劇場公開日 2019年9月6日

  • 予告編を見る

荒野の誓いのレビュー・感想・評価

3.659
21%
57%
15%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全59件中、1~20件目を表示

4.0人はいかに絶望を乗り越えることができるのか。ベイルの凄み溢れる演技にまたも圧倒される。

2019年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

元来、クリスチャン・ベイルの主演作を観るにあたっては、かなり精神的な体力を要するのが常だ。それは内容そのものがハードであるというよりも、むしろ彼演じる主人公の歩む道のりがあまりに長くて険しいもので、彼と共に我々もまた大きな心の距離移動を余儀なくされるからだろう。

本作でベイルの演じる役柄もまさにそのような類いのものだった。かつてネイティブ・アメリカンと壮絶な戦いを繰り広げ、多くを殺め、また多くの仲間を殺された兵士がいる。彼が辿るべきなのは懺悔か、復讐か、それともまた別の道なのか。静かな存在感ながら、その体内には言いようのない葛藤と苦しみ、そして凄みが潜み。これが危険な任務を遂行する中で、少しずつ少しずつ、昇華されていき、その果てに到達する境地、表情にはとても胸迫るものを感じずにいられない。また、脇を固める俳優陣もそれぞれが素晴らしく、極めて味わい深いヒューマン・ドラマに仕上がっている。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

1.0全体的に湿っぽくて暗い。

きくもさん
2021年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

期待していた様なスカッとする西部劇ではなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
きくも

1.0永い言い訳

odeonzaさん
2021年2月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

2.5静かな物語

ケイさん
2020年12月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
ケイ

4.5いつもそうだが、クリスチャンベールはすごい

そんぼさん
2020年12月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

彼でなければ、ただの退屈な映画になったかもしれない。
すごい俳優だというつも思っている。

これで2回目です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
そんぼ

5.0こんな映画があったのか!

2020年10月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

幸せ

面白かったです。いいですね、こういう映画は。ファーナス訣別の朝も絶対観ようと思いました。

ラストシーンの余韻が心地いい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ローランド山

4.0クリスチャン・ベイル は凄いなぁ。 ロザムンド・パイクも。

J417さん
2020年10月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

クリスチャン・ベイル は凄いなぁ。
ロザムンド・パイクも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J417

4.0恩讐を越えて

2020年10月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

19世紀末のアメリカ西部、主人公(クリスチャン・ベール)は騎兵隊の英雄だった。
退役目前にして、宿敵の酋長一家を護送する任務を命じられる。
途中、夫と子供三人をコマンチに殺された女性(ロザムンド・パイク)を保護し、同行することに。
そして次から次へと事件が起き、恨み、仇、恩などの厄介な荷物が顔を出す。
ラストはこれがいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0クリスチャン・ベールに尽きる

みんもさん
2020年10月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

某ラジオのインディアン特集で薦められていた一本。かつて散々にインディアンを殺したブロッカー大尉が、大統領令によりシャイアン族の酋長イエロー・ホークとその家族を彼らの故郷モンタナまで送り届ける物語。途中でコマンチ族に家族を虐殺された女性、脱走兵を拾いつつ、様々な困難に遭遇し、部隊は一人、また一人と欠けていく。
昔のアメリカ映画にあった、邪悪で未開なインディアンを、ヒーローのアメリカ人が成敗するという描写はそこにはない。ブロッカーの戦友トミーは、同じ人間を殺しているという悩みからうつ病に苦しむ。
主人公のブロッカーは矛盾を抱えた人間だ。インディアンには冷酷に接し、殺害は任務と割り切る。その一方で黒人の部下に対しては友情の涙を流す。インディアンへの対応の変化も唐突過ぎてよくわからない。おそらく、差別主義者ではないということを示したかったのだろうが、最後までよくわからない人物だった。
色々なことが起き続け、アップダウンの激しい映画だった。戦闘シーンの凄惨さは目を見張る。その中でクリスチャン・ベールの抑えた演技は常に碇の役割を果たしていた。彼の演技を観るだけでも一見の価値はある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みんも

3.0ご婦人に撃つ度胸があるかな

shimoさん
2020年10月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

3.0西部劇かと思ったら

2020年9月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

明らかに悪い奴が出て来てバンバン打ち合う西部劇かと
思ったら、
クリスチャンベイルがそんな単純な映画に出るわけもなく、
序盤から「え?」の連続。
しかし勧善懲悪のないリアルなのかな。
正義もないし、悪もない。

みんな生きて行くのに必死与えられた仕事をしてるだけなのに続く負の連鎖は止まる事はなくラストを迎える。

ティモシーシャラメがこの物語の過酷さの象徴のように
なってて、いきなり度肝を抜かれた。

今もアメリカでは白人の警察官が黒人を射殺し問題に
なっている。その前は先住民。
同じ事を繰り返してるように思うし、
その動機は恐れのように感じました。

ラストに残ったのは戦争で先住民を殺しまくった大尉、
そして子供を殺された母親、家族を亡くした先住民が
一つになる。
負の連鎖の後の一つの小さなアメリカを示す、
監督からのメッセージかなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

4.5観るべき映画

2020年8月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

侵略や戦争は誰しも加害者であり被害者であると言う事、そして互い理解して寄り添う事が出来るという作品。地味だけど深い。人種や宗教は関係無く思いやり尊重する事が大切だと言う事を教えて頂ける素晴らしい作品だと思います。是非観るべきです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
まーくん

4.0戦争は何も解決しないし、何も生み出さない。

Haruさん
2020年8月8日
PCから投稿

銃と病原菌と鉄で欧州人はアメリカの先住民を放逐した。
そして先住民の反撃は途方もなく残虐で過酷だったのだろう。そんな戦争の最前線で戦いを続けてきた騎兵隊大尉の退官間際の話。兵隊の仕事は敵を殺すこと。当たり前の話だ。しかし、殺し方にトラウマを抱えて苦しみながら生きていく方法が見つけられず死に時を探している。おまけに、時代の変遷期。個人の思考も変換せざるを得なくなる。果たして、彼は生き方を変えることができるか?

この映画のラストシーンは見事だ。
どんな人間もいかに多くの経験をし、その経験を積みあげても、それで自分を肯定したり、満足することなどできやしない。現在ある状態のなかで、自分の望ましい生き方をし、そのなかに意義をみいだしてゆく、そういうほかに生き方はない。

そんなことを教えてくれる映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Haru

4.5現代社会が抱える問題を内包した西部劇

regencyさん
2020年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

前の『ファーナス/訣別の朝』がもうすでに西部劇テイストだったスコット・クーパー監督が、本腰入れて西部劇を撮ったな、という印象。
結構容赦ない展開になっていく中で、異人種同士のヘイトクライムやPTSDといった、現代社会の問題をサラリと入れているのがポイント。
とにかく、こういうシブい西部劇は大好物。

クリスチャン・ベール主演の西部劇といえば、大傑作『3時10分、決断のとき』があるが、プロットが本作と似ているのは偶然ではないだろう。
なにしろ、『3時10分』の監督ジェームズ・マンゴールドも西部劇ファンだから。
なお、ベン・フォスターも両作品に出ているが、『3時10分』では冷血漢なガンマン、こちらでは狂気を宿した服役囚と、地味なのに目立つ役どころをこなすのに長けている。

それにしても『3時10分』でもそうだったが、ベールはホントにヒゲ面が似合う。
ついでに言えば、ヒロイン役のロザムンド・パイクは11月まで日本公開作が目白押し。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
regency

4.0偏見を乗り越えて

素子さん
2020年3月10日
iPhoneアプリから投稿

最初に先住民に対し差別意識を持った陸軍大佐が先住民を護送するストーリー。旅の途中での経験、それぞれの人物の変化を名優らが醸し出す。かつてのアメリカの先住民に対する歴史の闇と反省がこの映画で伝わってくる。共に戦う中で人種を超えて芽生える友情と絆、それをこの映画は体現している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
素子

3.5透明感のある西部劇

2019年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2本立ての2本目でヘビーかなと思ったが、ショッキングな内容の連続ながら、意外とひねりはなく、最後まで集中して観ることできた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ひぐらし

2.0知識不足

隣組さん
2019年11月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ネイティブアメリカン対立の背景について知識不足で人物の相関関係もよく分かえらず作品に入り込むことが出来なかった。同じような展開と景色が続くため途中も眠気に襲われてzzz…。残念ながらこの作品の良さを感じることが出来なかった。
2019-238

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

4.5今や大人気のティモシー・シャラメが真っ先に退場。

kossyさん
2019年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 9 件)
kossy

3.5死から生への行軍

ムロンさん
2019年10月26日
Androidアプリから投稿

主人公の死が充満してる世の中から同じ仲間との体験を経てのラスト感動です‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ムロン

4.5米国の本質を内省・巡行する秀作

2019年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
りゃんひさ
「荒野の誓い」の作品トップへ