バハールの涙のレビュー・感想・評価

メニュー

バハールの涙

劇場公開日 2019年1月19日
41件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

息子救出のため戦う母。その悲壮な決意に胸を射抜かれる

静かな村がISに襲撃され、夫や親を目の前で殺されて、女性たちは拉致され性奴隷に。さらに奴隷市場で売買される。しかし自暴自棄になることなく、勇気を振り絞って命がけで脱出。だがそこで話は終わらない。やはり拉致され兵士養成施設にいる子供たちを救い出すため、母親たちが自ら兵士となり戦場に向かう。なんという壮絶なストーリー!

端正な顔立ちのゴルシフテ・ファラハニが演じるバハールは架空のキャラクターだが、エバ・ウッソン監督はISに拉致されたクルド人女性たちに取材しバハール像を創り上げた。クルド人の苦難の歴史や、アラブ社会でISが行ったことについて、予備知識があればプラスにはなるが、知らなくても問題ない。子を思う母の強い愛という普遍的なテーマを描いているからだ。

アメコミヒーロー映画でも女性が主人公の作品がぼちぼち作られているが、バハールと「太陽の女たち」こそリアルなスーパーヒロインだ!

AuVis
AuVisさん / 2019年1月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

静と動

静と動を上手く表現している作品。戦場に生きる女性の強さがヒシヒシと伝わってきた。悲劇に負けずISに立ち向かう姿は素晴らしい。
2019-72

隣組
隣組さん / 2019年4月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

衝撃過ぎた…

いや〜、観るに耐えられない場面が多々

ホラー映画なんか比べられない程の
心臓バクバク 血圧上昇 手に汗握る…

母の子供への愛は強く逞しい

自由への30メートルではもう祈ったよマジ!

ある意味で5つ星⭐️です

H1DE!
H1DE!さん / 2019年3月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

圧倒的なドキュメンタリー的訴求力!

女性部隊の隊長バハールと、一緒に戦場を回る従軍記者マチルドのふたりの視点で、ISが横暴を奮うサハド政権下のシリアでの女性の悲劇と闘いを描いた映画。

ラスト、バハールが右手の銃を高く掲げ、マチルドが応えて右手を高く上げるシーンが、この上なくかっこよい。
この ”かっこよい“ は決して上っ面な意味ではなく、ふたりの生き方への賛辞として。ぜひ観て、感じてください。
基本的には銃声だけが響く戦場シーンに、バハールがたどってきた過酷な過去を振り返るシーンが混ざり合って進む。緊張感だけがずっと途切れない。

息子を救出できるかどうかのエンタテインメント映画でありながら、ドキュメンタリー的な訴求力を圧倒的に持つ映画だ。まさに映画の価値のひとつ!

CB
CBさん / 2019年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ハリウッドの派手な作品に見慣れてるので物足りなさも

派手さや目を覆うような場面は控え気味ドラマがメインで昔の邦画の戦争映画のような流れ?

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2019年3月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なりふり構わぬ、愛が成せる力強さだった。 彼女達の底知れぬ力は、地...

なりふり構わぬ、愛が成せる力強さだった。
彼女達の底知れぬ力は、地位と名誉のために戦う力とは比にならないものだった。
沸々と湧き上がる彼女たちの感情をよそに、安らかにまるで愛するものを抱くように眠る、支配する者たち。
嘲笑うかの様に彼女たちは力強く立ち向かう。ただ子供への愛情の為に。

Chiharu
Chiharuさん / 2019年2月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女と命と自由のために ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

英題は”Girls of the Sun”。
眩しい日の光を、大地の恵みを、ISの黒い旗で覆い尽くされてなるものか。

若い女性達が、命も顧みず、銃を手に取り我先にと、戦闘の最前線に進み出ることがどれだけ異様なことか…。平和ボケしているととても実感が湧きませんが、この現実を生き抜いている女性達がいるという真実を、せめて知ることができました。

一旦銃を構えれば、消極的な男性上官よりむしろ勇ましいくらいでしたが、仲間を起こし、労わり、葬る普段の彼女達からは、女性らしい温かな優しさが伝わってきました。

産気づいてる妊婦が、破水しながらも自由を求めて必死に歩く姿は壮絶で涙が出ました。

他国の援助を得るには、世論の関心を高めることも重要。戦地で真実を伝えるジャーナリストも、カメラと言葉という武器で戦う戦士だと思いました。Mathildeは、シリア政府に暗殺された実在の女性記者Marie Colvinがモデルです。

everglaze
everglazeさん / 2019年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

この状況は ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

たまにニュースでも報道されるISの話ですがあまり知識がないので観てきました。

想像以上に酷かったです^^;

いきなり襲撃してきて片っ端から射殺(T . T)

女子供は拉致してレイプ(T . T)

そこから失うものは何もないとして目には目を歯に歯をで武装化して対抗するしかない姿は言葉が出ませんでした。

でもラストで息子と再会出来た時はホッとしました。

heran
heranさん / 2019年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

戦争の不条理さに胸を突かれました

ISと闘うクルド人女性戦闘員とその部隊を描くヒューマンドラマ。ISの残虐さ、特に女性に対する卑劣な暴力は既に数多の報道で知られているところですが、ISに囚われながら奇跡の生還を果たしたクルド人女性バハールが、兵士になってISの掃討に身を捧げる姿を報道者目線で描いてくれました。作中の戦闘シーンは思いのほか地味ですが、案外それが現実なのかも知れません。しかし、明日も生きていられるのか分からない、ヒリヒリとするようなリアルな戦場の緊張感は十分に伝わってきましたし、命からがらやっとの思いでISから逃れてきたのに、今度はより一層危険な戦場に向かう彼女の生き様を見ていると、彼の地で現在進行形で起こっている事柄の不条理さに本当に胸を突かれる思いがしました。

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2019年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

凌辱されたにも関わらず、強く優しくなれるオンナの生き様 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

IS(イスラミック・ステート)が恐れた、女性だけで構成された戦闘部隊"太陽の女たち"(Les Filles du Soleil)の話。

主人公の"バハール"は、クルド人の女性弁護士。イラクのクルド人自治区で幸せに暮らしていたバハールは、ある日突然、ISに村を襲撃され、息子を奪われてしまう。

男性は即時処刑、女性はISの兵士にあてがわれ、男の子は戦闘員としての育成訓練に連れていかれてしまった。

バハールは、国際的な支援によって、なんとか脱出に成功するが、安全な地域で避難生活を送るどころか、同じ被害女性だけの戦闘部隊、"太陽の女たち"を結成し、ISとの最前線での戦いに身を投じていく。

この作品が秀逸なのは、フランス人の女性ジャーナリストのマチルドが、バハールを取材するという形で、戦闘の最前線が描かれているところ。ここに、まるでドキュメンタリーのような緊張感とリアリティが発現する。余計なセリフがないのに、マチルドの取材行動が前線での状況説明を補完しているのだ。

やがて立場は違えど、マチルドとバハールは女性同士で共鳴し合うようになっていく。この映画で描かれるのは、肉体的にも精神的にも凌辱されたにも関わらず、強く優しくなれるオンナの生き様だ。

どんどん引き込まれて、だんだん現実味を帯びてくるのだが、実はマチルドもバハールも架空の人物だったりする。

監督・脚本は、やはり女性であるエヴァ・ユッソン監督。複数の女性クルド人戦闘員に取材はしているものの、主人公のバハールは、創作された人物。イスラム原理主義らしいのは、ISは"女に殺された者は天国に行けない"と信じているところで、やがてISの戦闘員たちは、武装した彼女たちを恐れるようになっていく。

一方でジャーナリストのマチルドも、モデルとなる2人のジャーナリストの合成である。

モデルのひとりは、文豪アーネスト・ヘミングウェイの3番目の妻で従軍記者として活動したマーサ・ゲルホーン。エミー賞を受賞したテレビ映画「私が愛したヘミングウェイ」(原題:Hemingway & Gellhorn/2012年)で、ゲルホーンをニコール・キッドマンが演じている。

もうひとりは、海賊のように片目に眼帯をしたメリー・コルヴィン(Marie Catherine Colvin)である。世界中の紛争地を渡り歩き、戦地で負傷した左目に黒い眼帯がトレードマークになっていたジャーナリスト。

彼女の生涯を描いた映画「ア・プライベート・ウォー」では、コルヴィンを演じたロザムンド・パイクが、ゴールデングローブ賞の最優秀主演女優賞(ドラマ)にノミネートされている。今年(2019年)秋公開予定である。

オンナの監督が作った、オンナのジャーナリストの視点による、家族のために戦闘の最前線で戦うオンナたちの姿。

(2019/2/5/シネスイッチ銀座/シネスコ/字幕:不明)

Naguy
Naguyさん / 2019年2月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

本当に見たくなくて、本当に見なければならない映画

本当に見たくなくて、本当に見なければならない映画だった。
日本では絶対に聞くことのない無機質な銃声が響く戦場で戦う女性。

「私たちの経験ほど悲惨なものはない」
そう言うバハール達。
世界では、一体何人の女性がそう思っているのだろう。

けれど女性の皆さん。全男性を敵だと思わないでください。
私が鑑賞した回の劇場の観客の大半は、中年の男性でした。
みんな、必死で理解しようとしています。みんな必死で共に幸せに生きようと思っています。
どうか一部の異常者を、一般的だと思わないで。
争いのない世界を、共に作っていきましょう。

カルテット
カルテットさん / 2019年2月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

異様な世界

人間を傷つけることが戦争の一面であれば、傷ついてもそれを癒すように戦闘に入っていく人もいる。

誰も銃を持たなくていい日が来ることを切に願います。

Momoko
Momokoさん / 2019年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

性差があっても等しく同等

胎があるということはそれだけで「優遇」されたり「蹂躙」されるのか。畏れのせいか?

戦争モノが好きな人には「素晴らしい戦争テーマの映画」であることを、
人間ドラマが好きな人には「暗闇の中でも諦めずに希望を手にする映画」であることを、
そして戦場という場所が、ただ意図的に数を合わせた活躍ではない男女同権の場であることを見る。
女だって権利があると意図的に女性を選別する映画のうわべだけの薄っぺらいことよ。
だがこの映画は誰よりも悲惨な目に遭わされた女、人間の希望を失わない映画だった。

重苦しい場面も手に汗握る苦しい場面もある。
気軽に見れないかも知れないが、素晴らしい作品だった。

夢は映画館の部屋を作ること。
夢は映画館の部屋を作ること。さん / 2019年2月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

自己責任

クルド人、IS、アサド政権、アメリカの立ち位地など、政治音痴の自分には分からない。僅か数年前に世界ではこういう事があったのだと、平和ボケした自分に気づく。昨年、日本でも自己責任騒動があったが、やはりジャーナリストは危険を冒してまでも、真実を伝えなくてはいけないことを痛感した。

hanataro2
hanataro2さん / 2019年2月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

女 命 自由の始まり

限りなくノンフィクション。
現在進行形の戦いと過去に起きた凄惨な経験を交互に見せるつくりが身に刺さる。

女性記者マチルドと女性兵士バハール、立場は違えど目的を持ち勇気を持った行動とその境遇はどこか似たところがある。
力強いバハールの瞳は、大きな痛みを抱えて時折どこか虚ろになる時も。
それでも仲間を鼓舞し、情に厚く作戦を引っ張る姿が本当にかっこいい。
戦場の歌声に胸が震えて涙が止まらなかった。

平穏な生活がいきなりぶち壊され、人間としての尊厳をことごとく削られる恐怖。
バハールの過去はその場の女性皆んなの過去で、戦う人も死んだ人も行き場のない人もそれぞれ壮絶な経験をしているという事実が辛かった。
数少なく差し伸べられる手を掴めるかどうかのせめぎ合い。「逃げて殺されるなら本望」か…。

こんな状況でも新しい命が産まれて、まさに死が生を産む瞬間を目の当たりにする。
母は強し、なんて簡単に言えたものじゃないな。
もう一人のバハールがどうか幸せと平穏のある未来を生きていけますように。

真実を伝えること。マチルドが放った世間の人の反応には耳が痛かった。
日本人記者が捕らえられるニュースが流れても「自己責任」だと冷たく放す世論に私もわりと同意だったから。
ワンクリックで済ませていたことをほんの少しでも知ってしまった時、どうしていいか分からなくなる苦しさに襲われる。

物語がひと段落しても戦いは終わらない。
ISによる暴虐は今なお続いていて、この事実にどう向き合えばいいんだろうか。知ったところでできることなんて何も無い。
それでも、伝えてくれる人がいる限り受け取りたいと思うようになった。
バハールの拳に、マチルドと同じく生命力を貰った気がする。

KinA
KinAさん / 2019年2月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

知らない世界が目の前で繰り広げられていた。同じ地球上にふたつの世界...

知らない世界が目の前で繰り広げられていた。同じ地球上にふたつの世界が存在する事を改めて痛感、自分は悲劇に向き合っていない側の人間だとつくづく思う。危険地域に入る記者の覚悟に敬意を表する。悲惨な状況の中での女性の強さ、母親の愛が美しかった。

tsumu miki
tsumu mikiさん / 2019年2月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

壮絶

深夜にISに襲われて夫と親を殺されて、性奴隷になって、何度も売り買いされて、必死で逃げ出して。
なのに、子供を救うために兵士となって立ち向かっていく。

子供を救うために人を殺す。

母は強し
女性は強し

ぴょ♪
ぴょ♪さん / 2019年2月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ISの恐怖、すぐそこにある戦争の闇

ISについては日本でも話題にはなっていたが、邦人が関係していない限り、他人事というような報道だった。この作品を見ると、クルド人の特に女性が、どのような状況に置かれたのかの一端を知ることができる。
主人公を女性記者にしているのも、仕事と家庭への愛情の葛藤など女性の目線を重視した作品になっている。
戦闘シーンも、それほどドラマチックにしていないのが余計にリアルさを感じさせる。

a0064
a0064さん / 2019年1月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ワンクリックの裏の現実

私たちがワンクリックで見る報道の、真実に迫った作品。

女性報道写真家の視点からの現在(戦況)と、
元奴隷であり、いまは前線に立つ女性戦闘員の視点からの過去の出来事と、
二人の視点で描かれている。
(冒頭の場面で、爆発による土煙と、最後のそれとを繋げて見ることができる)

いつ銃弾が飛んでくるか、
いつ死ぬか分からない、
そんな緊迫感を常に醸し出している映像が、見ていて息苦しい。
後ろに流れる音楽が更に緊張を際立たせてくるのだが、若干煽り過ぎにも聞こえる。

アメリカによる空爆が、戦闘員として拉致され訓練された子供たちにも及ぶ、
その危険性というか、いかに無差別であるかも示しているように思われた。

ウマノホネ
ウマノホネさん / 2019年1月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

女性

女性の本質‼
可愛くて綺麗でかよわくて芯は驚くほど強い‼彼女たちはただ身近にいる者を守りたいだけ、、、
戦争の理不尽、恐怖、宗教の歪み、女性を写しながらしっかり表現されてました。
脚本がいいね‼

こっしゃん
こっしゃんさん / 2019年1月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

41件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報