愛しのアイリーンのレビュー・感想・評価

愛しのアイリーン

劇場公開日 2018年9月14日
55件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ビジュアルでなく演技で役の魂を呼び寄せる

𠮷田恵輔作品で役者が良くないなんてことはほとんどあり得ないが、本作の役者陣のみごとさも想像を超えてきた。

アイリーン役のナッツ・シトイの好演は、ビジュアルがピッタリなこともあって「原作から飛び出してきたような」と表現しやすい。しかし安田顕と木野花の「原作から飛び出してきたような」は種類が違う。二人ともビジュアルは原作とまったく似ていないのに、キャラの魂が取り憑いたかのようにごつごつと荒々しく画面の中に息づいている。演技であることは承知しているのに、その生々しさに圧倒される。木野花なんてドラマ「この世界の片隅に」で似た風体で出ているせいで、こっちでもいつ暴れ出すかと無駄にハラハラしてしまった。

𠮷田監督はこの原作に惚れ込んで、長年映画化を待ち望んでいたというが、原作がこの監督を得たことも幸せだっただろうと思う。その分、𠮷田監督らしさより原作の映像化を優先したようにも感じたが、高校時代は学年一の美少女だったろうと思わせるくたびれた中年女性役に河井青葉をキャスティングする的確な意地悪さには、さすが𠮷田監督とうならされた。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年9月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

狂気愛

鑑賞前のイメージとは全く違いとても共感出来るような内容ではなかった。徐々に泥沼化する人間関係と理性を失った犯罪者の剥き出しの性本能と暴力。狂気に狂った究極の愛のカタチを描いた作品だか後味が悪い。
2018-224

隣組
隣組さん / 2018年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夫婦で観に行く映画ではない

ひとりで観に行って良かったなあって言うのが一番の感想です。あと、見終わったあと、みょうにセックスがしたくなります。最初からコメディだと思って観ると良いと思います。

obichu
obichuさん / 2018年11月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最低。愛おしい。

昔だったら絶対にこんな映画嫌だ。。
でも、なぜだか愛してしまう。
きっと道徳的に許されないけど、それでも愛してしまう。
これは成長なのか、それとも、、自分のモラルが麻痺してしまったのか。
最低。でも愛おしい。

take
takeさん / 2018年10月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストまでスッキリしない

やり過ぎは共感を超越してしまうよなあと。

部分部分はよいと思うところがあっただけに惜しいです。

cinemastar
cinemastarさん / 2018年10月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

自分勝手の集合体

ただただ救われない状況を傍観する感じ
でも、そういう物語なのだと思う
これが映画として残る意味はなんだろう。。。

magnolia
magnoliaさん / 2018年10月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

展開が全然読めない映画

最初単館系にありがちなお馬鹿な映画かと思ったのですが途中からサスペンスぼくなったりホラーやスプラッターはいったりと全然ストーリーが読めない作品でした おかあさん役の木野花の狂気じみた演技最高でした面白かったです

ミリン一番搾り
ミリン一番搾りさん / 2018年10月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本気で泣いた。

賛否両論の映画。
DV推奨の映画では決してない!!!!!!
差別映画では決してない!!!!!
それぞれの愛情の形の映画です。

人間の持った裏の部分 SEX、お金、嫉妬、そして不器用で愛情表現の出来ない故の暴力、生々しく描写されている。R18でイイかも・・・

形はどうであれ純粋に女を愛するが故の壊れていく姿がすざましい。

それぞれの愛の形に胸が苦しくなる程・・・・

ラストシーンの「くそ婆」タオルを持って見て欲しい。
本当に感動した映画でした。

adam ぷう
adam ぷうさん / 2018年10月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

久しぶりに良い映画を観た。

久しぶりに面白いと思えた映画でした。
原作も持ってたので、どこまであのハードな内容を再現出来るのか楽しみに観にいきました。
結果、とってもよく再現されており、笑いあり、感動あり、スピード感ありでとても面白かった。是非オススメします。
何故、こんな面白い映画が愛知で1箇所でしか上映されてないのか不思議です。

Tatsuya
Tatsuyaさん / 2018年10月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

セックス依存症

 映画を観終わってふと、セックス依存症は遺伝するのだろうかと考えた。タイガー・ウッズの事例でも見受けられたように、セックス依存症の人は性衝動を抑えられないことで深刻な事態に直面する場合がある。あれは遺伝なのか。いや、そうではないだろう。
 動物には発情期があり、植物には受粉の時季がある。しかし人間は思春期に性に目覚めたが最後、死ぬまで発情している。つまり人は多かれ少なかれセックス依存症なのだ。度合いの強い人だけがセックス依存症と呼ばれるのは人間の実態とは少し違っている。
 日曜日の昼過ぎの回の上映はほぼ満席であった。上映館が少ないこともあるのかもしれないが、中年の男女の性を真正面から扱ったことの話題性もあるだろう。
 安田顕が演じた主人公をひとことで言えば、42歳で毎日マスを掻くパチンコ店員となる。仕事は真面目だが、 必ずしも将来性がある訳ではない。職場の美人とのセックスを夢見るが、気が弱いから実現には至らず、相変わらずマス掻きの日々だ。
 しかしある日思い立ってフィリピンでの嫁探しのツアーに参加する。そこからストーリーは急坂を転げ落ちるように進んでいく。雪国の閉塞的な環境と、意外に奔放なセックス事情、フィリピンパブで働く出稼ぎのフィリピン女性などが絡み、話は下世話に進んでいく。
 伊勢谷祐介が演じた、売春婦としてのフィリピン女性を仕入れる女衒が繰り広げる、日本とフィリピンの地政学的な力関係の図式は、ある一面の真実を衝いてはいる。
 その図式を振りかざしてアイリーンを説得しようとするものの、彼女は納得しない。彼女の認識は人間対人間の個別の関係性だけで、それは国と国の関係性の図式には収まりきれないのだ。
 アイリーンは自分が売られたことを認識しているが、卑屈にならず、飛び込んだ環境で真実を見つけようとする。勿論それなりの強かさもある。この女優さんは実に達者である。
 安田顕の振り切った演技につられるかのように、木野花の演技も凄かった。所謂ムラ社会のパラダイムに縛られるよりも、息子に対する情念のような感情が怒涛のように溢れ出て、思い詰めた母親のおどろおどろしさが圧倒的な迫力で迫ってくる。
 なんだかとても凄いものを見せられた気がするが、日頃理性の仮面を被っているわれわれ人間という生き物が、ひとたび本性をさらけ出したらどうなるか。その答えのひとつのような気もするのであった。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2018年10月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

劇場で鼻水垂れ流しで泣いた!

原作のファンというよりも新井英樹の大ファン。

コミックスは持っているけれど何度も読み返せるほど軽い内容では無いから、ちゃんと原作を読んだのは高校時代。

映画化されたと聞いて二の足を踏んだ。

名作と言われる原作を越えるなんて無理だから。

でも、「さんかく」「ヒメアノ〜ル」の監督、吉田恵輔ならばと淡い期待を持って見に行ったら、完璧に打ちのめされた。

序盤は原作と比べてちょっとななんて思ってた、けれど最後に大号泣させられた。

40歳になっても実家暮らしの宍戸岩男は母親のツルの重い愛情を受けて生活している。
不器用過ぎて未だに童貞のまま、自分の溢れ過ぎる性欲をどうしたらいいかわからず、恋もどうすればいいかわからない。
女が出来ない事を理由に父親とケンカしたのをキッカケにフィリピンで嫁を買ってくるが…

田舎の閉鎖感、誰にも愛されない孤独、差別、全てを救うのは不器用な体当たりの愛だけ。

プッと笑わされて、恋する気分も味合わせてくれて、その上バイオレンスもあるのに最後は涙無くしては見られない…
久しぶりに映画館で鼻水垂れ流しで泣いた!

カタコトの日本語を武器に、明るさとひたむきさを全身で表現するアイリーン役のナッツちゃんが好きになってしまった。

吉田恵輔監督、アイリーンをもっと好きにさせてくれてありがとう。

Ishikawa Pero
Ishikawa Peroさん / 2018年10月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不器用なんだよ

突き刺さった。
やってることからしてこんなこと言っちゃダメかもしれないけど、岩男が愛おしい。どんだけ不器用なんだよお前は。
ラーメンとキスとラストシーンで5億点出せる。ラストの優しい声、あれが岩男なんだよ…。
この余韻はしばらく忘れられない。

Megumi
Megumiさん / 2018年10月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生はクソで素晴らしく愛に満ちてる

いい映画です。なんともいい映画。これがいい映画でなかったら、他になにがあるのだろう。とおもう。ほっこり?そんなものこそグロテスク。ヤスケンさんの目が最高に変態で、最高にセクシーです。これは家の端末でみても面白くない。是非、映画館でほとばしる汚れた愛にまみれてほしいです。

dodo
dodoさん / 2018年10月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

今年の邦画ナンバーワン!

適度に人が死にます。

あれだけめちゃくちゃにやって、最後はなんとなく落ちる所に落としました。

本当に全員ロクでもないです。
胸糞の悪くなる様な映画でしたが、不思議と後味はスッキリしている様に感じます。
登場人物全員カス系の映画が好きな方には本当にお勧めします。

ちょっとやりすぎのような演技が、あまりに非日常的なストーリーとマッチしていて、とても自然でリアルに感じました。

凄い映画でした。

役者さんたちの演技も素敵でした。
特にアイリーン役の方には、ぜひ今年の日本アカデミー賞主演女優賞を取って欲しいです。

Rewind That
Rewind Thatさん / 2018年10月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この衝撃は同じ中年日本人男性だからこそか。現時点で2018年最高傑作

おまんご連発するし男性器女性器にモザイクかかるしもうこれがR15+で通ったことが驚き。多分TV放送するときには色々再修正かかりそうで劇場で観て良かった。
原作者の新井英樹まで出演。
1995年の漫画なのに2018年になっても何にも変わっていないような気がする。
田舎の嫁不足
フィリピン妻
中年童貞とは言わずとも42歳の素人童貞。性欲とチンコのでかさは人一倍
子を思う母の行き過ぎた愛
片想い
姥捨て山
新潟県長岡市で撮影。
ヤスケンさんが出色と思って見ていたが、終わってみればナッツ・シトイと木野花さんがダブルMVP
伊勢谷友介も「平成のテロリスト」村上もガンビーノ小林も良いし、大好きな河井青葉がまたしても濃厚な濡れ場ばかり担当して不憫だが興奮するし、フィリピンパブの関西弁ディオンヌ・モンサントもばっちり。
おかしなキャストが一人もいない。
主題歌:奇妙礼太郎「水面の輪舞曲」がまたイイ
なんだろう、文句のつけるところがなんにもない。
最初はめっちゃ笑ってみていられたのに最後は打ちひしがれた。
もう一回原作を読み直したい。

e
eさん / 2018年10月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心なき映画

こんな酷い映画(原作)はない!不快の極み!

国際結婚でのドタバタで笑わしてハッピーエンドのつもりが、あらゆる罵倒暴言が凄惨さに拍車を掛ける。こんな映画が昨今は好まれる?

トランプを批判しつつ、人種に対する偏見を根強く持つ日本人の本音が、姑の「屑、ゴミ!」という言葉に表れる。その真ん中に置かれ、訳の分からない国に蔑まれるアイリーンの哀れ。

私自身、過去にフィリピーナとの結婚経験もあり、彼女達の家庭事情や日本男性に求める物(本音)は愛ばかりではないと言うことは少しは分かっているつもりです。それでも、この映画の様な政略結婚ばかりではないし、日本女性が男性に求める事に変わりはないのです。

そういう自戒を込めて、またこの作品が誤解や差別を生まない事を願い、自分の中で”今年最低の映画”としました。

Masaya
Masayaさん / 2018年10月2日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストどうなるか

とてもドキドキしていました。
よい作品に仕上がっていると感じました。

岩男さん、お疲れさまです。

かん
かんさん / 2018年10月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現実にありそうな雰囲気の話

持てない中年が、フィリピンで嫁さんを買ってきた
という話ですが、まぁなんとなく想像してる通りのような問題が起きたり、

それ以外に人間のなんかドロドロした部分を見せてくれたりな映画です
基本的に見ててなんかダルい部分はありますが、

ボケたお父さんが最後に新婚旅行の事を思い出してたくだり、
岩男とアイリーンがじわじわひかれあってさま、など
ところどころテンションが上がるシナリオがあり、体感が長く感じましたが、最後まで見てよかったかなと一応思いました。

個人的に、見た後視聴者の考察にゆだねる的な作品は嫌いでは無いですが、この作品に限っては途中色々起きるので、最後はすっきりまとめてもらった方が良かったかなぁと思いました。

HDD4455
HDD4455さん / 2018年10月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっと評価されていい作品

R15なので濡れ場やモザイクあり。「愛とは一体何なのか?」そんな言葉を作品通してずっと考えさせられた作品。観て良かったです。

N
Nさん / 2018年10月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ライトな ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ライトな感じの映画なのかと思いきや、非常にヘビーな作品でした。でも、今の世情の縮図の様な作品です。

ごっとん
ごっとんさん / 2018年10月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

55件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi