劇場公開日 2019年8月23日

ドッグマンのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全35件中、1~20件目を表示

4.0この小さな町、小さな人間関係に「世界」が透けて見えてくる

2019年8月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

犯罪社会の実相をドキュメンタリー・タッチで描いた『ゴモラ』で注目を集めたガローニ監督だが、最近はその不条理感をファンタジーの領域にまで高めた作品が続いていた。で、今回の新作はというと、久々に小さな町の社会、リアルな人間関係を追求しつつも、観た人の誰もが「寓話的!」と評さずにいられない、一人の風変わりな男の心根に深く寄り添った怪作となった。

誰にでも厄介な友人は一人くらい存在するが、本作の「友人」は怪物クラスに厄介な男だ。関わった全ての人を不幸にするし、心を尽くして付き合っても必ず裏切られる。そんな時、我々はどこまで微笑みを絶やさぬキリストになれるのか。ヒョロッとしてギョロッとした主人公の職業が犬のトリマーという着眼点が面白く、ラストもまさに寓話的なオチが待っている。

この小さな町に、時々、世界が透けて見える。とりわけトランプ誕生後の世界政治は、まさにこれと瓜二つなのではないだろうか。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

2.0犬は小道具

Imperatorさん
2019年9月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

陰惨なだけの、驚くほど単純なストーリー。
登場人物もきわめて限定されており、短編小説の映画化といった印象だ。

社会の現実に触れているとはいえ、それが主題なら、もっと別のアプローチがあったはず。
陰惨さを楽しみたい観客のための作品と感じられ、自分には合わなかった。

主人公の行動に理解不能なところがあるが、その不可解で人格分裂気味のキャラが、自分にとってはこの映画の唯一の見所だった。
風采の上がらない男を演じる演技も素晴らしい。

だが、まさか犬とは、たいして関係のない話だとは思わなかったので、終映後はあ然とした。
犬は、客寄せパンダだったのか・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Imperator

3.5日本でもありそうなリアリズム

2019年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りゃんひさ

4.0犬好きだからこそ観たかった映画

2019年9月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

主人公マルチェロと同じく犬大好きな僕。彼の犬への愛が各シーンで伝わってきて微笑んでしまうシーンも。しかしシモーネに従属的なマルチェロには感情移入できないなあと思ってたらラストで彼の思いが理解出来ました。無駄なシーンはなく、最後までどっぷりと映画の世界に浸ることができ、観てよかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
クリスレオン

4.0あーマルチェロ〜

2019年9月6日
iPhoneアプリから投稿

あーマルチェロ〜と何度も思ってしまう。なんでそうなるの。なんで断らないの。なんで言わないの!
若い頃からのシモーネとの関係を見せて欲しかった。
そうすればなシモーネに対するマルチェロの心理にもっと共感できて、もっとリアリティを感じられたと思う。
もっともそこを鑑賞者の想像に委ねたのかもしれない。
ラストも何でそうなると考えさせらせれる。
なぜ一言謝って欲しかったのか。それだけのために、こうなっちゃったわけは。
過去があるんだろうなあ。昔、虐められていたマルチェロをたった一人かばってくれた頼り甲斐のあるシモーネ。一生ついていこうみたいな。
犬はみんな個性があって良かった。マルチェロの職業はなぜドッグマンなのか。
ここも想像が膨らむ。
面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
SUZUKI TOMONORI

3.0そして誰もいなくなった

Scottさん
2019年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Scott

4.0暗い

ダラさん
2019年9月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ダラ

4.0ストレスたっぷり、存分に召し上がれ

KinAさん
2019年9月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

従順な犬に成り下がるな!信じて徹するな!ヘラヘラすんな!牙を剝け!大口開けて嚙みつけ!ああほらもう言わんこっちゃない…。

溜まるストレス積もるフラストレーションを楽しみ、やるせなさのどん底に舌を這わせて味わう映画。

ドッグマンことマルチェロ、彼のビジュアルや話し方動き方からして、とにかく小物感が半端じゃない。(失礼で申し訳ない)
とにかくお人好しでうだつの上がらない人。
普通にしてても不幸や不運を招きそうなオーラというか、疫病神的な雰囲気というか。

小さい娘に犬を任せて外へ出たとたんに娘が噛まれて大怪我を負うんじゃないか、チワワの為に引き帰った先で見つかるんじゃないか、目を逸らした瞬間に殺されてしまうんじゃないか。
いつどこで何が起こることかと常にハラハラしながら観ていた。

シモーネの理不尽な言い分、圧倒的な暴力には恐怖しかない。
俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの。なぁ俺たち、友達だよな?
シモーネのような人に絡まれた場合の正しい対応法をずっと考えているけど、本当に全然わからない。
ただでさえ少ない彼の隙を突いて脳天に銃弾ブチ込むくらいしか思いつかない。

細かい「嫌なこと」がどんどん重なり、選択がヌルく詰めの甘いマルチェロにイライラし、慈悲のカケラも無い仕打ちに唖然とする。
終盤、大きな一歩を踏み出してみるマルチェロのとある行動に大興奮。
その先の更に数段階の展開にまた顔をしかめたり拳を握ったりほんのり涙してみたり。

正直、あのまま飼い殺しのほうが一気にホラー的になって最高だったんだけど。
強靭な設備だったらな〜と惜しく思う。
この映画の狙いがそこにないことは承知の上。

容易に想像できるこの後。
虚構に向かって叫びかける姿が痛々しく、長回しどアップで見せられる、達観にも近い表情が悲しい。
何を思ったんだろう、何を考えていたんだろう。
どこから何を後悔すればいいのだろう。
しんどい。

犬や娘に見せるパッとした笑顔がとても可愛くて、故に降りかかる不条理に本気で鬱々とする。
離婚したママからのよそよそしい態度がまた悲しい。挟まれる娘の身にもなってよ。

犬とパスタを分け合い食べ合うシーンが印象的。
フォークやお皿をシェアしてることに少し驚いたのは私だけ?
犬のヨダレが付いた食べ物を私は口にしたくはないけど、そこに全く抵抗のないマルチェロは本当に犬が好きで愛があるんだろうな。
映画の端々から自分の犬にも他人の犬にも向ける親愛の情が感じ取れる。

バイクの轟音がトラウマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
KinA

3.5大人のジャイアンとのび太の話

2019年9月4日
iPhoneアプリから投稿

映画の日が休日だっなので、kino シネマみなとみらいに行ってきました。

イタリアの田舎に住む 犬のトリミングをする気弱な男が、街にいるジャイアンのような男に取り込まれて、人生が崩壊してしまう話。

ドラえもんにおける ジャイアンとのび太は、物を取られたり、殴られて泣かさせるだけだが、大人のジャイアンとのび太は、もっと悲惨。

ストーリーテリングがうまくて、ぐいぐい引き込まれてますが、ラストの意味が分からなかった。
中盤までは精度の高いよくできた映画だったので残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いっちー

4.0世界共通なのね。

khapphomさん
2019年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

暴力と近所の感じが、何か日本の地方都市のヤンキー社会みたい。世界共通なんだね。終盤の入り口での俺は変わった変わってないみたいな所以降、主人公の小物感が半端なく、何ともいえない感じになりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
khapphom

3.0いじめっ子にへつらい続ける主人公に疑問が。

2019年9月1日
iPhoneアプリから投稿

街の半グレに頭が上がらず、ガンガン自分のせいにされてめちゃくちゃになるという話。

なんというか、いじめる側も悪いが、いじめられる側も悪いというあの理論の典型的映画で、こびへつらい従う主人公の馬鹿さ加減に辟易としてしまう。行動が理解を超える。

しょせん実家暮らしの子供部屋おじさんの半グレに、嫁子供もいる社会的強者な主人公が何故こうも弱い立場でいるのか。

なんか、半グレに対して、設定内で従っているだけではと変に感じられてしまうほど、あまり魅力を感じ得ない映画だった。
可でも不可でもない。バカは損を見るという、それだけの話だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
やべっち

4.0切なく悲しいマルチェロさん

2019年8月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ほとんどのシーンがDOGMANという店名の主人公のマルチェロのお店の周りで、登場人物もマルチェロと悪い友達シモーネと別れた嫁と娘、近所の人達だけで起こる出来事。まさにシモーネの犬のようなマルチェロ!お店で預かる犬たちも何故か悲しく見えてくる!マジメでいい人なのに悪い友達につけ込まれて利用されて、いろいろ巻き込まれる、悲しくて切ないマルチェロ役の演技に引き込まれました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナカネム

4.0群れる媚びる流される

ミカさん
2019年8月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ミカ

4.0犬とは何か?

2019年8月30日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
コーヒー

3.5ドラえもんのいない世界

2019年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
いぱねま

3.5人と犬と人と犬

lynx09bさん
2019年8月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

いやぁ、良い意味で終始胸くそ悪かった。お互いが「人と犬」の様な関係の二人が、寂れた片田舎で静かに壊れていく。
途中から頭のなかで「フォーリングダウン」をシンクロさせつつ観てしまいました。その見方は全くオススメ出来ませんが(笑)、生活の片隅に誰にでもあり得る物語。体験するのも一興ですよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lynx09b

3.5DOGMANというタイトルがいい

Jiroさん
2019年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

主人公マルチェロフォンテ(役名、演者名が同様)は犬のトリマー屋さん。
悪友のシモーネにはタカられたり、犯罪行為には及ぶものの、コミュニティのみなを愛し愛され、また犬を愛する描写からビジネスではなく犬への愛情を感じさせてくれる、善人であり普通の人間。

しかしこの作品は主人公マルチェロという人物を通じて人と犬、飼い主とペット、主従関係をメタっている。
狭いコミュニティを犬小屋のように見立てて、実在する殺人事件をシニカルに描いている。
実社会の不条理を、シモーネの圧倒的な暴力や閉鎖的で小さいコミュニティなどの舞台装置で見事に構築するマッテオガローネ監督の手腕は素晴らしい。

そしてマルチェロ役の演者マルチェロの演技。
喜び、怒り、怯え、悲しみ、そしてラストシーンで見せる空虚な表情に惹き込まれること間違いなし。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Jiro

3.0予想と違う感じ。ラストが微妙

Yojiさん
2019年8月29日
iPhoneアプリから投稿

予告編を見て孤独な男の復讐ドラマを期待していました。予想外の展開も多々あり最後まで飽きないで見れました。
しかし主人公の行動には最初から最後まで全く共感できないまま延々とろくでなしの悪党と絡み後半まで続き終わり方もスッキリしない。
可愛がってる娘や犬の復讐劇にしたらもっと楽しめるのにと期待していた自分が恥ずかしいけど残念なエンディングでした。
イタリアの貧民街の悲惨な空気感は伝わります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Yoji

5.0心して鑑賞されたし

momo8さん
2019年8月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
momo8

3.5不条理を通り越して条理となる

movieさん
2019年8月27日
Androidアプリから投稿

158.爽快感の全くないラストシーンが現実世界を侵食する

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
movie
「ドッグマン」の作品トップへ