劇場公開日 2019年8月23日

  • 予告編を見る

ドッグマンのレビュー・感想・評価

3.659
14%
64%
19%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全59件中、1~20件目を表示

4.0この小さな町、小さな人間関係に「世界」が透けて見えてくる

2019年8月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

犯罪社会の実相をドキュメンタリー・タッチで描いた『ゴモラ』で注目を集めたガローニ監督だが、最近はその不条理感をファンタジーの領域にまで高めた作品が続いていた。で、今回の新作はというと、久々に小さな町の社会、リアルな人間関係を追求しつつも、観た人の誰もが「寓話的!」と評さずにいられない、一人の風変わりな男の心根に深く寄り添った怪作となった。

誰にでも厄介な友人は一人くらい存在するが、本作の「友人」は怪物クラスに厄介な男だ。関わった全ての人を不幸にするし、心を尽くして付き合っても必ず裏切られる。そんな時、我々はどこまで微笑みを絶やさぬキリストになれるのか。ヒョロッとしてギョロッとした主人公の職業が犬のトリマーという着眼点が面白く、ラストもまさに寓話的なオチが待っている。

この小さな町に、時々、世界が透けて見える。とりわけトランプ誕生後の世界政治は、まさにこれと瓜二つなのではないだろうか。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

4.0本人

2022年1月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

マルチェロ役のマルチェロさんは、普段からあんな感じなのか
違うならかなりの怪演、普段どうりだと..
強いものか、数の多いな場所か、知らずのうちに選択しているだろう
非常に苦しいね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アウトテープ

4.0犬のような男

Franciceさん
2020年12月19日
iPhoneアプリから投稿

イタリアの寂れた町に住む悪魔のように腕っぷしの強いシモーネとシモーネが怖くご機嫌を伺っている犬のトリミングサロンを経営しているマルチェロ。

物語は映像も薄暗く進んでいきます。
近所の人たちとは仲良く、裕福ではないがたまに娘とダイビングしたり幸せそうマルチェロですが、めちゃくちゃケンカも強く町中から恐れられてるシモーネにいいように使われています。

シモーネには逆らえず、たまにエサを与えてもらっては嬉しそうなマルチェロ。

シモーネに逆らえず彼をみる目はところどころでアップで映される犬たちの怯えた目そのものです。

ラストがどうなるのか読めず、食いついて観てました。
ラストは秀逸です。

ただこの映画の最も素晴らしいのはマルチェロを演じる役名も同じ名前のマルチェロさん。
縁起が素晴らしいです。

犬を愛しているところ、シモーネに怯えているところ、鬼気迫る目をしている時、そしてラストの目。

目で全て物語れるようなそんな役者さんでした。
違う出演作品もみてみたいなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Francice

2.0犬好きな心優しい気弱な男…

ケイさん
2020年12月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ケイ

2.5演出の意図があからさまな自己満足の独善的世界観の好悪

Gustavさん
2020年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

3.5レベル高め。

masa008さん
2020年10月20日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
masa008

3.5悪い縁を断つ事も必要!

2020年5月30日
iPhoneアプリから投稿

 マルチェロはシモーネを友達と思っていたのか、怖くて逆らえなかったのかどっちだろう。シモーネの身勝手さは観ているだけで腹立たしい。シモーネがマルチェロの店の壁を壊して盗みに入ると言った時、あの時に断ち切るべきだった。何故そうしない?しかも自分が刑務所に入ってまで庇うとは!本当の事を話して後々シモーネに仕返しされるのが怖かったのか?どちらにしても、マルチェロの決断は間違っていた。あれでは他の仲間に避けられても仕方ない。
 マルチェロの娘がパパのことを好きな事がこの映画の唯一の救い。最後の、事を成し遂げたにもかかわらず、仲間に無視されるマルチェロの長めのアップがとても虚しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
アンディぴっと

4.0アメリカと日本の関係

kossyさん
2020年5月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 親しい相手に悪事を強要させる最終手段「友だちだろ」。相手が他に親しい友だちがいないことを知っての上での言葉だ。もちろん小心者で断り切れない性格をも熟知している奴だ。借金したり連帯保証人にさせるのもこの手口が多い。

 そんな気弱なマルチェロは犬が大好きで、娘を溺愛。犬の心ならすべて理解できるのに、人間関係も犬社会と同じように考えてる節がある。乱暴者シモーネに対しては自分が従順な犬であるかのように、商店街の友人たちもサッカーと食事だけ楽しんでいれば上手くやっていけると思ってる様子だ。

 多分、心の奥底ではシモーネのことを金も払ってくれない酷い奴だと思いつつも、酒を飲ませてくれたり、女の子とダンスを踊らせてくれたりと、ちょっとだけ頼ってくれてるんだという安ど感という餌をも与えてくれるのだ。完全なる従属関係。アメリカと日本みたいなものか・・・

 そんなある日、関係を考える決定的な事件が起こる。ドッグマンの隣の店に窃盗に入るためにマルチェロの店の壁に穴をあけるというもの。シモーヌがドッグマンの店のドアから鍵を使って逃走したため、脅迫されてやったものだと警察もご近所さんもわかっているのに、マルチェロは証言しない。そのため彼が1年間服役することに・・・

 出所してみると、商店主からも嫌われ、マルチェロは再び孤独に。友人関係の修復不可能とわかり、シモーヌとの主従関係を打破するために思い切った行動に出るのだった。

 爽快感があふれるはずだったのに、マルチェロは自分の愚行に気づく。結局は動物的行動に過ぎない。犬と同じだ。人間として人間と付き合うことの難しさをも痛感する。人間の幸せって何なのだ?

 結構暗い雰囲気で終わってしまいますが、わざわざ後から空き巣宅に忍び込んでチワワを救い出すシーンには涙・・・自分もやっぱり犬好き。『グレタ』の保健所のシーンでも泣けたし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

4.5哀しいほど哀れ。彼が何がしたかったのかわからない。娘のために金がほ...

えみりさん
2020年5月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

哀しいほど哀れ。彼が何がしたかったのかわからない。娘のために金がほしかった。少なくとも、街の仲間の中に埋没できない余剰を彼は抱えていた。でもこうなることは見えていて、愚かさの積み重ねをただ見ていく。およそ主人公にはなれないタイプのパーソナリティの描き方が秀逸。風景が美しい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
えみり

3.5へなちょこドッグマン

2020年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

イタリアの海辺の町で犬のトリミングを生業にしている主人公、善良で気の弱いところがあったが、町の嫌われ者で暴力的な男シモーネに従属する関係ができてしまう。
シモーネにはめられて警察に捕まり、1年の刑務所暮らしの後・・・。
へなちょこ男の復讐は、なんというか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.5【”ブルドッグ”を甘やかしすぎてしまい、”飼い慣らす事”が出来なかった、愛すべき犬好きの男の哀話。】

NOBUさん
2020年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

難しい

ーマルチェロは、何であんなに”乱暴者で町の嫌われ者”のシモーネの言いなりだったのだろうか?ー

 盗みを手伝わされたり、クスリを無理やり調達させられたり・・。けれども徐々に、”マルチェロはシモーネの事が好きなんだ。愛する犬と同様に・・。”
 と思うようになった。
 何故なら、マルチェロはシモーネの無茶な要求に”困った顔で”答えながら、時折とても嬉しそうに笑うから・・。

 フランチェスコの遊戯店のゲーム機を、シモーネが壊した時もマルチェロは、おろおろしながら・・”うちの犬が、すいません・・”と謝っている、人の良いおじさんに見えたし・・。(私だけか?)

 ”飼い主の責任”として、シモーネの罪を被って、一年も刑務所に入るし・・。(愛娘アリーダとの約束を果たすための報酬期待もあるけれど・・)
ー日本の法律でも飼い犬が人を噛んだ場合は、飼い主に瑕疵が認められた場合、過失傷害罪に問われたケースがあったよなあ・・。ー

 そして、”飼い犬”が言う事を聞かなかった場合は、”飼い主の責任”として、キチンと”叱らなければならない・・”

 愛娘アリーダと海外の海に行くために、盗みの手助けをした報酬”1万ユーロ”をシモーネが払わない、と分かり、マルチェロはまずは軽く”お仕置き”として、バイクを傷つける。

 が、”飼い犬に手を噛まれ”、身近な海にアリーダと行った時のマルチェロの遣る瀬無い表情・・。

 そして、マルチェロは決意するのだ。
 ”もっと、厳しいお仕置きを!”
 ”飼い犬の粗相”のために、失くしてしまった大切なサッカー友達を取り戻すのだ・・。

 マルチェロが”飼い犬に厳しいお仕置きをした後”に観る幻のサッカー仲間達の姿。
 そして、その仲間たちはもういない・・という現実に気付いた時のマルチェロの表情が何とも言えない。

<狂暴な犬を飼う時には、”首輪”をつけて、きちんとした躾が大切。でないと、”ツケ”は自分に帰って来る・・。
ーあくまで、”犬が苦手”な人間が感じた感想である。ー
 今作は実に”多様な見方”が出来る作品でもある。>

 ■マルチェロを演じた、”マルチェロ・フォンテ”
 この俳優さん、表情と醸し出す雰囲気が良い。
 なかなか、あそこまで親しみを持てる”小物感”を出せる俳優はいないだろう・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU

3.0自分でまいた不条理な種は、自分で刈り取る

regencyさん
2020年4月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

難しい

デカくて粗暴な友人(と一応は思っている)にいいように扱われる気弱な主人公を、どうしようもない不条理が襲う。
主人公を演じるマルチェロ・フォンテが、例えるならMr.オクレにアンガールズ田中のエキスを注入したような、実生活でもいじめられまくってきたのではと思えるほど、実にイイ顔している。
ついでに言うと、開始冒頭で出てくる犬も実にイイ顔している。

主人公に降りかかる不幸は、欲に目がくらんだが故の結果でもあるので、そういう意味では自業自得な面もある。
だからこそ彼は、落とし前として自分でまいた種を自分で刈ろうとする。
道は踏み外してしまったかもしれないが、そこで初めて独り立ちするのだ。

それにしても本作といい、先日観たフィンランドの『アンノウン・ソルジャー』といい、ヨーロッパはどうしてもこうも観終わってダウナーな気分にさせてくれる映画づくりが上手いのか…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
regency

3.5タイトルに偽り無し

maruさん
2020年4月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
maru

2.0主人公の流されっぷり、考えのなさにたびたびツッコみたくなるかつイラ...

2020年3月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

主人公の流されっぷり、考えのなさにたびたびツッコみたくなるかつイライラ。でもこれが実際の事件をモチーフにしてると知り、現実はこんなふうなことの方が多く不条理にまみれているものかもな。。
ただ個人的には後味スッキリ映画が好みの私、ドン引きしてしまいました。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お手紙食べるほうのヤギ

4.5犬は誰か

2020年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

自分の承認欲求を満たしてくれる相手は、たまに会う娘ではダメだったのかな? あんな男を相手にしなくてはならない心のひもじさが辛い。卑屈な笑いが演技とはいえ凄い。最高。

最後に死体をみんなに見せつけようとする誰もいないシーンは凄い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
filmpelonpa

3.0小さいコミュニティでもそこが世界の全てなんてことザラだよね

まん坊さん
2020年1月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

犬好きな男の話。
昔からの腐れ縁なのだろう、ジャイアンのような暴君に振り回されて一見かわいそうに見える男だが、共感はできない。
主人の言う事を聞けば見返りとしてエサをもらえるのを男は知ってる。そう、男はエサが欲しいのだ。それがどうしても浅ましく汚い。
男が孤立していく様もなかなか醜く描かれている。
リアリティは薄いようにも見えた。
餌付けされたペットは主人を失ったらその先どう生きていくのか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まん坊

4.0飼われる犬と飼われる人

andhyphenさん
2020年1月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2018年のカンヌ国際映画祭で男優賞&パルム・ドッグ賞受賞。こんなに犬出てきてパルム・ドッグ逃したら泣いちゃうね!...それはさておき。
繰り返し映し出される同じ街の光景。狭い街。近所の友人。トリマーとしての仕事も順調。離婚してるみたいだけど娘も懐いてる。いかにも平和そうな主人公マルチェロ。
しかしマルチェロの友人(...というかのび太にとっての邪悪なジャイアン?)であるシモーネは、マルチェロを散々に良い様に使う。あれでなぜマルチェロがシモーネを見切らないのか不思議だが、「腐れ縁・暴力による脅迫・口先」の三点セットで丸め込まれている感。それにしても「誰かに殺されないかな」と周囲に思われる男シモーネは激ヤバである...。
よく言えば素直、悪し様に言ってしまえばとにかく間抜けで弱く従順な男、マルチェロ。男優賞を受賞したマルチェロ・フォンテの気弱な、媚びる表情と困った顔がさもありなん...という感じで迫ってくる。とにかく表情演技が凄いのだ。
シモーネの代わりに刑務所で服役した挙句、街の皆から村八分にされ、お金も貰えない哀れマルチェロ。なぜその道をゆくのだ...というくらいの転落っぷり。
最後に立てた計画さえも間が抜けていて。シモーネを怖がっていながら、ひとときの征服感が欲しいのか、信頼があると思っているのか...のび太とジャイアンというだけでは複雑すぎる感情だ。完全に片思いというか、恋愛だったら都合の良い女扱いの筈なのに、どこまでも素直というか、都合の良い解釈に流されてしまうのだ。
結局、街の誰もが恐れてできなかったことを成し遂げてしまうのがマルチェロであり、そこで彼が見る幻影があまりにも切ない。現実は「やったな!」では済まないはずなのだが。
そして、成し遂げてしまった後のマルチェロの表情。堕ちきった後の虚無なのか。友人を亡くしたことへの哀悼か。現実に直面しつつある恐怖なのか。虚無がいちばん近い気がする。飼い主を喪った犬のような、といえば穿ち過ぎか?底なしに堕ちていくさま。
人に飼われる犬と、さらに人に飼われる人。冷凍庫に入れられたチワワは救えても、自己は救えないというのが非情だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
andhyphen

3.5不条理

takuさん
2019年12月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taku

4.0恐るべしドッグマン

隣組さん
2019年11月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

時間潰しに軽い気持ちで鑑賞したが、いざ蓋を開けてみれば実はとんでもない作品で度肝を抜かれた。
ガローニ監督はイタリアの鬼才と言われているようだがこの作品を観れば十分納得できる。主演男優も素晴らしく表情だけでもグイグイ引き付けられた。
イタリア版アカデミー賞と言われるダビッド・ドナテッロ賞を最多9部門受賞するだけの怪作です。
2019-253

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
隣組

3.5なんとも後味が悪い…

2019年10月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
らぶにゃん
「ドッグマン」の作品トップへ