性別が、ない!インターセックス漫画家のクィアな日々のレビュー・感想・評価

性別が、ない!インターセックス漫画家のクィアな日々

劇場公開日 2018年7月28日
2件を表示 映画レビューを書く

ようやく

世はLGBTという表現で括ろうとしているが
既に、LGBTQ (クイア)やLGBTX(ジェンダーX)
という言葉が主流になっている

この映画はその当然の流れというか言葉を知らない人たちに
知らしめたという点では評価できるが

ただ、映画とは少し逸れるが、WHOやDSMでは
性自認を主流とする流れとなっており
未だに性同一性障害という言葉を使っている我が国は
世界の潮流からは周回遅れとなっている

性の同一性や自認で苦しんでいる人に
性別適合手術を受けないと、望む性になれない
ことは、メスでさらにこのような人たちを苦しめ
傷つけるという観点から、
新WHOやDSMのガイダンス改定
からは性同一性障害は消えている

SOGI(SOGIESC)という表現を国連は何年も前から使っており
詳しい人は、LGBTという陳腐化した言葉はもう使わない流れに
なってきている

尤も、英国でさえ、1960年代までは男性のゲイは
犯罪として取り締まりとなっていたということを知らない人は
実は多い。

みどく
みどくさん / 2018年12月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ドーピング注意

身内ドーピングで点数あげるのやめましょう、ダメですこの映画

マーティー
マーティーさん / 2018年8月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報