劇場公開日 2019年9月6日

  • 予告編を見る

荒野の誓いのレビュー・感想・評価

3.747
23%
56%
16%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全47件中、1~20件目を表示

4.0人はいかに絶望を乗り越えることができるのか。ベイルの凄み溢れる演技にまたも圧倒される。

2019年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

元来、クリスチャン・ベイルの主演作を観るにあたっては、かなり精神的な体力を要するのが常だ。それは内容そのものがハードであるというよりも、むしろ彼演じる主人公の歩む道のりがあまりに長くて険しいもので、彼と共に我々もまた大きな心の距離移動を余儀なくされるからだろう。

本作でベイルの演じる役柄もまさにそのような類いのものだった。かつてネイティブ・アメリカンと壮絶な戦いを繰り広げ、多くを殺め、また多くの仲間を殺された兵士がいる。彼が辿るべきなのは懺悔か、復讐か、それともまた別の道なのか。静かな存在感ながら、その体内には言いようのない葛藤と苦しみ、そして凄みが潜み。これが危険な任務を遂行する中で、少しずつ少しずつ、昇華されていき、その果てに到達する境地、表情にはとても胸迫るものを感じずにいられない。また、脇を固める俳優陣もそれぞれが素晴らしく、極めて味わい深いヒューマン・ドラマに仕上がっている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

4.5現代社会が抱える問題を内包した西部劇

regencyさん
2020年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

前の『ファーナス/訣別の朝』がもうすでに西部劇テイストだったスコット・クーパー監督が、本腰入れて西部劇を撮ったな、という印象。
結構容赦ない展開になっていく中で、異人種同士のヘイトクライムやPTSDといった、現代社会の問題をサラリと入れているのがポイント。
とにかく、こういうシブい西部劇は大好物。

クリスチャン・ベール主演の西部劇といえば、大傑作『3時10分、決断のとき』があるが、プロットが本作と似ているのは偶然ではないだろう。
なにしろ、『3時10分』の監督ジェームズ・マンゴールドも西部劇ファンだから。
なお、ベン・フォスターも両作品に出ているが、『3時10分』では冷血漢なガンマン、こちらでは狂気を宿した服役囚と、地味なのに目立つ役どころをこなすのに長けている。

それにしても『3時10分』でもそうだったが、ベールはホントにヒゲ面が似合う。
ついでに言えば、ヒロイン役のロザムンド・パイクは11月まで日本公開作が目白押し。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
regency

4.0偏見を乗り越えて

素子さん
2020年3月10日
iPhoneアプリから投稿

最初に先住民に対し差別意識を持った陸軍大佐が先住民を護送するストーリー。旅の途中での経験、それぞれの人物の変化を名優らが醸し出す。かつてのアメリカの先住民に対する歴史の闇と反省がこの映画で伝わってくる。共に戦う中で人種を超えて芽生える友情と絆、それをこの映画は体現している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

3.5透明感のある西部劇

2019年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2本立ての2本目でヘビーかなと思ったが、ショッキングな内容の連続ながら、意外とひねりはなく、最後まで集中して観ることできた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ひぐらし

2.0知識不足

隣組さん
2019年11月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ネイティブアメリカン対立の背景について知識不足で人物の相関関係もよく分かえらず作品に入り込むことが出来なかった。同じような展開と景色が続くため途中も眠気に襲われてzzz…。残念ながらこの作品の良さを感じることが出来なかった。
2019-238

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

4.5今や大人気のティモシー・シャラメが真っ先に退場。

kossyさん
2019年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

3.5死から生への行軍

ムロンさん
2019年10月26日
Androidアプリから投稿

主人公の死が充満してる世の中から同じ仲間との体験を経てのラスト感動です‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ムロン

4.5米国の本質を内省・巡行する秀作

2019年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
りゃんひさ

3.0ロング・ライダーズ

2019年9月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
梨剥く侍

4.0ただただ良かったです

hidepaloさん
2019年9月24日
iPhoneアプリから投稿

シルバー料金で、これだけの本格的な西部劇を観られて
感謝感謝です。
なかなか当たらない撃ち合いが本当らしくて良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hidepalo

3.5殺し合いの時代

2019年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

殺さなければ奪われ、殺される。その殺しをした者をまた殺す。結局、負の連鎖ですね。その中で生まれたお互いを思う心に感動しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ごっとん

3.0白人側の一方的な反省物語

2019年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ウッディ

3.5読み取る

ひでさん
2019年9月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

134本目。
ティモシー・シャラメ出てるし、あっこの人ってのが結構出てて嬉しい。
長かったけど、言葉少なくても表情で分かりあえる作品。
それだけ上手いって事なんだけどね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひで

4.5西部劇に興味のない人にこそ観てほしい

osanさん
2019年9月21日
PCから投稿

観終わって一週間以上が経過しているが、未だに思い起こしてしまう。西部劇ファンの私だが、ここまで心に深く突き刺さる作品は珍しい。西部劇史上に残るべき傑作。
 設定・カメラワークなどは古き良き西部劇を踏襲している。ジョンフォードを彷彿とさせる。しかし、テーマとその扱い方は現代的だ。そしてアメリカという国家の成り立ちに深く切り込んでいる。
 とはいえ、なかなかシビアなテーマに切り込んでいるが、表現方法・演出はとても内省的。登場人物一人ひとりの心が閉じられていて、寡黙で抑制された演出が、観る者に「理解」ではなく「共感」を促す。
 マサノブ・タカヤナギの映像は見事だ。美しさがあるのは勿論だが、感情を映像が代替している。
 クリスチャンベイルとロザムンドパイクの演技は素晴らしい。
 他の方のレビューにあるように、邦題のせいか西部劇ファンは集まるが、西部劇ファンしか集まらないのは非常に残念。西部劇には興味のない映画ファンにこそ観てほしい。そう思える作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
osan

4.0本格西部劇ロードムービー

2019年9月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Rewind That

4.0何の為に、血を流れたのか‥

2019年9月19日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
レトログレイド 373

5.0荒野の誓い

伊藤流さん
2019年9月18日
iPhoneアプリから投稿

楽しめた。1892年、アメリカ・ニューメキシコ州が舞台。インディアン戦争の英雄で、現在は看守を務めるジョー・ブロッカーは、かつて宿敵関係にあったシャイアン族の酋長イエロー・ホークを護送する。ロードムービー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
伊藤流

4.0冒頭から残酷なシーンで、途中も残酷なシーンで、心臓が辛い映画だった...

a0さん
2019年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

冒頭から残酷なシーンで、途中も残酷なシーンで、心臓が辛い映画だった。
銃撃戦や戦いのシーンが多く、一方でクリスチャンベールはじめ無表情で語る場面が結構多く、動・静がうまく使われていたと思った。
結構ひとが死に、それを想う家族や仲間の落ち込むところが、もういいよ勘弁してと思わせるほどたっぷり描かれている。そこが(見終わった今は)良い。
最後の終わらせかたも考えさせられる。

戦争は良いことはなにも生まない。
兵士は「仕事」として戦っていて、殺すことに何も思わなくなるくらいじゃないと正気が保てない。人を人と思ってたら務まらない。

ひとを殺すことには慣れてしまったけど、仲間をなくすことは辛い。
死を羨望することがある。誰かの死のうえであなたは生きている。
あなたが死んだら私の一部も一緒に。
いろんな言葉が印象に残る映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
a0

4.0もがき苦しんだ末にたどり着いた思いとは。

Marikoさん
2019年9月18日
iPhoneアプリから投稿

仕事としてたくさん人を殺してきた陸軍大尉。
引退を考える時になって与えられた皮肉な任務。
命がけでかつての宿敵一家と共に旅をするうちに
[憎しみは何も産まない」ということを、
この旅を通じて、いろんな葛藤の中でたどり着いたのですね。

心の平穏がようやく訪れるのはやっぱり愛でしたね。
彼に良心というものがまだ残っていて良かった。
ラストシーンがまた渋い!
台詞なく表情だけで目で語れる俳優はやっぱり一流!
クリスチャン・ベールは素晴らしい。
ロザムンド・パイクも、今一番輝いている女優ですね。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 8 件)
Mariko

4.0久々に骨太な西部劇

Dragslaveさん
2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Dragslave
「荒野の誓い」の作品トップへ