劇場公開日 2018年7月14日

  • 予告編を見る

クレアのカメラのレビュー・感想・評価

3.510
6%
65%
26%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全10件を表示

3.5たとえ舞台がカンヌでも、カメラに映るのは唯一無二のホン・サンス世界

2018年7月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

奇才ホン・サンスのフットワークの軽さと、平凡な日常をヒョイと飛び越える職人技を見せつけられた思いがする。そもそも映画祭期間中、カンヌで名女優イザベル・ユペールまで引っ張り出して、これほど適度に力の抜けた「世にも奇妙な物語」的なプロットにまとめ上げるのだから、もう誰もこの人には敵わない。ユペールもユペールで、大女優ぶったところが全くなく、こういう役をサラリと演じきるところに凄さがある。

「撮るとその人の人生を変えてしまう」というカメラの存在は、何よりもカメラ(写真、映画に限らず)の力を知るホン・サンスならではの着眼点。彼は自らの視座で作品ごとに俳優(というより、女優)を様々なキャラクターへ変貌させてきた張本人でもある。その意味でホン・サンスは劇中の監督のようでもあり、はたまたカメラを構えるユペールのようでもあり。ともあれ観ているとジワジワ惹きこまれ、異界の魅力から抜けられなくなる一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

3.5作品と作家その人の実人生は関係ないという至極まっとうな意見がこの世...

yUma..さん
2019年6月20日
iPhoneアプリから投稿

作品と作家その人の実人生は関係ないという至極まっとうな意見がこの世にはありますがホン・サンス作品にだけ関して言えば例外だろう。キム・ミニとの不倫騒動を経て5段階ほど突き抜けた感のあるホン・サンスに創作の女神は祝福をするかのごとく彼に再び才能を授けた。やっていること起こっていることは過去の作品から一見アップデートの程を見ることはないが“キム・ミニ”その存在が映画に厚みや立体感、そして躍動感を与え、彼らと共犯関係になればなるほど映画の深みへとハマる。驚くことにこの“2人”の作品においては“イザベル・ユペール”すらも風景なのだ。。了

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yUma..

4.0出会いと別れ

Momokoさん
2018年8月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

知的

クレアとマニ、2人の出会い
マニは首を切られ、監督にもしょうもないことを説教されるけど、シレッとしているところはいいな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

4.0ある意味奇跡の映画

andhyphenさん
2018年8月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

カンヌ国際映画祭に、コンペディション部門出品作の主演女優として参加していたキム・ミニとイザベル・ユペール。そのふたりの女優が滞在している数日の間にこんだけの映画撮ってしまうホン・サンス...。
単調な映画だが、その内実の感情がドロドロしてて面白い。異質な存在のイザベル・ユペールがすごくいい。掴み所がなくて、その割にすぐ人の懐に入っちゃう感じとか。最初の監督との出会いの微妙な空気とか。彼女がいないとただの三角関係映画になってしまうところを巧妙に回避している。しかし、ホン・サンス映画の男は皆弱いというか最低というかなんとやら...。
ホン・サンスズームは最後まで変だと思ったが、出てくると「ああホン・サンス...」と思えるようになったのであれは持ち味かもな、と。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
andhyphen

4.0イザベル・ユペール!

Scottさん
2018年7月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

イザベル・ユペールがやっぱり凄いの。出てきた瞬間に映画の空気がガラッと変わる。

「もう他の役者さんと格が違うわ」と思って観てるんだけど、だんだん落ち着いてきて、他の役者さんの良さも出てくる。

途中出てくるキム・ミニの写真がうまくてね。プロが撮るとチェキで撮っても良い写真になるんだあと思うよ。

イザベル・ユペールは詩を書いて、写真を撮ってて、キム・ミニは歌を作ってる。僕もなにか創らなきゃと思ったね。

映画監督が不倫して言い訳してるストーリー展開は相変わらずだけど、慣れてきて面白かったよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Scott

3.5女に嫌われる女

2018年7月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

ホン・サンスの4作品とも見たけど、この役が1番嫌い(笑)元々あざとい役がほとんどだけどこれは如実だった(笑).
.
特に社長に理不尽にクビにされたとクレアに愚痴るシーンが、社長が監督と付き合ってること知らないにしろ、被害者ヅラするなよと思ってしまった(笑)1回ぐらいよく考えてみたら?.
.
そして社長が付き合ってたって知った後のそういうことですかってちょっとニヤついてるのも腹たったわ〜(笑)何回も思ってるけど、キムミニみたいな女とは絶対仲良くなれない!!これ女性の方なら分かりますよね??(笑).
.
そんなキムミニだけど、短パンを履いてたら監督に男をたぶらかすような格好するなって言われてるシーンは同情した。着たい服を着てるだけなのにちょっと露出が多いだけで誘ってるとか、そっちが勝手にやらしい目で見てるだけだからね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん

4.0人との出会いで起きる化学反応

とえさん
2018年7月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

69分のとても短い作品だったけど
面白かったなぁ

映画会社で働いているマニ(キム・ミニ)は、カンヌ映画祭に出張中に会社をクビになってしまう
帰国の飛行機まですることがなくなってしまったマニは、カンヌを観光
その間にフランス人のクレア(イザベル・ユペール)と知り合い、友達になる

異国の地で知り合った人と親しくなる彼らを見ていると
人と人との出会いには、化学反応があるなぁと思った
その化学反応にも、良い結果と悪い結果がある

マニと映画監督と社長の3人の出会いは、悪質な毒ガスが出て、周りに悪影響を及ぼしちゃうような悪い化学反応

そこへ、クレアを投入すると
「私が写真を撮ると人生が変わるわよ」
の言葉の通り、彼らの人生が変わり始める

マニと社長にとって、クレアとの出会いは、良い化学反応だったけれど
映画監督にとって、クレアとの出会いは悪い結果をもたらすことになる

そんな彼らから見えてくるのは
女性たちのたくましさである

出張先でいきなりクビになるなんて、ちょっと立ち直れないと思うけど
マニはどんどん外に出て、フランス人と友達になり、前を向いて生活をしている

社長もまた、たとえ男に捨てられても、あっという間に吹っ切って、仕事に邁進する

ところが、優柔不断なダメ男の映画監督は、クレアと出会う前以上に未練タラタラに生きていくことになる

そこで思うのは、確かに人との出会いは人生に化学反応をもたらすけれど、本人が前向きか、後ろ向きかで、化学反応の結果も変わってくるということ

クレアとの出会いは、
前向きに生きていこうとする彼女たちに
前向きな反応をもたらしたけれど
いつも、過去に未練がある映画監督には、後ろ向きな反応が出てしまったのだ

このキム・ミニとホン・サンス監督の4連作には、毎回、監督の分身となる優柔不断なダメ男が出てくる
それに対してキム・ミニは、いつもイキイキと輝き、最後に希望を感じさせる終わり方をしてきた

毎回、そこに二人の関係性が投影されていて面白い
そして、毎回「しっかりしろ、ホン・サンス!!」と思うのだ(笑)

それに加えて今回は、イザベル・ユペールというスペシャルゲストが嬉しかった

なるほど、確かに彼女は「人の人生を変える」パワーを感じさせる人である
そのユペールと並んでいても、何の遜色もなく、友達役が自然なキム・ミニもすごいなと思った

人との出会いも大切だけど、自分自身が前を向いて生きることも大切だなぁと、しみじみ感じた作品だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
とえ

3.0☆☆☆★★ 簡単に 《酒と映画と浮気と別れ》毎度お馴染み、ホン・サ...

2018年7月19日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆★★

簡単に

《酒と映画と浮気と別れ》毎度お馴染み、ホン・サンスとキム・ミニの世界。

毎週1本、計4本の短期集中上映。
その中では今回の作品が。70分弱とゆう短さも有ってか、1番見易いかも知れない。
反面で、イザペル・ユペールが共演しているものの。内容的にはややアッサリとしており、少し物足りなく感じる人が多いと思える。

いつもの様に長廻しを多用。その際に存在を主張するカメラだが。今回はやや控えめで、過去の作品と比べたらそれ程気にはならないか。

キム・ミニのホットパンツが可愛い(*^ω^*)
そしてそれに対して嫉妬心を露わにする男の心の卑しさ・小ささ。
これすなわち心理なり(。-_-。)

2018年7月18日 ヒューマントラストシネマ有楽町/シアター1

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

2.5りんごの食べ方。

osoumasanさん
2018年7月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

音鳴ってる。めっちゃ気になった。
あーもうだめだー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
osoumasan

5.0映画会社勤務のマニはカンヌ映画祭に参加している最中に突然上司から解...

よねさん
2018年6月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね
「クレアのカメラ」の作品トップへ