フランス特殊部隊RAID

解説

特殊部隊の新人隊員がテロリストの陰謀に立ち向かう姿をコミカルに描いたフランス製アクションコメディ。警官のジョアナは、幼い頃から夢見てきたフランス特殊部隊RAIDについに入隊することに。勇敢で努力家の彼女を教官のフロワサーも徐々に認めるようになり、ともに様々な事件に立ち向かっていく。そんなある日、ジョアナはテロリストたちが首脳会議の会場襲撃を企んでいることに気づくが……。「バツイチは恋のはじまり」などの俳優ダニー・ブーンが監督・脚本を手がけ、フロワサー役で出演。「セザンヌと過ごした時間」のアリス・ポルがジョアナ役で主演を務め、「仕立て屋の恋」のミシェル・ブラン、「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」のイバン・アタルが共演。

2016年製作/107分/フランス・ベルギー合作
原題:Raid dingue

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

5.0いかつい邦題ですが実はベタなコメディ

2018年10月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

特殊部隊RAIDに入隊することを夢見る警官ジョアナは日夜訓練に明け暮れているが、警官としてかなり深刻なレベルでドジであることに全く自覚がない。そんな娘を見かねた内務大臣の父はRAIDの隊長に接触、娘を訓練生としてしごいて彼女がRAIDに向いていないことを知らしめてくれと依頼する。しかし根性だけは誰にも負けないジョアナは上官ジャックの過酷な訓練を乗り越えて晴れて任務に就くがやっぱりドジばっかり・・・というフランス映画の一般的なイメージから程遠いかなりオールドスタイルのコメディ。
ベタにも程があるドタバタが逆に新鮮で、解りやすいネタの連発に老若男女問わず大爆笑していたのが印象的。主演のアリス・ポルのドジっ子ぶりがなかなかキュートでかつてのゴールディ・ホーン辺りを彷彿とさせて今後も期待大です。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
よね

3.5お気楽

2018年8月4日
iPhoneアプリから投稿

コメディだが、最後は活躍を見せてくれる。
なかなかの面白さでした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Takashi

3.0コメディ

2018年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

幸せ

正義感にあふれ、特殊部隊に入りたくてしょうがない女性警察官がいた。
とてもドジで間抜けなのだが、父親が内務大臣でコネでなんとか潜り込む。
お気楽なコメディで、最初はうっとしい主人公が、最後は・・・。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る