翳りゆく父

翳りゆく父
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブラジルの新鋭ガブリエラ・アマラウ・アウメイダ監督が、母を亡くした喪失感を埋めるため超自然的な力に傾倒していく少女とその父親の姿を描いたドラマ。事故で母を亡くした少女ダルバ。父は悲しみに暮れる彼女にどう接して良いのかわからず、いらだちを募らせ憔悴していく。ダルバは寂しさを埋めるようにオカルトにのめり込んでいき、おまじないで母をよみがえらせようとするが……。「君の名前で僕を呼んで」「フランシス・ハ」のホドリゴ・テイシェイラがプロデュースを手がけた。2018年・第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品。

2018年製作/90分/ブラジル
原題:A Sombra do Pai

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

5.0ドラマティックホラームービー?

SHさん
2018年10月26日
Androidアプリから投稿

悲しい

31st TIFF コンペティション

個人的にはこれはホラー映画だとは思わない。でも、監督自らこれはホラーだと断言していたので、ドラマティックホラーとでも勝手に銘打っておこう。
ホラーだとすると、ずいぶん思わせぶりが過ぎないかと思わないでもないけれど、基本ホラーが苦手な自分にとっては丁度よかった(?)気がする。
自分としては悲しいドラマとしか思えなかった。小さな命が逞しく生き抜いていくその様に、深く心が揺さぶられた。
物語が終わると、深い悲しみが余韻のごとくずーっと心に残っていた。
エンドロールもなかなか秀逸で、女性監督らしい素敵なものだった。こう言うと女性蔑視のように捉えられるのだろうけれど、男性監督にはあんなオシャレなエンドは考えつかないはず、勝手に断言。
ホラーだとは思っていない自分は、この映画、非常に素晴らしいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH
すべての映画レビューを見る(全1件)