劇場公開日 2019年6月8日

  • 予告編を見る

月極オトコトモダチのレビュー・感想・評価

3.317
16%
52%
18%
8%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全17件を表示

0.5歌声が、、、

2020年4月9日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コワルスキー

4.0劇中の音楽も頭に残る感じで好きでした

まきおさん
2020年4月5日
iPhoneアプリから投稿

劇中の音楽も頭に残る感じで好きでした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まきお

1.5意外性がない

2020年3月25日
スマートフォンから投稿

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニックル

4.5あ。捺した。

2019年9月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
bloodtrail

3.0言葉は、受け手によって解釈が違う。

栗太郎さん
2019年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

これは友達じゃなく、ライトな恋人関係だよな、って思ったまま鑑賞。何か共通点(環境、趣味、)がまずは友達に成り得る条件であるべきじゃないかな。そう、ちょっとした出会いでも音楽で惹かれ合った草太と珠希のように。
同じ目的を持っているとか、同じ話を延々とできるとかがないと、関係は気まずくないか?と僕なんかは思うのだが。気のない誰かと一緒にいるくらいなら一人のほうがいいと思う人間なので。

でも、この単館系の雰囲気は好き。こじれた恋愛関係もモヤモヤして好き。もう少し徳永えりのいつものキュートさがでていたらもっと好きになれたかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎

4.0よく出来た深夜ドラマのような映画❗

2019年7月12日
スマートフォンから投稿

星🌟🌟🌟🌟内容が興味深くて観ました❗低予算で作られた作品みたいで深夜ドラマのようでしたが雑な部分もなく上手にまとまっていて凄く良かったです❗主役の徳永えりさんアラサーのちょっと仕事と恋愛に行き詰まった女性を上手に演じていて意外とハマって観ることが出来ました❗レンタルくんの橋本淳も自然体の演技が良かったです❗男女関係のスイッチのオンオフ…実際にはちょっと難しい気がするのですが…❗続編出来てもおかしくない終わり方だったので出来たら観てみたいです❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミリン一番搾り

4.0リベロ

2019年7月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

萌える

レンタルくん、ビジネスとして友だちになってくれる。単発も月極も契約しだい。
男女の友情は恋愛感情なしで成立するかを検証するストーリーでレンタルくんを利用して展開していく。
期待していなかったので意外な面白さがある作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
タイガー力石

4.0ミュージック先行えりさん魅力炸裂

2019年7月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

単純

とにかくえりさんファンで鑑賞しました。関西ではほとんど諦めてました。大阪で鑑賞予定してましたら、京都で上映があり、非常にラッキーでした、鑑賞者の少なさにがっかりです。話も単純なんですが、続編観たくなりました。えりさんが発熱して冷えピタをして横たわっているところは萌えシーンですが、同時に重要な部分ですので。作曲アレンジシーンもイーね。【2回目】京都出町座 えりさんと監督登壇。前から二列目 疲れていて一番良いところ寝落ち 残念でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
びわ湖のこーちゃん

3.5ドラえもんとレンタル柳瀬は違う

きのこさん
2019年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

主人公のライター那沙(女)がレンタル友達柳瀬(男)と契約して男女の友情はレンタルできるのか?を内緒で連載するんだけど…ってお話。ベタな展開だったけど面白かった

まずレンタル柳瀬が全てにおいて完璧。
常に依頼主との距離を適切に保ち、相手の望む反応を返す。外見は普通だけどその立ち振舞いは超イケメン!!
たぶんその気になった依頼主も過去にはいたんじゃなかろうか。

だけどその完璧な友人は依頼主にとって心地よいようにつくったキャラであり、時には本気で殴り合いのケンカするのび太とドラえもんの友情とは大きく異なる。

それがわかっていてもついつい相手に期待して契約してしまう。レンタル友達…残酷なシステムだなと思いました

本物の友情はレンタルできないけどレンタルから始まる友情もあってもいいじゃないかと感じた映画でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
きのこ

2.5音楽が好きでした

heyaさん
2019年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

さらっとした雰囲気、軽やかでおしゃれ、音楽が本当に素敵。俳優さんが歌い始めた瞬間に空気が変わった、ワーしびれる...と思った。爪を塗るシーンがとても好きだった。
-----

主人公の想いを十分に感じられないまま観終わってしまった。主人公の過去や今、これから、バックグラウンドがほとんど語られない。だからどうして「男女の垣根を超えた友情」にここまでこだわるのかわからず、どんな想いでレンタル友達の取材を始めたのかわからず、レンタル友達とどうなってしまいたいのか終盤までわからず。暴走気味になったり悲しんだり憧れたりする主人公の気持ちの変化についていけないことが多かったです。

まあ自分でも自分の気持ちがわからないのが恋愛だろ人間だろと言われればもちろんそうなんだけど、もう少し解釈のための手がかりが示されないと作品としてとっつきにくいなと思った(私の理解が追いついていないだけならそんな恥ずかしいことないけど)。

そしてそのわからない、が深みのあるもの、繊細でいろんな人のいろんな気持ちに当てはまり得る共感の幅のあるものなのかと言われればそうでもなく、ただ、なあに?というだけの感じで。

恋愛を抜きにした友情、関係性、憧れとしてとてもわかる。創作というものが全てを飛び越えた人と人の繋がりとしていかに魅力的にうつるか、とてもわかる。それぞれの要素はとてもわかる、けどそれらがこの作品においてどこから来て、どう繋がって登場人物たちが納得したりしなかったり気持ちが揺れ動いたりしたのか、私は今もわからないです。結末に行き着くまでの筋道に追いつけなかった。うーーーーーんなんでそうなる?わからなすぎるのでもう一度観に行こうか迷う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
heya

4.0済🙂

KinAさん
2019年6月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

焼き付き縛り付けられるような強烈な恋慕は無いものの、サラッとしつつ妙に絡みついてくる。
なんだかドキドキしちゃう映画だった。

金銭と契約を交わしている時点で本当の友達とはいえないじゃない!と思ってしまったけど、何も本気で「異性間の友情は成立するか」の検証をやろうってものではなく、ちょっと変わった始まり方をした人間関係がゆっくりと変遷していく様子を描いた作品。

異性間の友情について深く考えたことがなかった。
改めてこう取り上げられるとたしかに、恋愛感情に発展する可能性の高さという点で見れば難しいところもあるのかも。
同性愛者同士の友達とか色々なパターンも考えられる。
時々二人で会って遊ぶ男性の友達数人を思ってウーンウーンとなってしまった。
実は案外絶妙な関係なのかも。これからも彼らとの距離感は変わらないだろうけど。

「手頃なイケメン」柳瀬のふんわりした自然体の態度が心地良く、こんな人すぐ側に欲しいなぁなんてつい思ってしまう。
家のシーンは結構やばい。油断してるとすぐ少女漫画モードになりそう。
彼の心情吐露や望むことをもっと知りたかった。
‪レンタルだろうとそうじゃなかろうと他人の頭の中が分からないのは変わらないことだけど。

自分からの依頼と金銭の契約で成り立っている関係の隣で、自然発生かつ素で関係を築き上げていく様子を見続けるなんて耐えられない。
その目が居た堪れない。
済🙂じゃねーよ!っていう。
スタンプ帳を出すときの気まずさを覆うような声色がまたリアルで胸に刺さった。

ぐらついた人間関係のバランスを取る為にそれぞれ役割を付けてしまうのが好き。
‪やってみる→やっていくの微調整には細やかな決心を感じて、そのいじらしい気持ちの表れを可愛く思った。

割とリアルなタッチだったのに急に詩的なセリフが出てくるとびっくりしてしまうけど。
言葉への思い入れがあまり伝わってこなかったので、那沙と柳瀬のやり取りには少し戸惑った。

最後の余白は爽やかないやらしさを感じた。好き。
飛び越えてみせるも良し、結局転んでしまっても良し、だと思う。
まだ出会って1ヶ月。色々な発展の方向があるでしょう。どうなっちゃってもいいよ。

「恋愛感情を抱いたこともあったけど叶えるのは無理で、友達のまま接しているのが楽で楽しい(側に居られるし)」みたいな、微かな切なさを孕んだ関係、私は好きよ。
友達と唇くっつけたり身体重ねたりするくらいしちゃってもいいんじゃない?それで変に傷つかなければ。

珠希の歌声がとても良かった。
芦那すみれ a.k.a. BOMIってこんなに歌上手かったんだ、とちょっとびっくりするくらい。
鑑賞後、A_Bをめちゃくちゃ聴きながら帰った。

給水塔というものを今作で初めて意識した。
ちょっとひらけた団地街とかでたまに見るやつ。給水塔っていうんだ、と突然の学習。
給水塔に似てる、か。背が高くて骨格がしっかりしていて顔がでかかったらもうめちゃくちゃタイプだな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
KinA

2.5MOOSIC LAB もういいかもな

Scottさん
2019年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

契約結婚って、結婚の手続きとか社会的な面だけを残して、愛情の方を抜いて成立させるんだよね。そういう舞台装置で、好きなだけでも駄目だし、でも好きじゃなきゃ駄目だし、親戚付き合いをはじめとした結婚に対する社会的プレッシャーはあるしっていう『結婚とはなにか』を浮き上がらせる話になるんだよね。

『レンタル友達だから恋人になりません』って、恋人ってそこまで社会的契約ないからね。会ってて気が向いたら付き合ったらいい。

強くならない宿命を背負ったテーマの中で、どう描くかってとこだから、難しいよね。拙さが残る脚本だから、思いの強さで押し切んないとだけど、強い思いがないね。

まとめに入るところで、とってつけたように『言葉』をキーワードで出してきて、『どこの三文芝居?』って感じで、主人公二人が言葉に対する蘊蓄を繰り返すだけになっちゃうの。

「じゃあ歌詞書いてよ」でケリにするところは、『なんじゃそりゃあ』って劇場で叫びそうになったよ。

徳永エリは顔が整いすぎてるから、この役はもう少し美形じゃない方が良かったと思うな。「え、この人と、会ってるだけで恋人になる?」って感じの役者さんが良かったと思うよ。

オープニングからMOOSIC LAB感満載だったけど『もうMOOSIC LABはいいかな』って思った。この作品がグランプリと聞くと余計に。でも、今年も何作品かは観に行っちゃうだろうな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Scott

3.0心地よい気怠さ

CBさん
2019年6月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

キライではなかった。終始。
渡部さんみたいな雰囲気の主演男優も、主演女優も、好ましかった。友達のままでいられるか、という取り組みにどれだけ価値があるのか、自分にはわからなかったが、LGBT的表現も混じって、まあそういうこともあるのかな、と勝手に納得。
結局は、恋愛に発展するだろう流れを、優しく見守っているという、まるでお爺さんのような鑑賞姿勢となりましたが、ひとつの話としてまとめ、終始一貫した雰囲気を醸し続けたので、監督の力量は、あると思う。
小説を読むと言うより、エッセイを読むという感じに近かったなあ。

こういう軽さの中に、心地よい気怠さを被せたこの感じを、また、機会があったら観てみたいかな。

まったりしたこの感想は、吉祥寺uplinkの真ん中くらいの席で観たせいもあるかも。やはりミニ(マイクロ)シアターでは、最前列に限るかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
CB

2.0こんなとこにもダイバーシティ!?

Bacchusさん
2019年6月9日
Androidアプリから投稿

単純

難しい

レンタル友達という仕事があることを知り、29歳の女性記者が男女の友情のレンタルは成立するのかという取材をする話。

それなりに気を配ることはあったとしても、友達だろうが恋人だろうが、行動を共にしたいとか一緒にいたいとか互いに感じられるか否か…そもそも友情って何ですかね?男女以前に金が絡んでる仕事じゃないか…。
某有名なセリフじゃないけれど、考えるのでなく感じるものだと思うのだが。
というところを見せられ説明された気分で、鑑賞していてドラマとしてどうなるのかは気になったけど、自分みたいなオッサンには今更というかね。
ふーんというぐらいにしか感じられず、特に刺さるものはなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
Bacchus

4.0おじさんでも面白かった。 バランスがよく見やすいし、おすすめ!

おれさん
2019年6月9日
iPhoneアプリから投稿

おじさんでも面白かった。
バランスがよく見やすいし、おすすめ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ

4.0デンタルくん

かんさん
2019年6月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

面白いストーリーでした!

もう少し観たかったです。少し短いですね。

初日舞台挨拶トークショーとっても楽しかったです。
監督の思いもよく伝わりました。
ただ、MCの人が段取りが悪く観客の写真撮影時間がカットされました(>_<)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
かん

0.5スポッテッド映画

ビビさん
2018年10月29日
iPhoneアプリから投稿

直井◯俊の趣味炸裂映画。ちょっと前の玉田企画の時もそうだけど、この手の映画を連発しすぎてて、見る方が辟易とする。
セリフもなんとな〜く、それっぽーい事を、如何にも今時の雰囲気でちょーとお洒落に切り取る。

内容?バラエティ番組の15分くらいのネタを引き延ばして、ドラマ仕立てにした様なもの。
とまでは聞こえは良いが、何もない、監督自体にそこに対する意識が希薄なので、あっ、ヤベエ。なんも考えてないで作ってる。て、なった。今年ワースト級の糞スポッテッド映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ビビ
「月極オトコトモダチ」の作品トップへ