セラヴィ!のレビュー・感想・評価

メニュー

セラヴィ!

劇場公開日 2018年7月6日
30件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

お国柄が見られる結婚式という舞台

「最強のふたり」の監督コンビによる、結婚式を舞台にしたシニカルなコメディ。結婚式はわりとお国柄が見える舞台なので、それが舞台なだけで結構面白い。

この映画ではフランスの、いわゆるブルジョワ階級の結婚式を描いている。主役はベテランウェディングプランナー、どこかのお城を借り切って夜通し式を行うという豪華なもの。その結婚式のために集められた連中がどいつこいつもクセのある奴ばかりで、式がむちゃくちゃになっていくというお話。

いかにも鼻持ちならない金持ち風情な新郎、働いているのは多種多様な人種で移民も混じっている。テーマとして前面に押し出してはいないが、今のフランス社会がそこには垣間見える。

監督は結婚式を題材にした理由を、金持ちも貧乏人も一堂に会する社会の縮図だからと語っている。映画が描く抱腹絶倒の笑いには社会に対する皮肉もたっぷり込められている。

ローチ
ローチさん / 2018年8月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

微妙な笑い、たまに爆笑。ウッドベースが目立つBGMが粋。

「最強のふたり」「サンバ」のエリック・トレダノ+オリビエ・ナカシュ監督(兼脚本)による3作目。移民問題や所得格差などさまざまな社会問題や差別を題材に風刺コメディを組み立てる手腕は健在。

ただ前2作は主演オマール・シーの明るいキャラが魅力の一部になっていたが、本作でジャン=ピエール・バクリ演じるマックスは公私でストレスを抱え苦虫を噛み潰したような表情が長い。スタッフの勝手な振る舞いや雑な仕事でてんてこ舞いするのには同情するが、部下の女性と不倫している点が今一つ共感できないのは日本人的な倫理観のせいか…。

シニカルなジョーク、おバカな笑いが散発的に続くが、気球を使った新郎のパフォーマンスの顛末には爆笑。また、イスラエル出身のジャズベーシスト、アビシャイ・コーエンによるBGMが効果的に響き、終盤のセッション場面での劇中曲も絶品。映画音楽担当は初めてだそうで、今後引っ張りだこになりそう。

AuVis
AuVisさん / 2018年7月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何も伝わらず

全く興味の湧かない内容で何も伝わらず。終始楽しむ事が出来ず途中は退屈でzzz…時間もかなり長く感じた。
2018-177

隣組
隣組さん / 2018年9月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

だめだこりゃ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この映画は、「花嫁と花婿、そしてウェディングプランナーが、
問題を抱えつつも愛すべきスタッフたちとともに苦境を乗り越え、
無事幸せな結婚式を挙げるという話」ではありません。
そういうハートフルな映画を期待していると、苦虫を嚙み潰したような顔で映画館から出てくることになります。

この映画に出てくる人間関係はすべて破綻しきっています。
ウェディングプランナーの社長の言うことは誰もろくに聞かないし、花嫁と花婿も愛し合っているように見えない、
花婿はナルシストで自分を演出すること以外は全く頭に無い。
スタッフも間に合わせの人間だらけで誰も熱意があるように見えない。
コネで働いているものの仕事中浮気したりつまみ食いしたりしかしないカメラマンとか、不法労働の外国人とか…。

そして、映画上の展開もすべて(意識的かもしれませんが)破綻しており、場当たり的です。
それぞれのキャラクターの小ネタ的な見せ場はあるものの、映画としての物語がありません。
人生とはそういうものだということなのかもしれませんが、個人的には、見て元気になったり爽快感を得られる映画ではないと思います。
あえてそういう前向きな部分を挙げるならば、社長が破綻しきった会社を自覚して部下の女性給仕に責任を委譲し、女性給仕も自覚を持ち始め、会社が組織として再度立ち直りそうな予兆があったことくらいでしょうか。

小ネタの合う合わないはあると思いますが、ハートフルコメディを期待していくと肩透かしを食らうかもしれません。

son1903
son1903さん / 2018年8月19日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生は楽しい!って教えてくれる作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

生きていくことに前向きなることを後押ししてくれる作品。フランス的な?エスプリの効いた笑いがとても楽しい。主人公のマイケル・アイアンサイドに似た人(ジャン=ピエール・バクリ)が凄く上手い。表情とちょっとした仕草で心情を巧みに表現していていました("心情を表現"は二重表現かな?)終盤の嫌味なクライアントが気球と共に空に舞うシーンが最高!その後のしっとりとしたシーンとの対称として引き立っていました。俺も知合いの披露宴で新郎が一番目立つ演出に遭遇してビックリしたことがあるけど、この気球のシーンは皆んな馬鹿みたいにウットリしていて却って面白かった。フランス映画🇫🇷侮る可からず!

Hiroshi
Hiroshiさん / 2018年8月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

眠いが、フランスらしい作品

軽妙なヒューマンコメディ。それなりの面白さこそ感じたものの中盤までは眠かった。フランス語のせいかな笑
そういえば、最強のふたりも途中まで眠かったことを思い出した。上げ潮的な単調さがこの監督の特徴なのかもしれない。

日本では眉をひそめられるようなエピソードが、平然と罪悪感なく描かれる。モラルが低いが他者に寛容なフランスらしさが羨ましい。(モラルが高いが寛容さが失われた日本とは対照的だ。)

あいわた
あいわたさん / 2018年8月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まったく合いませんでした。

20分くらいから、ずーっとイライラしてました。
ツッコミが少なすぎる。

ニック
ニックさん / 2018年8月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人のコメディ

公私ともに問題を抱えた、中年の結婚式プロモーター会社の社長マックスが、古城を借り切って行う、ある結婚式の1日を舞台にした、コメディ映画。

全般に軽い冗談レベルの笑いだけど、モンティパイソン風のちょっとブラックジョークが混じるところが、楽しい。事あるごとに部下の仕出かした問題に対処するマックスが、へこたれずに問題に対応して行く事に、日本の中間管理職として、拍手を送りたくなる。

タイトルの「セラヴィ」は、「人生ってそんなもんさ」というニュアンスとのこと。日本語で言えば、村上春樹の小説の「やれやれ」が、ピッタリかと。
問題が起きて、勘弁してくれよと思いながらも、「やれやれ」と思いながらも、やるべきことをやんなきゃなぁ、という感じ。常に前向きなのだけど、日本映画のような思いを内に秘めることもなく、かといって、能天気なラテン映画とも異なる、丁度良い加減のひたむきさだ。フランス映画でなければ、醸し出せない感覚だろう。

残念ながら今回夜の部で観たのだけど、出来ればマチネーで観て、帰りがけ、明るいうちに一杯やりたい気持ちになった映画だ。

aMaclean
aMacleanさん / 2018年7月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひどい。笑える。最後はほっこり。

自分を満足させることが一番大事!なフランス人の個人主義を極端にデフォルメした集団 (と、一部パキスタン移民)が作る、ひどすぎて笑える披露宴会場。プロ意識ゼロ。ホスピタリティは二の次。自己主張過多。スタッフもポンコツだけど、クライアントも可笑しい。突っ込みどころ満載で、小さく地味な笑いを繰り返した先に待つ大爆笑シーン。どうか前半を退屈と言わず、伏線を逃さず見ていて欲しい。

フランス社会へのちょっとした風刺も効かせながら、最後はふんわり心温めてくれる。疲れたときにちょうどいい2時間です。

Ordinary Guy
Ordinary Guyさん / 2018年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本と違う結婚式にちょっと驚き ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

お城を舞台にした豪華絢爛な結婚式で、そろいもそろってポンコツばかりのスタッフしかいない中、結婚式をプロデュースしたベテランウェディングプランナーが、どうやって切り抜けていくのかを描いたドタバタコメディ。

まず驚いたのが、オールナイトで結婚式が行われる事。フランスの結婚式が、オールナイトで行われるイメージは無かったので、ちょっとビックリ。って言うか、始まるのが、夜遅くからだからなぁ。ヨーロッパの人って、宵っ張りなんですね。

それと、国家憲兵が、アルバイトで?給仕をやる設定にもビックリ。日本ほど副業にはうるさく無いのかもしれませんが、それでもねぇ、国家憲兵が給仕なんてやるんですね?

新郎も一癖あるし、主人公のマックス自身もプライベートに問題を抱えていて、この手のコメディにありがちな設定にもなっています。

ところどころクスっと笑えて、中々面白いです。流石フランス映画と言う気分になります(笑)

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2018年7月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良くも悪くもフランス喜劇

婚礼プロモーターのマックスが、古城での結婚式をアレンジ。挙式当日のドタバタを活写。彼のスタッフ達はみなそれなりにプロ意識はあるのでしょうが、所詮自分のことがとても大事で協調などは大の苦手。躾の行き届いた私達日本人なら発狂しそうな場面がこれでもかこれでもかと続くのですが、フランス人の扱いに慣れているマックスはそれらの難局をギリギリ切り抜けて行く...余りにフランス的な喜劇でした。ただ最後の最後で、その駄目スタッフ達が才能を発揮してマックスを底なしの窮地から救ってしまう「うっちゃり」もしっかり収められていて、ちょっとエスプリも感じました。やはりそこはフランス映画ですね。ところで原題は「婚礼の行方(Le sens de la fete)」と直截ですが、邦題「C’est la vie」は英語版と同じ。なかなか気の利いたタイトルだと感じました。

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2018年7月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルなし

ちょっと退屈だったけど、ラストだけは良かった!この退屈な感じは全てこのラストのためにあったのでは? と思うくらいにはラストが良かったw

豆
さん / 2018年7月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気楽に観れた

キスシーン見てて、声出して笑ったの初めてかもしれません

あすか
あすかさん / 2018年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

痛快、爽快 !?

スタッフがまーザックリと言うか、皆イー加減?!良い加減?
絶妙なタッチでウェディングの裏側を見せてくれる。
一晩中騒いで祝うというから日本の素っ気なさが当たり前だとビックリ。
しかもあんな新郎でいいのー?
ナルちゃんにも程がある。そして、パキスタンだかの野郎どもがよく口にしてた、「フランス人はすごい」の揶揄もまたいい。

モナチン
モナチンさん / 2018年7月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

文句無し!

久しぶりに文句無しの大傑作だと思った。
見ている間ずっと幸せで、登場人物達みんなが好きで、ずっと続いてほしいと思った。
伏線回収もお見事。
スッキリ感半端ない☆
終盤のクライマックスが始まった時点で後ろの席の人が笑いこらえてて、さらに無音になったときにそのこらえる声が漏れ聞こえてて、一層爆笑。
映画館で見てよかった!
★5かなと思ったけど、のちのち見返すかといえばそうではないから少し減らし。

えりんこ
えりんこさん / 2018年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フランス映画っぽい

フランス映画です。
大人しめのドタバタコメディ。
紆余曲折して最後は幸せ。

新郎の何処に惚れる要素があったのかは謎。
顔?
新婦は綺麗だった。

toosumi
toosumiさん / 2018年7月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう少し

他の方のレビューを見て、もっとコメディ色が強いものを期待して観てしまったせいか、笑いはもう少し…といった感じ。フランス映画なので、シュールさも期待しましたが、そこももう少し…といった感じ。
ふつ〜に面白い映画でした。

hidezo
hidezoさん / 2018年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えるかどうかのさじ加減〜

笑えるドタバタフレンチコメディーで、
「最強のふたり」のエリック・トレダノ&オリビエ・ナカシュ監督の作品なので、
かなり以前から楽しみにしていた映画。

アメリカ的コメディーだとどうしても下やゲロになっちゃうんだけど
流石にフレンチコメディーはもうちょっと上品で
強烈な皮肉が込められてたりして
今の世界状勢、難民や労働問題にも目を向けた
まあ、楽しい映画ではあります。

で、月に8本ほど映画館に通う中途半端な映画好き的には

確かに笑えるし、
最後はなんとなく良い感じで終わるので良かったのだけど
この手のドタバタものの場合、
そのネタにどれだけ悪意が見えるか見えないかが
笑えるかどうかの境界線だと思う。

ちょっと考えが足りないお馬鹿さんが安易に何かをやってしまって
ちょうどその時に限って運悪く、何かが起きてしまって
そういうことが重なってどんどん状況が悪くなって、
さあどうしよう〜っていうのは笑えるのだけど、

お馬鹿にもそれなりのちょうど良い加減があって

「ここまで馬鹿だと、人、殺してしまうだろう〜」とか
「ここまでイイ加減だと人間として破綻してるだろ?!」とか

そのさじ加減によって笑いにならず引いてしまう事が多々ある。

今回、沢山あったお馬鹿エピソードの中で
私の価値観的にそのさじ加減を踏み越えてしまったエピソードが
三つくらいあって、その中の一つがどうしても許せないため

最後は「お前にそんなこと言われたくねーワ!!!」
と、軽い怒りが湧いて来てしまった。(笑)
で、そいつの事が10時間経っても許せない〜〜

だから星3個半くらいからマイナス1個ですわ。

ラスト近くのある盛り上がるシーンでは
何百年と建っているヨーロッパ的閉塞的な場所に響く
新しい価値観のアレ〜〜
今の時代に提示された一種の解決策提示なのかな〜〜

にしても、
あの旦那を選んだ花嫁はもしかしたら一番ヤバイ人かも(笑)

@もう一度観るなら?
「ネット配信とかで、細部チェックしながら観たい」

星のナターシャ
星のナターシャさん / 2018年7月14日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあ

まあまあ、面白い。まあまあ、退屈。

ナインボール
ナインボールさん / 2018年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い映画

やや混沌としたこのドタバタ劇は、夜から深夜にかけてのシーンが、素晴らしい。民族風の音楽が、寝落ちしそうになる頭を覚醒させ(笑)、心に残る名場面を産み出す。この場面があるゆえ、長く語られる映画となるかも知れない。

*"爆笑"というワードに引っ張られて観に行かない方が無難。あなたが、フランス語を背中のかゆい所まで届くほど理解していると言うなら別だが…。映画館での「間の悪い笑い」ほど不愉快なものはない。

stoneage
stoneageさん / 2018年7月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

30件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi