劇場公開日 2019年4月19日

  • 予告編を見る

「今泉監督の描く男性像が好きだ」愛がなんだ ローチさんの映画レビュー(感想・評価)

3.7225
23%
60%
14%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0今泉監督の描く男性像が好きだ

2019年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

今泉力哉監督の映画の男性像が好きだ。マッチョな思想の男性が出てこない。男性キャラは大抵男らしくないが、人間としての魅力や欠点は丹念に描かれている。男らしさ以外の男性の魅力を描くのが上手い監督だと思う。
今回の映画は、今泉監督作品としてはじめての小説原作ものだが(漫画原作はある)、いつもの今泉監督の色に染まった作品になっている。この映画に理想的な恋愛模様は描かれず、誰もが欠けたピースを埋めるかのようにもがくのだが、ぴったりはまるピースなど早々見つからないのだ。とても痛々しい恋愛模様だが、これが恋愛のリアルではないか。というより、メディアや広告で理想を喧伝されてしまうから、欠けた自分は駄目なのだと思いがちなのであって、むしろこの痛々しさのリアルは観る人の救いになるんじゃないだろうか。そして、ただの不毛な恋愛劇に終わらせずに主人公の小さな成長を描いているのも好感が持てる。女性客が多いようだが、男性にも観てほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
杉本穂高
「愛がなんだ」のレビューを書く 「愛がなんだ」のレビュー一覧へ(全225件)
「愛がなんだ」の作品トップへ