「3部作の完結編。人間パート重視、ゴジラはただの舞台装置に。」GODZILLA 星を喰う者 sukacinemaさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

GODZILLA 星を喰う者

劇場公開日 2018年11月9日
全120件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

3部作の完結編。人間パート重視、ゴジラはただの舞台装置に。

第1作、『怪獣惑星』で今までと違うゴジラに大いに胸を躍らせ、
第2作、『決戦機動増殖都市』で「ん?」となり、
そして本作、星を喰う者を見て「(アニゴジは)作るべきじゃなかった」、となりました。

内容はよくある奢った人類には痛い目を見てもらいましょう、といったもの。
3作も費やして着地点そこかぁ~となるものの、
テーマ自体は核から生まれたゴジラの精神と言っていいかもしれません。(=初代ゴジラの精神)
問題は今作のゴジラがただの舞台装置にすぎなかったこと。
存在感が希薄で、”怪獣”としての魅力にあまりにも欠けました。
改めて舞台装置としても怪獣としても際立った存在感を放っていた初代ゴジラは偉大だったな、と再確認。

そしてゴジラを脇に追いやった割に人間パートがつまらなかったですね。
(主人公含め)人間キャラに全く魅力がありませんでした。ひとかけらも。
ゴジラ作品で人間ドラマを重視すると碌な事にならないことを思い出しました。
シンゴジラの成功で忘れていたけど。

褒める点を挙げるとすれば怪獣の造形でしょうか。
ギドラのデザイン・設定は結構好きです。
3部作全体で言うなら、ゴジラ・アースも格好いいと思うし、
メカゴジラの決戦機動増殖都市というアイディアも面白かった。
総じて怪獣の造形や設定は良かったと思います。
それだけに怪獣にもっとスポットを当てて欲しかった。

・・・・・

劇場公開するほどの作品ではなかったな、というのが3作通しての評価です。
ゲームの初回購入特典などでよくある、映像特典とするのがちょうど良いぐらいの作品。
外伝とはいえ本作がシリーズに列挙されるのが嫌になる。

sukacinema
さん / 2019年2月21日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報