ゲンボとタシの夢見るブータン
ホーム > 作品情報 > 映画「ゲンボとタシの夢見るブータン」
メニュー

ゲンボとタシの夢見るブータン

劇場公開日

解説

「世界一幸福な国」ブータンを舞台に、異なる夢や価値観を持つ親子2世代の葛藤を描いたドキュメンタリー。ブータンの小さな村で暮らす16歳の少年ゲンボは、家族が代々受け継いできた寺院を継ぐために学校を辞め、戒律の厳しい僧院学校へ行くことについて思い悩む。自らを男の子だと考えサッカー代表チームに入ることを夢見る15歳の妹タシは、唯一の理解者である兄に、遠く離れた僧院学校へ行かないでほしいと願う。一方、子どもたちの幸せな将来を願う父は、ゲンボには出家して仏教の教えを守ることの大切さを説き、タシには女の子らしく生きる努力をするよう諭す。急速な近代化の波が押し寄せる中、子どもたちの思いと親の願いは交差し、やがて静かに衝突する。監督はブータン出身のアルム・バッタライとハンガリー出身のドロッチャ・ズルボーで、世界で初めて劇場公開されるブータン人作家によるドキュメンタリー作品となった。

キャスト

作品データ

原題 The Next Guardian
製作年 2017年
製作国 ブータン・ハンガリー合作
配給 サニーフィルム
上映時間 74分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全3件)
  • いきなりのアレに不謹慎に笑ってしまう だが住職の「神も人も動物も皆... ネタバレ! いきなりのアレに不謹慎に笑ってしまう だが住職の「神も人も動物も皆これが好きだ 皆笑顔になる」の言葉にいきなりブータンそして、この映画が近くなる。そうそう、日本だって アレ神輿もある そうして、... ...続きを読む

    UTA UTAさん  2018年11月27日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 近代化って本当に必要なのかな ネタバレ! とても偏ったイメージだと思うけど ブータンって今でも仏教色強め、と言うか 戒律を守って慎ましく生活しているイメージがあったので、 若い世代が洋服を着ていたり、FBを見てたり TVでサッカーの試合... ...続きを読む

    のりぽぬ のりぽぬさん  2018年10月27日  評価:3.0
    このレビューに共感した/1
  • 二重の曲がり角 子供から大人への曲がり角。多分、どこの社会でも誰にでも訪れ悩む曲がり角。 政治的にも経済的にも急速に変わろうとするブータン。社会の価値観の行方がわからない曲がり角。 自己との葛藤、世代間の葛藤。... ...続きを読む

    こばりん こばりんさん  2018年8月22日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ゲンボとタシの夢見るブータン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi