劇場公開日 2019年2月1日

  • 予告編を見る

「主題歌が切ない。距離を経て気づかされる、真実の愛。」雪の華 映画コーディネーター・門倉カドさんの映画レビュー(感想・評価)

2.9155
19%
24%
26%
13%
18%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

1.5主題歌が切ない。距離を経て気づかされる、真実の愛。

2019年3月10日
PCから投稿

悲しい

単純

寝られる

【賛否両論チェック】
賛:2人の間での偽りの恋愛が、次第に本当の愛情へと変わっていく姿に、思わず心温められるよう。フィンランドの冬景色や中島美嘉さんの楽曲が、全てを包み込んでくれる。
否:ストーリーはかなり単調で、終わり方も無難すぎる印象。展開もご都合主義感が半端ない。

 余命わずかで孤独なヒロイン・美雪が出逢った、寡黙で実直な青年・悠輔。そんな美雪が「恋をする」という夢を叶えるために、ありったけの勇気を振り絞って始まった契約恋愛が、次第に2人の間で真実の愛へと変わっていく様に、なんだか心が温まるようです。
 ただ言い方を変えると、設定の割にストーリーがものすごく薄くて、終わり方も非常に無難にまとまってしまっている感が否めないのも、また然り。急に街で再会したり等、ご都合主義な展開も多いです。
 それでも、物語の端々を彩るフィンランドの雰囲気や、何といっても中島美嘉さんの渾身の楽曲「雪の華」の歌声に、どこまでも魅力される作品であることは間違いありません。出演者ファンの方は勿論、純愛モノが好きな方は、観ておいて損はない作品かも知れません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド
「雪の華」のレビューを書く 「雪の華」のレビュー一覧へ(全155件)
「雪の華」の作品トップへ