劇場公開日 2020年9月11日

「狂おしいほどの愛が静かに刺さる」窮鼠はチーズの夢を見る ごーるどとまとさんの映画レビュー(感想・評価)

3.7155
30%
49%
14%
4%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5狂おしいほどの愛が静かに刺さる

2020年9月25日
iPhoneアプリから投稿

女性も含めてどの登場人物にも感情移入はできないけれど(勿論する必要は無い)成田凌演じる今ヶ瀬は魅力的だったな。対する大倉忠義演じる大伴は優柔不断で流されるまま、まぁかなりのクズっぷり。
2人のラブシーンは過激というより「そこも描写しちゃいます?」っていうリアルな部分もあり。

始まってすぐに(これはブエノスアイレスへのオマージュ?)と思い始め、20年以上前に観た「ブエノスアイレス」のことばかり考えてしまった。ウォン・カーウァイ監督作の中で一番好きだった作品。戯れあったり嫉妬したり喧嘩したり、ゲイの恋愛も男女の恋愛と何ら変わらないんだな、という当たり前のことに気づかされイグアスの滝のシーンに涙が止まらなかった。今観るとまた違った感情が生まれるのかな?

当時あまりに衝撃が強かった「ブエノスアイレス」とどうしても比べてしまうけど。

灰皿、ジッポ、カーテンなどの小物や掃除したりゲイバーに行ったり椅子を見つめたりという行動・動きで感情を表す演出がすごく生きていた。
苦しい程に人を愛した記憶が蘇る作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ごーるどとまと
「窮鼠はチーズの夢を見る」のレビューを書く 「窮鼠はチーズの夢を見る」のレビュー一覧へ(全155件)
「窮鼠はチーズの夢を見る」の作品トップへ