なら世界観は嫌いではなく受け入れられる
極端なディストピア世界での死と再生を描く物語なので整合性より設定優先

そのあたりに突っ込むのは無意味
そもそも、そういう手法なのだから

これは、主題からして救いのない終わり方になるだろうと予想

途中で希望が見えた分、鬱になりますね

という感じの作品なので好きそうな方なら是非

ポリゴン・ピクチュアズの描画はこの作品にはマッチしてました、いい映像だったと思います

が、人を語れてない、設定てんこ盛りで消化しきれなかったな映画でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
どんちゃか

1.5恥の多い作品

2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

原作から名前を借りただけの別物
ただのSFアニメとしてみれば、ストーリーはありきたりだけどアニメーション等の技術はすごい作品で終わる。

しかし、古典作品をどうにかSFに結び付けようとして、結果的に原作要素が分かりにくい、オリジナリティになり切れない作品になっている。

素直にインスピレーションを受けたとか、登場人物の名前だけ借りました等の方がよっぽどマシである。

もう少し創意工夫を凝らして頂きたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゲルゲ13

1.5誰に見せたくて作ったの?

nawadeさん
2019年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映像は頑張っているが、ストーリーが致命的。
誰に見せたくて作っているのかわからず、単純につまらない。
原案の『人間失格』は読んでいないので、本編の内容とどうリンクしているのかわからないが、正直世界観はこのままで、原案の要素を取り除いて、ダークヒーローものとした方が楽しめたのではないだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nawade

1.0GODZILLA観に行ってないはずなのに……

alphaさん
2019年12月6日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
alpha

3.5テレビアニメで1~2クールかけて描けば…

2019年12月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

難しい

みなさんのレビューの採点が低くてかなり不安でしたが、期待していた作品なので、ハードルを下げ、覚悟して鑑賞してきました。率直な感想としては、思ったほど悪くないどころか、わりとおもしろかったという印象です。太宰治の「人間失格」に着想を得たというものの、それ自体を読んだことがないので、先入観も予備知識もまったくないまま鑑賞したのがかえってよかったのかもしれません。

冒頭から、近未来の架空の日本を舞台にしたSFであることはすぐに理解できました。そして、科学の進歩が医療の革新をもたらした一方、新たな問題も生まれ、そのひずみの中で苦しむ人々が社会や体制に抗っていくというのが、ストーリーの大筋です。近未来のSFにありがちな設定ではあるものの、この手の話は大好きなので、最後まで楽しく鑑賞できました。

とにかく映像が美しく、見応えがあります。「シドニアの騎士」や「GODZILLA」のような映像が嫌いでなければ、ポリゴン・ピクチュアズが創り出す作品世界を堪能できると思います。そして、異才を有しつつも心のうちに闇を抱えた主要キャラも、なかなか魅力的でした。そこに、宮野真守さん、花澤香菜さん、櫻井孝宏さんら実力派声優陣がキャスティングされており、まさに万全の体制です。

設定、映像、キャラ、キャスティングと、ここまでなんの文句もないのに、それでも評価が上がらないのは、やはり脚本のせいでしょうか。物語が進むにつれていろいろなことが明らかになってくるとはいえ、それがわかりにくく、腑に落ちない部分も多かったです。そのあたりを丁寧に描いてくれれば、かなり見ごたえのある作品になったのではないかと思います。そういう意味では、テレビアニメで1~2クールかけてじっくり描いたほうがよかったかもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
おじゃる

3.0#110 昭和111年なんてあと20年もないのに

Yuko Kudoさん
2019年12月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

こんな世界が来るのかな?
すでに死なない時点人間というより生物失格じゃん。
古い物が死ぬから新しい物が生まれるわけだから不老不死なんて必要ないのに。
アイデアは良いけど共感できない作品だった。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
Yuko Kudo

4.0PSYCHO-PASS

2019年12月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

の肉体版の様な、、
あちらは精神を病む事を監視されていて。

社会を支配するシステムと
それから逸脱する人達と処理のされ方と
システムを囲って翻弄されるキャラの設定と

色々似通ってました。

独特な世界観と描き込まれた映像は
見応えあったので見甲斐がありました。

太宰治は原案だから、
あれを期待しなければ良いかと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゆうすい

3.0映画の2時間程度では描き切れない世界観

しずるさん
2019年12月4日
Androidアプリから投稿

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
しずる
「HUMAN LOST 人間失格」の作品トップへ