劇場公開日 2018年12月22日

  • 予告編を見る

「混乱期のNYのエネルギー」バスキア、10代最後のとき ローチさんの映画レビュー(感想・評価)

3.08
5%
32%
58%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5混乱期のNYのエネルギー

2019年1月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

バスキアの活躍した1970年代後半のニューヨークは、ひどい有様だった。70年代はニューヨークで最悪の時期とされ、治安はひどく犯罪都市として名を馳せてしまっていた。しかし、そんな荒れ果てた、混沌とした時代だからこそ、バスキアのような新しいアーティストが生れたのだと、この映画が言っている。

バスキアがこの時代に過ごしたイーストビレッジが治安のせいで家賃も安く、金のない若いアーティストが根城にしていた。そこから新しいムーブメントが起こりアートシーンが活性化した。今のイーストビレッジはジェントリフィケーションの結果、高級住宅地となり、治安はよく住みやすい場所となったが、かつてのような燃えるような活気は失われた。

社会の混乱期には、それを刺激にして映画や文学も含めて優れたクリエイターが生まれる。平和で過ごしやすいけど、アートの活気の失われた街とどっちが好きか。この映画はそういう問いかけをしているんじゃないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高
「バスキア、10代最後のとき」のレビューを書く 「バスキア、10代最後のとき」のレビュー一覧へ(全8件)
「バスキア、10代最後のとき」の作品トップへ