劇場公開日 2018年12月28日

  • 予告編を見る

「この作品こそが障害者を差別している。」こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 はるさんの映画レビュー(感想・評価)

3.7255
17%
61%
19%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

1.5この作品こそが障害者を差別している。

はるさん
2019年1月14日
iPhoneアプリから投稿

評価:★★☆☆☆ 32点
作品の評価は高いので、私の性格が屈折していると思って読んで頂けると嬉しいです。

この作品の感想は、難病もの映画をユーモアに描き、毎日を明るく必死に生きていた鹿野さんを描いたエンターテイメント作品としては良い作品だと思いますが、実際の鹿野さんの生き様と脚本にかなり乖離があると感じ、全てを美談として、まとめようとしたことに違和感がありました。

原作、史実は本当に鹿野さん、ボランティアスタッフはこの通りだったのでしょうか? 凄く疑問です。というのは、劇中からでは鹿野さんの魅力が全く描けていないため、なぜ彼の周りに人が集まるのか、無償で時間を使って、ボランティア活動をしているのかわからなかったからです。

また作品の中で鹿野さんの発言は終始、矛盾があったと思います。
本人は対等というが、ボランティアスタッフを奴隷のように指示し、家族の世話になりたくないといったにも関わらず、終盤で私の家族だと発言したりなど、脚本でもう少し彼の良い部分をクローズアップするべきだと思います。

鹿野さんの魅力は障害者だからといって、「我慢しない、遠慮しない、出来ないことは出来ないという」ことだと勝手に解釈しました。自分の身の周りのお世話をするボランティアの人達と対等に会話をし、時にはぶつかり、喧嘩をし、時には励まし合い、そこから真の友情や恋愛が生まれて、本当に意味の対等な関係を築いたのではないかと。

しかし、この作品は鹿野さんの横暴なわがままに高畑充希が冒頭で「何様だ?」と言及するだけで、後はまるで彼の信者のようにボランティアスタッフが従い「障害者だから、誰も文句を言えない」という構図をこの作品が作りあげてしまっているように感じてしまいました。もう少し受け入れられないスタッフや喧嘩などを作中に描きエンタメ要素だけではない、リアルなどを描いても良かったと思います。

面白くなる要素はあったのに、とてももったいない作品だと思いました。これを鑑賞するなら、同じ障害者をテーマにした『博士と彼女のセオリー』『ワンダー 君は太陽』『最強のふたり』『世界一キライなあなたに』の鑑賞に時間を使った方が良いと個人的には思います。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 9 件)
はる
クリストフさんのコメント
2020年7月1日

確かに一理あると思います。
ただこの作品は障がい者がテーマというより、正直な生き方、がテーマだと思います。
その意味では「最強のふたり」とかはテーマ的に近いのかな。

クリストフ
「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のレビューを書く 「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のレビュー一覧へ(全255件)
「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の作品トップへ