劇場公開日 2019年2月22日

  • 予告編を見る

あの日のオルガンのレビュー・感想・評価

4.152
48%
37%
10%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全52件中、1~20件目を表示

5.0素晴らしかった邦画

on28さん
2020年5月5日
Androidアプリから投稿

観たくてたまらなかった作品、やっと観れました。
大原櫻子さんナイスキャスト!!
戸田恵梨香さんはさすがです。
山田組の平松監督、素晴らしい作品を作り上げました。
決してスポンサーに恵まれ出来た訳違うと思いますが全国の保育関係団体の助けで出来上がった素晴らしい邦画作品です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
on28

4.5オルガン。

2020年4月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

戦時中に園児を疎開させる保母さんの実話。
主任の戸田恵梨香の強い危機から子どもたちを疎開することに。
戦時中食べることも大変な中で、子どもたちを親から離して預かることは本当に困難なことだと思いました。
子どもたちと一緒に歌を歌ったりして新任保母役の大原櫻子の明るさ。おおらかさが皆の気持ちを和ませてくれました。
保母さんの大変さと子どもを守る使命感で最後まで守ることができて。
戦争が終わり。
それぞれに子どもを迎えに来る親たち。最後のひとりが帰って任務が終わり子どもたちと一緒に歌ったあの日オルガンが思い出される。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しろくろぱんだ

1.0大変なんだね

2020年4月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョバンニ

1.0まるで学芸会みたいです、違和感、実話なのに

2020年4月8日
PCから投稿

戸田恵梨香が名演技なのに、演出と脚本がおかしいから、気になって、しょうがない。
みんな、順番にセリフ棒読み。
棒立ちで、順番に移動。
それと、大原櫻子が象さんみたいな姿になりつつあり、変なところで笑ってしまう。
これ、コメディじゃないですよね、失笑。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.5人間の強さ。戦争の辛さ。子育ての大変さ。笑い。涙。 そして三浦透子の演技の素晴らしさ。

kizkizさん
2019年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

戦時中の実話をもとにした疎開保育園の話。
戦闘/空爆地帯を直接描かない戦争モノで『この世界の片隅で』に通じるものがあります。

子育ての大変さを垣間見ることができる。
男性も見といたほうがいいのかも;
戦争でなくても大変だ。

ドタバタと笑いもありながら続く戦争時の生活。
その強烈な重圧が解き放たれる瞬間の”あのシーン”で私も涙が止まりませんでした。

出演者は、戸田恵梨香と大原櫻子のダブルヒロインも良かったけど個人的にはサブキャラ保母の三浦透子が素晴らしかった。
素敵なダイナマイトスキャンダルに出演してた方。
スカートのPVによく出演してると言ったほうが一部には通じる?
それらと雰囲気が全然違う。女優ってすごい!

彼女の役はあくまでもサブの保母さんの一人でフォーカスされるエピソードはない。
にも関わらず素晴らしい演技/存在感。自然にスクリーンの中で生きてる。
ストーリー的には目立たない。
だからこそ、わずか5秒ほどのイレギュラーな行動をとるあのシーンが強烈でした。

ココリコ田中の演技は最初は違和感あったけど……後半になるにつれありになってきました。
行動は頼りないけど、背の高さでどこか安心できる。
そんな田中らしい存在でした。

スタッフロールで流れるアン・サリーの「満月の夕」がまた反則で~。

自分の身近な人が突然何人も亡くなる戦争はそう起こらないのではと思ってる。

でも近いものとして地震……南海トラフはあるのかも。
その覚悟とそれまで全力に生きよう、と。
そんなことを考えました。

人間の強さ。戦争の辛さ。子育ての大変さ。笑い。涙。
傑作でした!

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kizkiz

3.5大原櫻子、、良い役を演じる。いいね!

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

大原櫻子、、良い役を演じる。いいね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.5暗い映画じゃありません。明るい映画です。

唐揚げさん
2019年7月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

幸せ

飛行機の機内で鑑賞したので、正直あまり集中して観ることはできなかったので、少し残念ではありましたが、すごい良かった。
大原櫻子さんは個人的にも大好きな歌手、俳優さんなのですが、彼女の明るい感じと歌唱力がうまくマッチしていました。戸田恵梨香さんと大原さんのW主演映画でしたが、戸田さんは出てくるものの、あまりメインではなく、疎開保育園の保母と子供達全体の物語という印象。
他の保母さんも好印象で若手なのに、しっかり昭和の女性になっていて、それぞれの思いや葛藤を一コマ一コマ上手く組み込んであります。
田中直紀氏も全くお笑い芸人さを見せない感じがいいですね。
なかなか戦争ものは多くないので、考えさせられるものがあります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

3.5あの戦争の最中の市井の人々の息遣いを感じました

2019年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

第二次大戦末期、都心の保育園の集団疎開での、保母・園児たち、そして疎開先の人々との交流を描いた作品。戦火が迫り、否が応でも身近に死を意識しなければならない緊張感の中、保母さんたちの健気な奮闘は本当に感動もの。特に保母さんたちの取纏め役に扮する戸田恵梨香さんは好演でした。実話が下敷きであったとのこと。日本中がこうやってあの辛い日々を乗り越え、命を繋いで来たのかと思うと、スクリーンがどうしても曇って見えて仕方が無かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ホワイトベア

3.5戸田恵梨香

taiyasanさん
2019年6月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

学童疎開に関する題材ですが、緊迫感が伝わらないのはなぜでしょう? 映像でしょうか?役者の質でしょうか?戦闘に関する描写にリアル性がないからでしょうか?

でも一見の価値ある映画と感じます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taiyasan

3.5良かった!

おれさん
2019年5月11日
iPhoneアプリから投稿

良かった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ

0.5まるで学芸会!?

odeonzaさん
2019年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.5子どもにとっての当たり前の日常を守る女性たち

takuさん
2019年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taku

3.0W主演女優の魅力満載

隣組さん
2019年4月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

152席シアターを独占鑑賞。戦闘シーン等は無いがこれも一つの戦争映画。戦争により苦難を強いられた保母たちの実話でW主演女優2人の魅力が満載。戸田恵梨香は納得の演技だがそれ以上に大原櫻子の天真爛漫な演技が素晴らしかった。彼女は今後も要注目。
2019-83

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
隣組

3.0そういうことがあったことを知らなかった。

2019年4月10日
iPhoneアプリから投稿

幼児には疎開はなかった。
初めて知りました。

時間がなくて、監督のご挨拶まで聞くことができずに退室しました。

本当に悲しんでいる人は、悲しみを表に出さない。
主人公はそんな人でした。

戦争に最後まで生き残った人たちがいて、今の日本がある。
私たちがやっていることに、どんな意味があるのだろうかと、疲れくたびれて、希望を持てない保母さんたちでしたが、エンディングのあの写真を見てビリビリきました。
やってきてよかったね、すごいことをやったのですねと労いの言葉を送ってあげたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ハクタカ

4.0高評価なのに今週で上映終了。これは観ておかねば。仕事早退、劇場直行...

2019年3月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

高評価なのに今週で上映終了。これは観ておかねば。仕事早退、劇場直行(笑)

戦時中の保母たちの奮闘記。疎開保育園なんてあったんですね。

私の本作でのクライマックスは、はっちゃん先生がみっちゃん先生を優しく諭すシーン。号泣。

若き保母たちの演技は皆良かった。特に佐久間由衣と堀田真由。

他のメインキャストは私には疑問。
主演の戸田恵梨香。これでは単にヒステリック姉ちゃんだ。怒る中での愛情がその演技には見受けられない。田中直樹はちょっと軽すぎ。林家正蔵は問答無用(笑)
エンディングの謎の全員登場も?なんとなく2時間ドラマっぽくなってしまった。

主演には土屋太鳳ちゃんを抜擢し、田中の代わりにオダギリジョーを。って、これ、単にドラマ「チア☆ダン」好きがバレバレじゃん(笑)

G-5席にて靴下脱いで鑑賞。いい季節が近づいてきましたね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
はむひろみ

3.5なかなかよかったぞ

みなさん
2019年3月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

実話物って自分の中のハードルを越えきれないことがよくあるんだけど、俳優陣の熱演が胸を熱くさせました。めちゃ泣いた。萩原利久と山中崇はどの作品にもいるな。あと林家正蔵!!泣かされた〜〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みな

5.0口コミで広がって

たかさん
2019年3月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

子供達の歌声が胸にジンジン響いてきます
もっともっと話題になって沢山の人に観て欲しい映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
たか

4.0子供の未来を

H1DE!さん
2019年3月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

親が子供を疎開保育に託す場面

涙が出ます

可愛くて手放したく無いのはわかるけど、親なら、子供に未来を導くか奪うか…

戦場での闘いは男にしか出来ないと思うし
子供を守る闘いは女性にしか出来ないと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
H1DE!

4.0戦争

2019年3月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

は何もかも奪っていく。やはりプラスは何も無く、大きなマイナスがあるだけですね。そんな中で子供達を守る彼女達の健気な姿に感動を覚えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ごっとん

3.5彼女たちは悲しみを乗り越えて生きて来た

2019年3月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

平松監督は、単なるお涙頂戴ものにはしたくなかったらしい。あからさまに泣かしに来なかった、確かに。子供を悪用する事なく、保母さん達が、命を守るために奔走し、喘ぎ、成長して行く物語。

皆んな、悲しみを乗り越えて生きて行く、いや、これまで生きて来た、って言う佳作。

ただ一つだけクレーム。「戦争はどこまでも追いかけて来る」は違います。「戦争は振り払えば良いもの」。政治で、かかる火の粉を振り払わなければならないのが、今の日本なので、ここだけは少しイラッとしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bloodtrail
「あの日のオルガン」の作品トップへ