ジュリアン : 映画評論・批評

メニュー

ジュリアン

劇場公開日 2019年1月25日
2019年1月8日更新 2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにてロードショー

止まらない時限爆弾。DVを食い止められない司法と行政への監督の静かな抗議

映画の冒頭、約15分間におよぶ離婚調停場面の最初に、11歳の息子ジュリアン(トーマス・ジオリア)の陳述書が読み上げられる。「あの男が来るのが怖くて外で遊べない」。「あの男」とは、父親のアントワーヌ(ドゥニ・メノーシェ)のこと。母のミリアム(レア・ドリュッケール)に暴力をふるい、実家に避難した家族を執拗に追って来るアントワーヌは、ジュリアンにとって脅威でしかない。その思いを彼は切々と陳述書にしたためるが、判事には届かない。おそらく失業中のミリアムは頼りない母親だと判断され、定職があるアントワーヌは社会性のある人間だとみなされたからだろう。アントワーヌは共同親権を認められ、ジュリアンは隔週の週末を父と過ごさねばならなくなる。母親に被害がおよばないように、迎えに来た父の車に渋々乗り込むジュリアン。その瞬間、時限爆弾のタイマーにスイッチが入る。

画像1

この映画は、DV(家庭内暴力)を題材にしたヒューマンドラマだが、それ以上に息詰まるサスペンスの要素が強い。離婚調停後に起こる出来事をジュリアンの視点から体験する私たちは、アントワーヌという爆弾がいつ破裂するか、ハラハラしながらみつめることになるからだ。ジュリアンとの週末の面会を利用し、ミリアムの電話番号や引っ越し先をつきとめようとするアントワーヌ。一方のジュリアンもできる限りの抵抗を試みる。母の電話番号を自分の携帯から消し、母を父の魔の手から遠ざけようとする。が、「愛する家族のことを知ろうとして何が悪い」と思うアントワーヌは、拒絶されればされるほど一方的な家族愛を強めていく。

時限爆弾の導火線は燃えるスピードを速め、恐怖に張りつめたドラマは戦慄のラストシーンに突入する。この場面が冒頭の離婚調停と対を成すように15分間に設定されているのは、決して偶然ではないだろう。始まりがあるから終わりがあり、原因があるから結果がある。沈黙するエンド・クレジットが、DVを食い止められない司法と行政に対するグザビエ・ルグラン監督の静かな抗議を物語る。

矢崎由紀子

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全3件)
  • 耳を研ぎ澄まして観るべき映画 ‪試写会で鑑賞。離婚協定中の夫婦、とその子供たちの話。母を庇おうと幼いながら知恵を尽くすジュリアン。母と父、どっちが本当のことを言ってるのか最後まで分からない。姉ちゃんのトイレのシーンが好き。ラ... ...続きを読む

    さとう さとうさん  2018年12月6日 10:18  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 緊迫感が凄い 日本は離婚後に単独親権になりますが、フランスでは共同親権となります。 そしてこの作品は共同親権を題材としており、母親視点・父親視点で見方が変わり、非常に興味深い作品でした。 終盤に近づくにつれ、... ...続きを読む

    mt mtさん  2018年12月5日 14:43  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 瞬きできない 真実は??の思いから、最初からうがった見方をしながら鑑賞。物語が進むにつれて、展開が気になって仕方ない。ラストは何が起こるか予想できず、恐怖から背筋が伸び、瞬きできなかった。 ...続きを読む

    ちーきー ちーきーさん  2018年12月5日 11:13  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi