「見事な俳優陣が監督の想いを結実」洗骨 めいべいびーさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「洗骨」 > レビュー > めいべいびーさんのレビュー
メニュー

洗骨

劇場公開日 2019年2月9日
全58件中、55件目を表示
  •  
映画レビューを書く

見事な俳優陣が監督の想いを結実

監督の脚本と演出は難しく捻ったりせず、「ベタ」と言えなくもないくらいの直球ストレート。
そして重苦しさを感じさせないよう、コメディ要素が随所に入ってくる。

こういう作品って「悪くないけど、よくある話」になりがちで、「笑って泣いて感動した」と思わせるのは意外に難しい(←個人的意見)。
しかし役者さんの力量が物語を支え切り、余計なことを考える暇もなく見入ってしまいました。

特筆すべきは奥田瑛二さん。
オカアに先立たれて酒浸りの情けないオトウそのもの。
知的でダンディなイメージの方が、こんな姿をさらして良いものだろうかと思ってしまうくらい腑抜け。

そして肝っ玉オバアの大島蓉子さん。
沖縄の太陽と海風は死者を数年で風化させてしまう一方、同時に旺盛に生命も育んて行くんだと、理屈じゃなく伝わってくる。

古謝さんの主題歌でエンドロールが流れる中、いい映画を観たなぁと素直な気持ちになり、映画館を出た後は「自分が生まれた時の話を聞きたい」という想いが湧いてきました。

めいべいびー
さん / 2019年1月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 7 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報