劇場公開日 2019年7月12日

「レッドフォードならでは」さらば愛しきアウトロー 山の手ロックさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5レッドフォードならでは

2019年8月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

実話を基にしたR・レッドフォードの俳優引退作品とのこと。皺が刻まれた笑顔と紳士然とした物腰で、人を傷付けずに易々と銀行強盗を行う主人公は、まさしくレッドフォード以外では考えられないくらい。
「楽に生きるんじゃない、楽しく生きたいんだ」というメッセージは、レッドフォードのこれまでの出演作品、さらには彼の生き方そのものとシンクロしているように感じた。
共演者の顔ぶれも豪華。特に、シシー・スペイシクのチャーミングさに惹かれた。
イーストウッドの「運び屋」の苦さはないが、レッドフォードの爽やかさと軽妙さが生かされ、後味よく楽しめた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
山の手ロック
「さらば愛しきアウトロー」のレビューを書く 「さらば愛しきアウトロー」のレビュー一覧へ(全79件)
「さらば愛しきアウトロー」の作品トップへ