劇場公開日 2018年9月8日

  • 予告編を見る

1987、ある闘いの真実のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全63件中、1~20件目を表示

4.0迫力あり

chazさん
2019年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

役者もカメラも、ひたすらグイグイ迫ってくる。
個人的には、お約束のギャグ、わかりやすすぎる決め台詞と演出、二枚目とかわいこちゃん(古!)の淡い恋など、韓国映画の「匂い」が少々鼻についた。

民主化運動のクライマックスで太極旗が飜るシーンは美しい。

声高に嫌韓を叫ぶ人も、ときにこのような映画を見ると良いと思う。
自分で考え、誇りを失わずに生きようとする人は、時代と国境を超えてカッコいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chaz

4.0もし、これが日本だったら?

2019年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ある韓国エンタメや韓国映画ファンのツイッターのフォロワーから薦められて短期集中上映
で観るチャンスがあったので、観てきた。本当に勉強になった映画。民主化運動、軍事独裁時の韓国はまだ小学校でニュースで観る程度だったが、記憶が薄れてきたので再確認ができた事と軍事独裁政権下の政権の中、生きてきた韓国軍事独裁側と市民側の動きを出演者が
見事に演じていた。韓国映画と言えば欠かせないソル・ギョング、ハ・ジョンウの演技を
初めて観たがやはりオーラが違う。また、韓流ドラマでおなじみのイ・ヒジュン、カン・ドンウォンがこの映画のキーマンだが、演技が上手い。もちろんユ・ヘジンも。採点は拷問シーンはやはりマイナス。しかし、今の日本もこの映画のようになりかねない危険がある。
韓流エンタメファンはぜひ必見の映画だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ナベウーロンティー

5.0それぞれの信念

yukarinさん
2019年9月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

タクシー運転手を観て、民主化運動を少しネットで調べて見ていたからか、
あの作品を観たときほどの強い衝撃は受けなかったけれど、それでもやはり違う形の衝撃を受けた
そして、これは、わずか32年前の出来事
わずか32年前に、すぐ近くの国で、実際に起きていた出来事

パク所長を初めとする政権側で動く人々も、きっとずっと自分の信念や正義を貫いていただけだったのだろうけれど、どこかから、なにかが歪んでしまったように見えた
そして、もはや時代はその歪みに気づき、見逃さなかった

そうして歪みに気づき、自分の中の違和感のようなものから目を逸らさず、時に命懸けで勇気を振り絞って行動を起こした人々
それが今の韓国に通じているのだと思った
何かが起きると、大きなムーブメントを起こす隣国の国民性は、時代を変えても続いているんだなとも

そして、映画の中に出て来る7年前の光州事件の映像を見て、それがどれだけ意味のあるものかを考えていた
ある意味、命懸けでそれを撮影し、国外に持ち出したピーターさん、同じく危険を知りながら同行したタクシー運転手、そして、彼らを助けた光州の人々、
彼らの信念と勇気がなければ、闇に葬られていたかもしれない事実

歴史の中には、時間が経過しなければ、語ることの出来ない真実があるように思う時があるけれど、きっと今なのだろうなと思った
あの時代を語れるタイミングは

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
yukarin

5.0重厚

2019年9月8日
iPhoneアプリから投稿

これぞ韓国映画。観るべし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
@Jankichi@

4.0軍事政権下の韓国

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

学生運動家が不審な死を遂げる。
当時、力を持っていた軍事政権は、取り調べもやりたい放題で、この学生も拷問で死んだのだが隠ぺいを図る。
しかし、徐々に情報がリークされ、同時に民主化運動も盛り上がっていく。
これが韓国の30年ほど前の歴史、今につながっている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0韓国映画の良さてんこ盛り

2019年8月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

とても良かった。
最初分かりにくいから、
あらすじを観てからの鑑賞をオススメしたい。

1人の学生の拷問死に疑問を持った検察と記者。
ここで揉み消されていたら、
と思ったらゾッとするけど、
革命が起こる瞬間って、こういう小さな気付きから
大きくなって行くのだなと、
気付けば自分も大きな波に飲まれて
デモの一員になった気持ちだった。
体制に疑い、
権力に立ち向かう人たちの姿に胸が熱くなった。

韓国映画お得意の男の熱いやり取りだけじゃなく、
甘酸っぱい恋愛も描かれてて、
それも、この事件を身近な物だと感じさせる
役割を担ってて良かった。

やはり、敵が魅力的なのが良い。
警察は反共、アカ狩りに信念を燃やしてて、
何も悪い事をしてないだろ?という狂気に満ちていて
恐ろしかった。
所長の過去も明かされて、アカ狩りを生き甲斐とする
のは分かるけど、
結局同じ事をやってる事に気付いてないのも
恐ろしかった。

韓国俳優オールスター総動員も
映画の厚みを増しててとても良かったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
奥嶋ひろまさ

5.0けして他人事ではない。

2019年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

怖い

興奮

業務上過失致死の容疑で取り調べを受けていた医師が取り調べ中に死亡した。いわゆる手術の失敗による患者死亡を疑われての逮捕であったが、明らかにあり得ない体の部位に挫傷の痕跡が見られ、死体を解剖し疑問を抱いた法医学者が拷問による殺人があったとして告発した。しかし取り調べをした二人の刑事は嫌疑不十分で不起訴となった。2010年日本の奈良であった出来事。本作の23年後の日本である。大阪の地方裁判所裁判官襲撃事件で容疑者の拷問取り調べによる冤罪事件も記憶に新しい。そもそも韓国の警察の拷問による自白強要は大日本帝国支配時代から引き継がれたものであるとか。それはまさに21世紀となった日本でいまだに自白の強要による冤罪が絶えないことが証明している。取り調べの全面可視化が日本で進まないことに納得。都合の悪い所を見せたくないのであろう。そして今の政権下で共謀罪、秘密保護法、盗聴法改正と戦前の治安維持法が復活するなかで、敗戦によりアメリカから与えられた民主主義を享受するだけの日本人に香港で起こってるようなデモ活動を期待するのは無理なのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
レプリカント

5.0韓国の近代の実態を生々しく抉りだした傑作

NOBUさん
2019年6月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

韓国の近代を生々しく描いた傑作。2018年は「タクシー運転手 約束は海を越えて」という同じく政治的テーマの光州事件を描いた作品が大ヒットしたが、こういう作品群を観ていると韓国映画界の熱量、制作陣の気概を感じる。

<2018年9月15日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

4.0引き込まれました

tunaさん
2019年5月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

あっという間にの2時間でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

4.0よくできている

2019年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

久々に韓国映画を見たが、これもまたよくできている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
critique_0102

4.5凄いパワー

2019年5月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

興奮

韓国のこういうパワーは本当に凄いと思う。デモのパワーの意味だけでなく、こんな映画をつくれるという意味でも。他の方が指摘していた通り、自国の黒歴史を隠すことなく、反省を忘れずに語り継いでいるところに感心させられます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
モロッコガール

4.0韓国における市民社会の礎を知る

Rosaさん
2019年4月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

史実に基づいたストーリーを、ドキュメンタリータッチで描いた映画。
私と同じ世代の韓国の若者たち(大人もだが)が、日本とはかなり違う厳しい現代史を生き抜いて、今の韓国を作り上げて来たのだということを、この映画を通じて改めて実感させられた。こういう背景を知ると、最近の朴槿恵政権への抵抗運動(ローソク革命)がなぜあんなに盛り上がったのかも、理解しやすくなる。政権の横暴を黙って見過ごすと、大変な事態となる。国民一人一人が立ち上がることで、政治を変えられるという実感が、韓国では今も根付いているということなのだろう。
1987年、それなりに政治や社会に敏感な大学生だったはずの自分が、こうした隣国の状況を殆ど知らなかったことに、改めて驚かされる。
役者たちの高い演技力に支えられ、また作り手たちの、社会や国家に対する怒りや情熱を強く感じさせられる。
有名な俳優が数多く登場して熱演を見せる場面が連続していくが、最も心を揺さぶられたのは、怒りを爆発させた大勢の市民たちの声が重なり合って響き合うデモの場面だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Rosa

3.587年にしてこの状況

Kjさん
2019年3月25日
iPhoneアプリから投稿

経済発展とソウル五輪。隣国にいてあまり理解していなかったことではある。現代韓国史について勉強する良い機会になる。30年経った現在、民主化をどう評価しているのだろうか。
抑圧と闘争の構図はわかりやすく、パク所長の存在感はその構図を十分に支える。サスペンスな展開、エンターテイメント要素も多く、飽きはこない。序盤の政治抗争的な話から、後半、一般人ヨニに話の軸が移る流れは、これがこの国の極一部での抑圧ではなく、これを観る一般人に対する抑圧であることをよく示し、又、運動の社会的広がりと呼応して、クライマックスに交響曲のような効果を与えている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

5.0日本では不可能な映画

2019年3月23日
iPhoneアプリから投稿

政治的な映画は
作れ無い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
デビットボーイ

5.0国家を揺るがしたタブーを真正面から描くエモーショナルな傑作ドラマ

よねさん
2019年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ソウル五輪を翌年に控え、脱北者のパク所長率いる南営洞警察はアカ狩りに血眼になっていた。いつしか容赦ない拷問による取り調べは一線を越えてソウル大学の学生を取り調べ中に死なせてしまう。警察は証拠隠滅のため即座に遺体を火葬をするべく地検に申請を出すが、担当検事のチェは遺族の同意を得ているとも思えない迅速な対応に躊躇する。余りにも露骨な圧力が降りかかってくることに怒りを募らせたチェは申請を却下、遺体の保存命令を出す。

小さな抵抗がやがて韓国全体を揺るがす民主化闘争へ加速していく様を幾重にも重ねられた人間ドラマで丁寧に綴る壮絶な社会派ドラマ。韓国現代史における悪夢そのものである事件をキム・ユンソク、ソル・ギョング、カン・ドンウォン他の豪華スターキャストで映画化、残念ながらわが祖国が100年先にもなし得ないことをものすごい熱量で実現してしまう韓流映画陣に正直足を向けて寝れないです。勧善懲悪という安易な筋にすることなく、登場人物達の抱える心情を時には軽快でコミカルに、時には凄惨に抉り出す演出の巧みさにはもちろんのこと、こんな壮絶にポリティカルなサスペンスにツンデレロマンスまで滲ませられたらこちらの魂が激しく揺さぶられてもう涙が溢れてしょうがないです。国家を揺るがしたタブーを真正面から描きつつもあくまでも血湧き肉躍るエンターテインメントに仕上げられた傑作、グウの音も出ません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

4.0つい最近の話

takuさん
2019年3月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taku

4.5いい顔たち

2019年3月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画ゴラク

4.51987 ある闘いの真実

BABAさん
2019年3月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

全斗煥による軍事政権における拷問を暴く話。
1970年頃、「東亜日報」への弾圧があり、
時々出てくる「金大中」(キム デジュン)という政敵の名前。
彼は1973年に飯田橋のホテルグランドパレスから拉致され、1985年に全斗煥大統領の下で政治活動が解禁された。
そして、「タクシードライバー」で描かれた「光州事件」
こんなことを背景に見ていくと、韓国における「軍事独裁」の中身が見えてくる。
分かりやすいメッセージ映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
BABA

4.0光州事件からの長い闘いと道のりを経て、民主化の陽が昇る

近大さん
2019年2月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

知的

韓国映画はサスペンス/バイオレンスに傑作多いが、社会派映画にも見応えある力作多い。
実録物なら尚更。
いつぞや見た『タクシー運転手 約束は海を越えて』に続き、こちらも大変良かった!

1987年、軍事政権下の韓国。
警察による反体制分子摘発が激化。
デモに参加した大学生が警察によって拷問死。
それをきっかけに、民主化の火種が拡がっていく…。

韓国の当時の政治背景が絡み、小難しそうに思うが、何て事ない。
独裁政権/国家権力によって一人の一般人が殺された。
こんな暴虐をこのままにしていいのか…?

大学生を殺したのは、誰もが名を聞いただけで震え上がる某警察。
捕まったり、連行されたりすれば、そこで終わり。
その警察の実態とは…、ゾッとするほど恐ろしい。
取り調べという名の拷問は、暴力、水責め、電気ショック…。
拷問殺人の他に警察ぐるみで、隠蔽、捏造、横領…。
所長は絶対君臨者。部下は死の執行人。
こいつら、本当に警察か…?
もはや警察に非ず。
“警察”という皮を被り、“権力”という武器を行使し、質が悪いってもんじゃない。
やくざや犯罪組織以上の極悪さ。

当然、こんな暴虐が隠し通せる筈がない。
検事が捏造された大学生の死に不審を抱く。
新聞社がスクープする。
真実を知る刑務所看守は隠蔽に苦しむ。
仲間の大学生たちは闘争に立ち上がる。
多くの人々が現体制に立ち向かい、各々闘いに身を投じていく様を活写する。

極悪警察組織はダーク・サスペンス。
立ち向かっていく検事や新聞社はこれぞ社会派映画!
真実を知る看守のドラマは人間味たっぷり。
民主化に協力する神父らへの情報伝達などスパイ映画のようなスリリングさ。
学生運動の青年と看守の姪の青春ドラマ風の当時の風俗やスパイス的なユーモアも織り込み、群像劇スタイルの社会派エンタメとして、本当に面白く出来ている。

『チェイサー』のキム・ユンソクとハ・ジョンウが再び対立し、『タクシー運転手~』にも出演したユ・ヘジンや名優ソル・ギョングらベテラン、『お嬢さん』のキム・テリや『MASTER マスター』のカン・ドンウォンら若手、韓国実力派の面々のアンサンブル。
『ファイ 悪魔に育てられた少年』のチャン・ジュナンの演出も上々。

『タクシー運転手~』の題材である光州事件にも触れられ、そちらも知っておく(もしくは『タクシー運転手~』を見ておく)と、よりいいかも。
本作は、光州事件から7年後の事件。
言い換えれば、今から僅か30数年前。
『タクシー運転手~』の光州事件の時もそう感じたが、遠い昔ではないつい数十年前、お隣の国でこんな大事件があったのだ。

しかし、驚くべき事ではないかもしれない。
今も“北”の方では軍事独裁政権が続いてるではないか。
韓国も日本も昔はそうだった。
が、いつまでも民衆が苦しむ政権が続いたりはしない。
いつか必ず、民衆が立ち上がる。

その時は、多くの民衆が傷付くだろう。血を流すだろう。犠牲になるだろう。たくさんの悲しみに溢れるだろう。
苦闘の末に礎が築かれた、民主化までの長い道のり。
民衆の声を聞け。
民衆の声に耳を傾けろ。
民主化の陽が、昇った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
近大

4.5二本立て二本目。 なんとタイムリーな作品。韓国政府がレーダー照射問...

2019年2月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

二本立て二本目。
なんとタイムリーな作品。韓国政府がレーダー照射問題等で嘘つきまくることが理解できる(笑)
反共とか言いつつやってることは北と何ら変わらぬ組織。そしてそんな組織が絶大な力を持つ。怖すぎです。おそらくこの体制、今も色濃く残っているんだろうと思います。
日本が進んでるわけではないが、正直これに比べるとまし。韓国は政治的にはまだまだです。
しかし、映画的にはすごい。この作品、有名な役者がいるわけでもないのにずっと飽きさせません。映画的には我が国は完敗だと思う。
これ見て安易にデモとかに参加するのだけはやめてほしい。怪しい思想の方も多いのです。
とっても美しいヨニが最後…そこがやや不満なのです。
いやー素晴らしい作品です。見るべきです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ
「1987、ある闘いの真実」の作品トップへ