シベル

シベル

解説

2018年・第19回東京フィルメックス(18年11月17~25日/有楽町朝日ホール)のコンペティション部門で上映。

2018年製作/95分/フランス・ドイツ・ルクセンブルク・トルコ合作
原題:Sibel

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5局所的・寓話から普遍性・現実性へ

2019年2月15日
iPhoneアプリから投稿

素晴らしい。トルコ山間部の小さな共同体、そこに住む口笛言語(口笛でしか会話できない)を使う女性シベル。彼女の家父長的・因習的な抑圧からの闘争/逃走が普遍的メッセージを放つ。逃亡男性との出会い、寓話的な狼の存在など、物語的な厚みもあり見応えがある。何より山岳地帯の風景がとても魅力的。主演ダムラ・ソンメズの目力に圧倒された。

主人公シベルの妹役が『裸足の季節』に出演していたエリット・イシジャン。あの作品も古い因習から抜け出そうとする話だった。同じトルコ映画のレハ・エルデム『JIN』(大阪ヨーロッパ映画祭の邦題は『私の名はジン』)や、ジョージア映画『花咲くころ』を想起したな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ヴィアゼムスキー
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る