劇場公開日 2018年9月14日

  • 予告編を見る

愛しのアイリーンのレビュー・感想・評価

3.6100
21%
50%
22%
3%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全100件中、1~20件目を表示

4.5この衝撃、見逃さなくてよかった

2020年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

悲しい

興奮

何の気なしに配信で観て、寒々とした情景と途方もない熱量に衝撃を受けた。吉田恵輔監督の作品については、「純喫茶磯辺」「ばしゃ馬さんとビッグマウス」あたりを好ましく思った一方、「麦子さんと」から「ヒメアノール」まではあまり自分に合わない気がしていた。本作は新井英樹による原作漫画と吉田監督の作風との相性が格別で、相乗効果が生まれたのだろう。衝撃の余韻は尾を引き、吉田監督作の「さんかく」「犬猿」、そして新井原作の「宮本から君へ」のドラマ版~映画版へと立て続けの鑑賞に繋がった。配信は便利だが、時間を奪われる…。

安田顕は前半のさえない中年ぶりから、ある事件以降の眼光をギラつかせた凄味へ、変貌の振れ幅が圧巻。木野花による地方の保守性と閉鎖性を体現する老母の怪演も、河井青葉が醸し出す投げやりに生きる女の色気もたまらない。吉田監督の2021年公開予定作「空白」が待ち遠しくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
高森 郁哉

4.0ビジュアルでなく演技で役の魂を呼び寄せる

村山章さん
2018年9月29日
PCから投稿

𠮷田恵輔作品で役者が良くないなんてことはほとんどあり得ないが、本作の役者陣のみごとさも想像を超えてきた。

アイリーン役のナッツ・シトイの好演は、ビジュアルがピッタリなこともあって「原作から飛び出してきたような」と表現しやすい。しかし安田顕と木野花の「原作から飛び出してきたような」は種類が違う。二人ともビジュアルは原作とまったく似ていないのに、キャラの魂が取り憑いたかのようにごつごつと荒々しく画面の中に息づいている。演技であることは承知しているのに、その生々しさに圧倒される。木野花なんてドラマ「この世界の片隅に」で似た風体で出ているせいで、こっちでもいつ暴れ出すかと無駄にハラハラしてしまった。

𠮷田監督はこの原作に惚れ込んで、長年映画化を待ち望んでいたというが、原作がこの監督を得たことも幸せだっただろうと思う。その分、𠮷田監督らしさより原作の映像化を優先したようにも感じたが、高校時代は学年一の美少女だったろうと思わせるくたびれた中年女性役に河井青葉をキャスティングする的確な意地悪さには、さすが𠮷田監督とうならされた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
村山章

3.0やや、お下品

hanataro2さん
2021年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

「空白」で心を掴まれ、その後、配信で「ブルー」、「ヒメアノ〜ル」と立て続けに観て、凄い監督と確信した。そして、こちらの作品へと行き着いたのだが、あまりのセックス描写と4文字言葉にお腹いっぱいになった。ただ、観た後で新井英樹原作と知り、北海道が誇る「ヤスケン」と「宮本から君へ」の宮本浩の熱量が良い意味でかぶっていた。
デートで観てはいけない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hanataro2

3.5地雷臭

marさん
2021年11月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

何の知識も持たないで見たけど、新井英樹の原作と知って納得。
『宮本から君へ』にしても『キーチ!!』にしても、人間の欲望とか愛憎とか
とにかく剝き出しで見せてくるグロテスク(褒めてる)な作風だった。

既成概念にとらわれる人だとか、自分中心な言動の醜さだとか
人間の醜悪な部分と、それでも誰かを愛することの尊さというか。

そういう相反するものに安易なジャッジをしない姿勢は好感が持てた。

ただし演技としても岩男母の言動は不快。
良い作品だと思うだけに、そこにひっかかりを感じてしまったのは残念だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
mar

2.5色々な愛の輪に包まれた話

2021年10月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

悲しい

内容は冴えない田舎住まい主人公の国際結婚話。漫画版を映画化した作品。漫画と実写映画は別物で、今回も終わりに違いはあったが上手に描写されてたなと感じました。吉田監督の伝えたい色々な形の自己愛が形を変えて表現されていて楽しかった。エンターテイメントとしても、大人の見るほろ苦い爽やかさで楽しかったです。やっぱ愛だよな愛?!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コバヤシマル

0.5残念

くりさん
2021年4月7日
iPhoneアプリから投稿

健気に頑張ってるアイリーン以外みんな嫌なやつで、嫌な気分になりました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
くり

3.5木野花という女優

カメさん
2021年3月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.7
愛・家族・性。どれが生きる本質なのか。追求すると悲しくなる。日本の姨捨山と関わった家族の感情を対比させ、上手くまとめている。
木野花の素晴らしい演技。旬報ベスト・テン 助演女優賞をとっているが、日本アカデミー賞に相応しい演技。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

4.0吉田恵輔に尚も外れ無し。

2021年2月8日
iPhoneアプリから投稿

何処か憎めぬ群像、剥き出しの性、某所の老婆で今村昌平の重喜劇に正面から肉薄。
当時の緒形拳ならどう演ったろう。
人が生きて死ぬ無様を丁度良い物語量で撮る人間賛歌の成功作。
もはや中堅の吉田恵輔に尚も外れ無し。
年テン上位。
次は「赤い殺意」のリメイクでも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

2.5お金から始まる愛

Normanさん
2021年1月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Norman

3.0安田顕さん主演作

M hobbyさん
2020年10月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

難しい

ヤスケンこと、安田顕さん主演作品。
なんだか面白そう、、、と思ってみたのはいいが、
なかなかハード。

一言でこの映画の感想を言うのは難しいのだけれど、
これは好き嫌いが分かれそうな映画だなぁ。と思った

好きか?と問われると、素直にうんとは言えないけれど、決して嫌いなわけでもなく。
苦手かと言われると、そうでもない。

内容としては、愛情の物語なんだけれど、とても歪んでいて、なかなか共感しづらい。

主人公が、少しずつフィリピーノのお嫁さんに心惹かれいってる様は素敵だったのに、ある事件をきっかけに爆発。性欲に支配されたというか、どこかプッツンきちゃったというか。
なかなか理解しづらいの。
私自身が女性だからということもあるのかもしれないけれど、なんせキャラクターみんなにどこにも自分と共通できる部分を見出せない作品だったな。

主人公の岩男の母を木野花さんが演じられていましたが、これもまたなかなかの狂いっぷり。子離れできない親の醜さというか、執着している様をみるととても気持ちが悪い。見方を変えればそれだけ愛しているってことなのかもしれないが、私は無理ー!

純粋なんだけれど、どこかしたたかなアイリーンも、いろいろある中で大変だけれど、こちらも共感できず。

とにかく愛情というのは非常に複雑にもなり得ることを思い知らされる。ラブストーリーというジャンルにも振り分けられそうな本作でしたが、私にはなかなかハードルが高かったかなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
M hobby

幻想

すいかさん
2020年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
すいか

3.0途中まで

まるさん
2020年6月9日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
まる

3.5観終わった後のなんとも言えない毒々しい清涼感

Theo5さん
2020年5月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Theo5

4.0モザイクが新鮮

2020年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

悲しい

怖い

最近モザイクなんてキレイなおねえさまの動画でしか観たことない。邦画でモザイクとかいつ観たかな。昭和の大人な映画とか、洋画でも観た覚えないかもしれない。

吉田恵輔監督好きです。漫画原作も知ってます。
どうなるかと心配してたけど、見た目はともかくかなり原作に忠実な気がします。
ただ、原作に忠実すぎてリアリティを感じない。

この人のこの不快な振舞いのベースは何か、とか、漫画だと振り返るヒマあっても映像だと流れていってしまうので、ただ嫌な人にしか映らない。
あの母親のゲスの極みな差別用語なんかは、ファシズムならぬ「ハハシズム」の際たる心情から来てるが、最後は「母沈む」。御後がよろしい様で(^^;

パチンコ店の割とキレイな方のおばさんもバックボーンが欲しいかな。救いが無い。バックでオシッコしちゃったけど。←あれ要らないやろ(>_<)

すごくドロドロしてて途中やるせなくなるが、最後は何故かスッキリする。不思議な作品。
多分、アイリーンは常に泣かされていて、それももう終わるからなのだろう。

吉田監督は「愛しのアイリーン」自体が、映画監督としての原風景らしく、この映画化は監督がかねてから熱望していたものだけあって、過去作よりも気合入ってるのは分かります。
それが安田顕にも、木野花にも、アイリーンにも込められていて、演技演出は凄まじさを感じました。
その監督と役者の気合から解放されるスッキリなのかもしれません。

それだけでも観る価値はあるでしょう。

あと、やっぱり長岡の花火は良いですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
クリストフ

4.0濃厚

takeさん
2020年4月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

軽い気持ちで観出したけれど、そんな心構えで観られる作品ではなかった。
それぞれの想う愛情が濃厚にぶつかり合う作品。
どういう結末で収束するのか気になって目が離せなかった。
安田顕さんじゃなきゃこの哀愁は生まれないかも。
ナッツ・シトイさんは初めて拝見したけれど、これまたあっけらかんとした感じのハマり役。
木野花さんの鬼気迫るお芝居も素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
take

3.5色々な愛のかたち

2020年4月1日
Androidアプリから投稿

ジャパゆきさんとそれに関わる人々の物語、

原作漫画は未読、
wikiを見る限り鉄板、薄汚れた重厚で深みあるヒューマンストーリー、

映画は結構早足気味、

もちっとじっくり掘り下げて欲しい感じでは有りましたが、

愛子の妖艶な色気とマリーンの艶やかな美貌を観れただけでも満足です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
褐色の猪

4.0面白かった

ツネミさん
2020年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、VOD

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ツネミ

4.0家族の話

sannemusaさん
2020年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

思ってた以上に感動してしまった。。
もっとはちゃめちゃなギャグ要素多めの話かと思っており(いや、十分はちゃめちゃなんだけど)
こんなにも魂と魂のぶつかり合いとか、綺麗事だけじゃない田舎のリアルとか、フィリピーナたちの葛藤とか、感じさせられるとは思ってなかった。

前半はアイリーンのかわいさにやられ、後半は母ちゃんの愛情と執着にやられる。
岩男とアイリーンに幸せになってほしいというだけの話と思いきや、後半からの意外な展開も見事で泣かされました。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sannemusa

4.5残酷すぎるほど純愛

2020年3月23日
iPhoneアプリから投稿

とんでもない邦画にまた出会ってしまった。

国籍、言語、性差。
世代や風習の違いから来るディスコミュニケーション。
それらがいかに生々しくグロテスクで、どうしようもなく惨たらしく汚らしい事か。
なのに…いやだからこそ、根っこにある純愛が輝いて見える!!

キャスト陣体当りの熱演に泣いて。
…笑って。
…時にドン引きして。

見終わった後、自分の価値観がまた1つ変わった気がした。
邦画の底力を感じられる名作。
見て損はない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジョイ☮ JOY86式。

4.0すげー良かった。

よしおさん
2020年3月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

難しい

盛り込み過ぎた感は否めないけど、全体的にとても良くできた作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしお
「愛しのアイリーン」の作品トップへ