「純粋だか悲しい」エンジェル、見えない恋人 ワンコさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

エンジェル、見えない恋人

劇場公開日 2018年10月13日
全32件中、23件目を表示
  •  
映画レビューを書く

純粋だか悲しい

もの悲しさが付きまとう映画だ。
最初、透明な男の子エンジェルは、精神病院に収容された母親の作り出した虚像ではないのかと思わせる。しかし、近くに住む女の子との交流や成長、一時的な別れ、そして母親の死、成長した女の子との再会、彼女とのセックスを経て、透明なエンジェルの実体の部分がどんどん大きくなっていく。抑え気味だった人としての感情的な部分も、エンディングに向けて表現されるようになる。ただ、やはり、大人になってもエンジェルは透明なままだ。そして、登場人物がかなり少ないこともあるのだろうか、この家族は、ごく限られたところでしか、幸福でいることができないようにも感じられる。純粋でいようとすると、多くと関わることが難しいのだろうか。美しいけれど、なにか悲しさを纏う映画だ。

ワンコ
さん / 2018年10月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi