劇場公開日 2020年9月4日

mid90s ミッドナインティーズのレビュー・感想・評価

3.753
12%
67%
20%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全53件中、1~20件目を表示

4.0Actors Take Control the Way They Used To

2020年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

Mid-90s perfectly creates the look and feel of the mid 90s, but in my view the way the kids behave is more reminiscent of the early 2000s. But while the draw may be a reenactment of a time period ripe for exploration after everything has been beat out of the 80's, the film shines for its ad-lib acting reminiscent of mid-70's films. There's no moral to the story, so it is a tad dead weight.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

4.090年代の空気、スケートボード、仲間、家族への愛情に満ちた逸品

2020年8月25日
PCから投稿

ジョナ・ヒルが作る映画ってどんなのだろう、と想像する時、これまで彼が出演してきたハイテンションのコメディばかりが頭に浮かんだ。しかし、いざ映し出されたのは、まさかのアーティスティックな青春ドラマ。それも全編16mmで撮影された映像の中、少年たちの心の機微が時に陽だまりのように優しく、時にザラつくほどリアルに伝わってくる逸品だった。こっそり忍び込んだ兄の部屋で、初めて触れる芳しい90年代のカルチャーの数々。平等とは程遠いディールで手に入れたスケートボード。入り浸った店内で友情を育む仲間たち・・・。歳上といえば意地悪な兄しかいない少年が、やがて仲間との交流によって徐々に変貌していく姿が可愛らしかったり、心配にもなったり。ありきたりではない会話にふと各々の家庭環境、将来への不安などを忍び込ませる匙加減もさすが。85分の映像世界に、90年代と仲間と家族への思いを目一杯に詰めこんだ、愛すべき一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
牛津厚信

3.5若手俳優初監督作品にしては優れている

ミーノさん
2020年9月28日
PCから投稿

ジョナ・ヒル初監督作品というのが売りになっている作品。暴力的な兄と母と暮らす小柄な13歳が主人公。兄から逃げ、近所でスケートボードをする年上のグループに惹き込まれ、仲間に入れてもらう。そのグループには金持ちの息子もいれば貧しい努力家、無口でビデオ撮影ばかりしている子、主人公スティーヴィーと年が近く、彼をライバル視している子もいる。そんな中で成長するスティーヴィーを、1990年代半ばのカルチャーとともに描いている、という映画。
スケボーと音楽の疾走感あり、十代の悩みと成長、友情あり、90年代へのオマージュあり、見ごたえはあった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ミーノ

3.5思春期の痛みはきっと無駄じゃない。

2020年9月27日
iPhoneアプリから投稿

90年代と現代の違いってやはりスマホがあるかないか、なのかな。現代の若者を描くなら彼らの生活のどこを切り取ってもスマホがあるだろうし、動画を撮影するのもスマホだろうし。スマホやゲームを持ち歩かない時代だからこそスケボーをクールにきめることが少年にとって何よりカッコイイことだったんだろうな。

いろんな社会問題とともに少年の日常を描いていて背伸びしてワルさする姿に(わかる、わかるよ〜)と共感しこのヒリヒリした感じが良いなぁ〜と(ジョナ・ヒルやるやん!星4つ)って思っていたがラストがなぁ。もちろんあの終わり方もありだろうけど、もう一押しほしかった。別の着地が見たかった。好みの問題だろうけど少し残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ごーるどとまと

3.0最後のレイの言葉

2020年9月27日
Androidアプリから投稿

からのシーンで星2つ+

サンバーンがどうしても10才程度にしか見えなくて女の子との出来事が受け止められなかった。
紙一重を繰り返して大人になっていくのは分かるが、、みんな大人になるまで生き残ってまた会えるといいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はやみさかさら

4.0stretch

blackmilkさん
2020年9月26日
iPhoneアプリから投稿

armstrong&bobbitoのラジオを録音したカセットが並ぶお兄ちゃんの部屋から最高。環境は違うけれど、彼らが使う言語、マナーは全部分かる感じ。
CD、ポスター、Tシャツ、きまった会話。
レタボサイズをあえて使うスカした映画は多々あるけれど、初めてしっくりきた。
比べるべきはKIDSではなく、talsaであり、ガンモ。ジョンズとコリンを足して2で割ったと言ったら味気ないけれど。
ホームレスのおじちゃんと話すカットが良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
blackmilk

3.5ストリート的青春

hkr21さん
2020年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

気の置けない監督が撮ったからなのか、
俳優でない子達の演技がナチュラルでドキュメンタリー的で、とても良かった。
その中でも、レニーがものすごーくステキだった!
で、反って、既存の俳優たちが観たことある分、少し違和感を感じたぐらい。

ストーリー的にはあるあるなんだけどね。
音楽やスケーター達の撮り方や、街の様子や洋服や、
要所要所に監督のこの時代に対する、この世代に対する、
仲間たちに対する愛を感じれる作品でした。

もう少し、お兄ちゃん、お母さん、仲間たち個々の今あるキャラクターが
出来上がったバックボーンを描いて欲しかったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hkr21

3.0スケートボードで公道を走らないでください!

kossyさん
2020年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 フォースグレードはジョナ・ヒル監督自身なのかな?と感じたビデオマニアの彼。スティーヴィーが仲良くなったグループには他に黒人のレイ、髪の毛がうざいファックシット、ルーベンの4人。友達ってこうやって作るんだよ、みたいな前半部分。やがて兄との確執が深まっていく様子などは面白かった。スティーヴィーの笑顔を見ると、『小さな恋のメロディ』も思い出してしまいました。

 痛々しいシーンは冒頭の壁、屋根、車の計3ヵ所。兄にもケンカで負けたりしていたので、自分が不死身だと思ったのだろうか、とにかく痛い。13歳よりも下に見えた主人公のスティーヴィーだったが、まずは年齢の近いルーベンと仲良くなり、その後はレイと・・・。自分の中古を40ドルも出させておいたのに、レイがプレゼントしてくれたからなぁ~ルーベンも別の意味で痛い。

 レイ(ナケル・スミス:プロのスケートボーダー)の大人びた雰囲気がとても良かったのですが、なんだかんだ言っても、最終的にはフォースグレードが美味しいところを持っていった感じで、全編通して腹立たしいのがファックシットでした。と、公式をチェックするとサニー・スリッチもプロのスケートボーダーじゃないですか。初心者ぽい失敗もプロならではだったんですね。

 酒、たばこ、薬物、女の子・・・まぁ、兄貴を超えたかったのはわかるけど、スケボーだけでいいじゃないですか。とにかくエンディングには「スケボーで公道を走らないで!」と一言入れておいてもらいたかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
kossy

4.0叱られた。

2020年9月24日
Androidアプリから投稿

なんか、若いときあるあるというか、
昔の自分見てるみたいで、
なんかイタいなーと思いながらも羨ましくて、懐かしくて、
ふと気付く。
あー何年も転んでないな。
膝に傷なんて何年もつけてないな。って。
子供から大人になって、傷つき方が変わった気がする。
この映画はアルバム見てるみたいな映画で、なんでそんな痛そうな傷付けてるのに笑っていられるの?っていう無敵の自分の写真ばっかりで、そんな昔の笑顔みてると、なんか叱られてる気がした。
くだらないことに傷ついてる自分が馬鹿に思えた。
よく若い頃に戻りたいって大人は言うけど、若いときは若いときなりに葛藤してたんだな、って思い出さしてくれる。

a24ってホント好き。
過去今未来がちゃんとあって、感情の起伏が激しくて、音楽のセンスが良くて、綺麗にまとまってなくて、痛くてイタくてでもそこに居たい!って主人公がみんな叫んでて
だから好き。
この映画も好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
19歳®︎

3.0#74 何が言いたいんだか

Yuko Kudoさん
2020年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

全然わからなかった。

主人公は13歳という設定らしいが小学生にしか見えなくて、たとえ演技だとしてもこんな子供にタバコや鮭やドラックを吸わせるなんてありえない。

唯一伝わったのは友情かな?

こんなんでまともな大人に育つのか?

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Yuko Kudo

4.0可もなく不可もなく

2020年9月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

お母さん「インヒアレントヴァイス」の彼女役の人か

ファックシットは早死するタイプ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うんこたれぞう

3.0あたしの90年代とは全然ちがった…

だいずさん
2020年9月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
だいず

3.5青春とか言われてるけど、終わり方なかなか怖くないか、これ 現在公開...

2020年9月19日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
コーヒー

4.02020年ベストムービー!⭐️✨

stoneageさん
2020年9月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
stoneage

4.0人生を豊かにするのは夢中になれることと仲間だ

2020年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

久しぶりにクールでおしゃれな映画に出会った。

最近ますます存在感を増している新進気鋭の映像スタジオ『A24』による作品。とにかくイケてる映画をつくり続けているイメージだが、本作も冒頭からその世界観に魅了された。

一般的に当たり前とされている冒頭のブランドロゴムービーを本編のなかに溶け込ませてきた。キーアイテムとなるスケボーを並べて「A24」の文字をつくり、それに乗って散らばっていく映像からはじまる。これだけでセンスの塊を感じる。

そして冒頭で観客の心を掴む演出が際立っていた。固定カメラと無音を効果的に使い、緩急で一気に惹きつける。全編において音楽(無音という音楽も含む)の使い方が上手かった。

90年代を彷彿とさせる映像サイズと画質にもこだわりがあり、むしろ古さより新しさを観ている気分になる。

若さゆえの虚栄心で、自己表現のためにはワルになることが手っ取り早い方法だが、本当のかっこよさはそこに信念があるか。仲間の信頼とは自分を偽って媚びるのではなく、真摯に掴み取るものである。

将来に漠然とした不安を抱えながら生きていく若者たちの友情と成長の物語。みんなそれぞれ善悪を持ち、幸も不幸も抱えながら生活している。つらい経験をするほど強くなれるが、ないに越したことはない。命よりも大切なものはないから。

チャレンジすればチャンスを掴むことができるけど、無理にリスクを負う必要だってない。自分らしく生きることが最も尊い。

たとえそれで何者かになれなくても、仕事にできなくても、夢中になれることに没頭することが人生を豊かにする最強の方法である。真面目に働いてお金を稼ぐことだけが人生ではない。

青春とは色あせず、人生においてとても大事な時間。みんなつまづきながら、それでも支え合い、前を見て成長していく。そんな背中を押さずとも、強く肩に寄り添ってくれる作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

4.0結局何も

さん
2020年9月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
え

4.0タイトルなし

Shiroさん
2020年9月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

どの登場人物の立場になっても気持ちは分かる(あ、パーティーの女子は分からん)。
みんなが全然完璧じゃなくて、でもいいところはそれぞれにあって支え合ってる、理解しあってる。
はっきりしたメッセージ性はなかったが、そこがよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shiro

4.0レイ、良い仲間でいて欲しい。

2020年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Socialjustice

3.5ジョナ・ヒルがこんな映画を…

2020年9月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

ストリートカルチャー、青春映画が好きなので鑑賞。
ストーリーは、ラリー・クラークのキッズの生々しさを抑えてノスタルジックなテイストに仕上げだものと言えば良いだろうか。スケートボードにのめり込む少年たちと、その友情や取り巻く環境を描いている。
青年時代には、誰かに憧れたり、本気でのめり込むことがあって、でも家族に理解されなかったり、環境が阻むことが多々ある。そんな誰しもが味わった感情をジョナ・ヒルは美しい映像で、リアルに表現している。俳優陣のナチュラルな演技も良い。
個人的にサウンドトラックの選曲に惹かれた。モリッシーの声が聴こえた瞬間、しびれた。
何か忘れかけていた感情を奮い立たせてくれる映画だった。ジョナ・ヒルの今後の作品にも期待したい。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ジンジャー・ベイカー

3.5スケートボード

2020年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

前半と後半では、見方が全く変わった作品である。前半は低俗な会話とスケボーで遊ぶ単なる不良少年?の映画を最後まで見せられるのかと、若干うんざり気味であったが後半になって、人間関係が複雑(と呼べるかどうかは若干疑問だが)に絡み合うと、結構緻密な作りになってるんだなと、見入ってしまった自分がいた。映画は、やっぱ最後まで見ないとね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オクやん
「mid90s ミッドナインティーズ」の作品トップへ