劇場公開日 2018年11月16日

  • 予告編を見る

「話は面白かったが、一作目にあった緊張感を感じず。」ボーダーライン ソルジャーズ・デイ 勝手な評論家さんの映画レビュー(感想・評価)

3.7132
21%
60%
16%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0話は面白かったが、一作目にあった緊張感を感じず。

2018年12月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

難しい

「ボーダーライン」の続編。策略を用いて、麻薬カルテル同士の抗争に持ち込もうとする、CIAのマットと、元検事のアレハンドロだったが・・・。

一作目の『ボーダーライン』が、比較的骨太に、麻薬カルテルとそれを阻止しようとする側(敢えて“警察”とか、“捜査機関”とは書きません)との『戦い』を描いていましたが、二作目のこの作品では、その『戦い』が、より『汚い戦い』に移行して行っています。その背景には、ISISなどのテロ組織などによるアメリカ本土へのテロ行為に日々晒されているという事もあると言う様に表現されています。一作目は、2016年なので、その時も、そう言う脅威はあったと思うんですけどね?

ただ、ちょっとストーリーのリアルさ、骨太さが、無くなっていた様な気がしていたのは、気のせい?まぁ、某第45代アメリカ合衆国大統領が、アメリカ・メキシコ国境に壁を築きたくなるほど、違法移民が沢山いると言う事や、メキシコの警察が麻薬カルテルに牛耳られている事とかは事実なんだと思いますが、描いている本筋の『汚い戦い』が、なぜが一作目ほど心に来ませんでした。なんでかな?脚色が過ぎたのか?

でも、あの終わり方は、伏線を張っていますよね?三作目があるのか?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
勝手な評論家
「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」のレビューを書く 「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」のレビュー一覧へ(全132件)
「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」の作品トップへ