劇場公開日 2020年9月11日

「一途でせつない恋のおはなし。」窮鼠はチーズの夢を見る ひれはるさんの映画レビュー(感想・評価)

3.7155
30%
50%
14%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0一途でせつない恋のおはなし。

2020年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

レビューを書くか、書かないか悩みました。

でも、素直な想いを書き残しておこうと思います。

私は恭一のような恋愛をしてきました。
優柔不断で誘われると断り切れなくて、流されていました。

だから、誰かと付き合っていても、流されてしまったこと。
別れようとしてもそそのかされて関係を持ち続けてしまったこと。
秘密や弱みを握られ、それを内緒にしてもらうために条件をのんだことも。
そして、お付き合いしていた方を傷つけてしまったことも。。。

だからなのでしょう、恭一目線で鑑賞し、ひどく切なく、ひどく苦しくなりました。
妻、浮気相手、元カノ、会社の上司の娘(婚約者)
様々な相手に流されて、切れずに関係持っていたり。

そんな恭一を一途に愛し、信じる今ヶ瀬の姿は非常に苦く、そして、切ないものでした。
今ヶ瀬のときより見せる、切なげな顔にキュッてなりました。

最終的に恭一が本当の愛に気づき、
戻ってくるかわからない今ヶ瀬を待つ姿。
この姿も切なかった。

BL(同性愛)ということで、抵抗がある方が多いと思います。
でも、その時好きになった相手が偶然に同性だっただけ。
それだけなんだと、思いました。

最後に、
同性愛、そしてこの生々しいシーンを体当たりで演じた
大倉忠義さんと成田凌さん、
主演の二人をきっちり固めた女優陣の皆様
すごく素敵な切ない作品でした。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ひれはる
「窮鼠はチーズの夢を見る」のレビューを書く 「窮鼠はチーズの夢を見る」のレビュー一覧へ(全155件)
「窮鼠はチーズの夢を見る」の作品トップへ