劇場公開日 2020年9月4日

「90年代の空気、スケートボード、仲間、家族への愛情に満ちた逸品」mid90s ミッドナインティーズ 牛津厚信さんの映画レビュー(感想・評価)

3.746
13%
68%
18%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.090年代の空気、スケートボード、仲間、家族への愛情に満ちた逸品

2020年8月25日
PCから投稿

ジョナ・ヒルが作る映画ってどんなのだろう、と想像する時、これまで彼が出演してきたハイテンションのコメディばかりが頭に浮かんだ。しかし、いざ映し出されたのは、まさかのアーティスティックな青春ドラマ。それも全編16mmで撮影された映像の中、少年たちの心の機微が時に陽だまりのように優しく、時にザラつくほどリアルに伝わってくる逸品だった。こっそり忍び込んだ兄の部屋で、初めて触れる芳しい90年代のカルチャーの数々。平等とは程遠いディールで手に入れたスケートボード。入り浸った店内で友情を育む仲間たち・・・。歳上といえば意地悪な兄しかいない少年が、やがて仲間との交流によって徐々に変貌していく姿が可愛らしかったり、心配にもなったり。ありきたりではない会話にふと各々の家庭環境、将来への不安などを忍び込ませる匙加減もさすが。85分の映像世界に、90年代と仲間と家族への思いを目一杯に詰めこんだ、愛すべき一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
牛津厚信
「mid90s ミッドナインティーズ」のレビューを書く 「mid90s ミッドナインティーズ」のレビュー一覧へ(全46件)
「mid90s ミッドナインティーズ」の作品トップへ