エンジェル、見えない恋人のレビュー・感想・評価

エンジェル、見えない恋人

劇場公開日 2018年10月13日
32件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

不可視な存在の「聖性」を示唆する、美しい恋愛奇譚

原題はMon ange、フランス語で「私の天使」。盲目の少女マドレーヌに恋をした透明の少年エンジェルが主人公。母を除きエンジェルの存在を唯一知るのがマドレーヌで、2人が相思相愛になったのは大変な奇跡だ。

8~9割方カメラが写す映像=エンジェルの視点として構成したのが妙味。主人公は終始写らないので、男性観客なら自分を重ねられるし、女性なら好みのイケメンを想像できる。9月公開の「かごの中の瞳」は盲目の妻が視力を回復したことで夫婦仲に変化が訪れる話だが、本作と見比べるのも一興。見えないことはゼロではなく、相手が理想の像を投影できる点で最強、至上の存在と言える。だから聖なる天使の名が与えられたのだろう。

低予算の割にCGを効果的に使っている。映像も美しい。予告編に使われているが、マドレーヌが幼少から10代に変わるジャンプカットもシンプルだが印象的。プロローグとエピローグの呼応もセンス良し。

AuVis
AuVisさん / 2018年10月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

なんじゃそれ?みたいな……

芸術志向の真面目な映画だと思って、全身に力入れて真剣に見てたら………

カルトムービーだった(爆)。

古リラッ熊
古リラッ熊さん / 2018年11月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ムードいっぱいの映画

仏らしい、ムードいっぱいの映画。
少女マンガを読んでいるような感じだった。
男性(エンジェル)の姿は目に見えないので、ずっと女性(カトリーヌ)を映し続けることになる。邦画でリメイクされて新川さん主演だったらたまんないなあ、と思う。ぜひ作ってほしい・・・と本音の冗談を書いてしまったが、映画は静謐できれいで、それこそ絵本を楽しむようにみたい。
79分の、素敵な時間を堪能してください。
感性の映画。

個人的尺度:3.0は「損はしない」3.5以上は「見てよかった」。2.5以下は「なんらかの点でがっかり」

CB
CBさん / 2018年11月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オトナのおとぎ話?

姿を消す魔術師の夫を失って精神を病み、施設で出産した息子は姿が目に見えない。その息子が施設の隣家の盲目の女の子と恋に落ちて…。前半はピュアなおとぎ話だけど、女の子の目が見えるようになってからは春琴抄のようなエロさが。更に若干「ダゲレオタイプの女」を連想させるホラーじみた感じも。
主人公が映らない代わりに、肌の毛穴一つ一つが見えるような超アップが多く、女の子の幼少期、ティーン、成人期を演じる3人がみんな魅力的。

ミーノ
ミーノさん / 2018年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フレンチのラストにしては前向き! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

出会いは、衝撃だろう。
全身の見えない男の子
目の見えない少女
2人は出会う!
そして少女は、目が見えるようになって
2人はどうなるのか?
フランス映画らしく官能のシーンもあります。
ラストは、フランス映画らしくなく
前向きなのが
良かった!

大阪ぶたまん
大阪ぶたまんさん / 2018年11月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心地良く官能的な作品

もう少しティーン向けの純愛映画と思っていたら、思いの外大人向けの官能的な作品だった。透明人間って設定がまた良いよね。ヒロインの動きだけが見えるのが非常に官能的だ。描かれているのは間違いなく純愛だけども。

純愛を描く目的以外のあらゆる部分を削ぎ落とした作品。淡々とした静謐な雰囲気は好きだったが、前半のもったり感が辛く寝てしまった。言うまでもなくこの映画の特色でもあるのだが、エンジェル目線のカメラワークがずっと続くのもちょっと退屈だった。

あいわた
あいわたさん / 2018年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大切なものは目に見えない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

星の王子さまの言葉です。

5感で感じとる気持ちは、
恋愛というか
信頼関係にある人とのつながり方の
本質なんだと改めて感じます。

声、匂い、気配で
ふれあう二人は、
いつわれない心の真ん中で
交わって、ひとつになっていく。

そんな、
シーンがたくさんあります。

画面がエンジェルの目線になって
いて、

マドレーヌの眼差しや息づかい、
自分の涙で曇る視野が再現されていて、
まるで自分がエンジェルの立場の
ような感覚になります。

その上、
ベッドシーンでは
お互いを求める気持ちが共感できて
すごいリアルな感覚になりながらも、

純粋な愛というのが、
前提にあるからなのか、
マドレーヌが美しいからなのか、
わからないのですが上品。

なんというか、
それが自然の行為で
日常の一部のような感覚に。

だから、
自分の欠点に対して
絶望する相手の姿をみれば、
あのような行動をとるのもわかります。

そして、

それに対するマドレーヌの行為が
素直。

奇をてらった行動は、何もないので
王道すぎるという気もするんですが、
ずっと気になる点がラストまで続きます。

エンジェルの存在です。

空想なのか、存在するのかが
解釈が難しい…

マジックによる現象ととらえるか
精神の偶像とするか

まぁ、別にいいか。
という気持ちになってしまう
くらいに、

人物のビジュアル満足感や幸福感に
包まれるので
よしとなるんですが。

お互いが
好きになっていく過程での
横にいる相手の息づかいや、

出会いの日の、
握手を求める少女時代の
マドレーヌのくしゃっとした、
ふんわり髪は、

萌える人続出と思う。

日常の雑事を、そぎおとして、
出会った時の、あの感覚は
コレだよっていう
作品でした。

付き合っている人といくと
いいかも。

くり
くりさん / 2018年10月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

紙一重

純愛と異常は紙一重?
これは幸せなラストなのか?
見終わって嫌な気持ちにならないから、ハッピーエンドなんでしょう。
なぜ、急にお父さんがいなくなったか、知りたかった。

ふわり
ふわりさん / 2018年10月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

美しい映像と静けさ、鳥の声

さすがフランス映画。森の中の美しい映像、鳥の声がずっとバックに流れて、見ている側も幸福感に浸りました。
ストーリーは個人的には想定外でしたが、さすがフランス、愛の国と言われるだけあります。

caprii
capriiさん / 2018年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すっぽんぽんの恋人 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

短い映画という事もあり、1クールドラマのダイジェスト版と言った印象。
テンポは良いんですけど、やはり合間合間に挿入して欲しかった紆余曲折がない分、カタルシスに欠ける。

透明の子供が生まれて来てしまうって設定はファンタジーですから良いんですけども、いつまでも服を着せずに裸で行動させるのはどうなの?
確かに他人から見たら服だけ浮いてるように見える訳で幽霊だなんだと大騒ぎになりますけど、人気のない村に潜んでる訳ですから多少は来ておかないと身体中傷だらけになるのでは・・・
靴すら履いてないですし。
それで血が一滴も出ない不自然さ。

あと産まれた瞬間に母親が全く驚かずに愛情注いでたり、病院?でその子の存在を隠しているようですが、ギャーギャー泣いてるのに看護師が気づかない不思議。

ヒロインは子役時代の子の演技がとても上手い!
見えない彼氏と盲目の彼女というバランス設定は凄く良かったのだけど、手術で見えるようになるまでが早すぎるかな...
結局は死んでしまう母親は何の病気なのかも明かされないので感動が薄れる。

この作品は乳首のアップが多くて、もしかしたら監督の趣味なのかもしれない。
AVで男優はいらん!という人が稀にいますが、この監督も同じ思考なのかもしれない。

ラスト付近、写真撮影する時ぐらいは服を着ろ!w

ジーナ
ジーナさん / 2018年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロマンス満載

不都合なリアリティをいっさい排除した、ロマンス溢れる作品でした。

見えない存在から見る景色は、とにかく美しく、憧れや愛情に満ちているように感じました。

まさに、単館系といった感じでした。

ユージーン
ユージーンさん / 2018年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

外見などどうでもいいと思えてくる

とっても独創的な作品で面白かった

優しくて温かいファンタジー恋愛映画だった

生まれつき透明人間で生まれてきたエンジェルは、母親が入院している病院の隣の家で暮らす少女マドレーヌと出会う

全盲のマドレーヌは、エンジェルの存在を感じ、彼が透明人間とは知らずに友達になり、思春期を迎えた頃に恋人へと発展する

しかし、彼女は視力回復の手術を受けることになり…

偶然にも、最近観た映画「かごの中の瞳」とかなり設定が近い作品

どちらも「全盲の彼女の目が見えるようになったら、僕は捨てられる」という不安を映画にしている

「かごの中の瞳」は、その不安がサスペンスになり、この「エンジェル」は、そこからファンタジーへと発展していく

美しい恋人を持ってしまった男性たちは「こんな自分は、彼女と釣り合わない…」とネガティブな気持ちにおちいってしまうのが、その原因だ

もちろん、それは逆パターンでも同じこと

めちゃくちゃイケメンな彼氏ができてしまった女子は「なんで、私なんかと…」と、悩むに違いない

それならば、「いっそのこと、恋した相手が透明人間ならどうか」という、思い切った提案をこの映画はしている

そうして「恋愛に必要なものは何か。立派な外見か、それとも、そばにいて欲しいという気持ちか」について考えさせる

で、結局、透明人間を恋人に持ったマドレーヌは、どういう選択をしたのか
については、ぜひ、映画を観て確認して欲しい

けれど「かごの中の瞳」は、ネガティブな方向に気持ちが走ったのに対し、こちらは、それとは対象的にポジティブに話が展開していくのが良かった

気持ちが救われる作品になっている

現代は「人種とか、肌の色で人間を判断するのはやめましょう」という、多様性の時代を迎えたているけど、この映画は、まさにその究極の形を提示している

目が見えない状態で愛し合っていた二人が、目が見えた途端に破滅するなら、本当に二人は愛し合っていたとは言えないのではないか

彼らを見ていると「本当に外見とかどうでもいいな」という夢の世界が見えてくる

愛の形は、人それぞれなのだ

とえ
とえさん / 2018年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ザ・フランス映画

私にとって、
着ている衣装がおしゃれで洗練されていて、
自然が美しく、
明るさが抑えられていて、
声高に叫んだりせず、
官能的で、
心に訴えかけられてきて
こういう意味かな、と余韻に浸る
ザ・フランス映画という感じでした。

目の手術がおわれば姿が見えると勘違いしていました。
物語の背景のフランスの精神医療はどんな感じかなあと調べていますがなかなかでてきません。
おとぎ話として、とらえたほうがいいのかなあ

あと、女性が美しすぎる。妬ましいくらい、乳首が綺麗すぎる。

なりっくま
なりっくまさん / 2018年10月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても美しいラブロマンスなんですが、もう一捻り欲しかった...

透明な身体で生まれたアンジュと、目の見えないマドレーヌのファンタジー・ラブロマンス。幼少期から青年になるまでの二人の淡い恋を秘めた交流を、彼らの成長に合わせて丁寧に写してくれていてとても好感。姿の見えないアンジュの仕草の見せ方もなかなかリアルで、撮影の工夫を垣間見たような気がします。ただ、手術でマドレーヌの眼が見えるようになってからの展開は好みが分かれるかも知れません。結局彼ら二人でその後の生き方を決めてしまうのですが、リアリティが少し欠けているように感じられ、脚本にもう一捻り欲しい処でした。ところでアンジュはずっと服を着ないのでしょうか?服が立って動き回っている様を見ると周囲の人間はさぞかしビックリするでしょうが、裸のままでは寒い季節はそれこそ風邪をひいてしまうのではないか、と余計なことを考えてしまいました。ファンタジーですから細かいことにまで拘泥するのは野暮かも知れませんが。

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2018年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

肩透かしな映画

なんとも肩透かしな映画だった。ストーリー設定は良いのに、とにかくエピソードが薄過ぎて感情移入出来ない。ポスター・ビジュアルと予告編にまんまと騙された…そんな感じの映画だった(笑)

stoneage
stoneageさん / 2018年10月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好きな感じの映画でした。

序盤からファンタジー要素強くて置いていかれてました。
只、全てを受け入れて生きていく!
これが現代的で良い話なんだと思います。
ハンディキャップをかかえてるけど、欲をむき出しにするエンジェル。
こんな自分では…と自ら離れていくエンジェル

たぶん。昔の◯ィズニー映画なら二人が心から本当に素直になってキスしたら、エンジェルが姿を現わすでしょう。

色々頭使って、見終わった後の頭痛が酷かった一作となりました。

ギマー
ギマーさん / 2018年10月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

五感と官能を刺激する純愛映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

別の映画が目当てで映画館へ行き、この「エンジェル 見えない恋人」のポスターを見つけ、「目の見えない少女と透明人間の少年のラブストーリー」という設定に完全に心を奪われて、急遽この映画のチケットを買ってしまったほどの一目ぼれだった。”目の見えない”少女と”目に見えない”少年という取り合わせの妙。この設定だけで既に詩のようである。

というわけで、私は設定とポスターの印象だけで映画を見始めてしまったので、内容についてはほとんど知らない状態だったのだが、さすがにポスターの印象と設定から受けるイメージとはかなり違う内容だなということにはすぐに気が付いた。てっきり少年少女のピュアなラブストーリーとして「小さな恋のメロディ」的な位置の純愛映画かと想像していたものの、実際の作品は実に官能的で肉感的。彼らが少年少女でいる時間も割と短めであるし、その背景には重苦しい設定も浮かんでくる。私は勝手に「目の見えない少女と透明人間の少年のラブストーリー」という設定に純真さを期待してしまったけれど、この映画は逆にとても官能的でセクシー。完全に大人のラブストーリー。

そして私はこの映画にから、「見えない」ということを、他の五感を刺激することで映画に置き換えようとしているそんな印象を受けた。私は映画館でスクリーンを「見て」いるのだけれど、その「見る」という行為で「見ない」ことを感じるというか(なんだかややこしいな)。「見えない」ことで研ぎ澄まされていった聴覚や嗅覚や触覚などを、映画を「見る」と言う行為を通じて強く感じさせるような(またややこしい)。視覚を一つ塞ぐことで「官能」が五感のひとつとして加わり、刺激され掻き立てられていく。そんな様子を感じさせる映画になっていて、想像してた作風とは違ったけれどこれはこれでユニークで面白いと思った。ベルギーの映画だったけれど、やっぱりヨーロッパは官能の解釈が深いなと本当に思う。ついついありふれた純愛映画を期待した自分の発想の貧困さを思い知ったような感じだった(いやこの映画は紛れもない純愛映画なのだけれど)。

とても静謐で、物語に大きな起伏があるわけではないのだけれど、五感どころか第六感まで使って全身で映画を感じるような作品だったし、ポスターに一目ぼれしてチケットを買って良かったなと思った。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2018年10月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

純愛

主人公が綺麗だった…。やらしい目で見無ければ全ては美しい…のかな…。

シゲルデハル
シゲルデハルさん / 2018年10月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

目が見えないこと ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この作品と同時期に「かごの中の瞳」は、同じ様に目が見えなかった奥さんが目が見える様になって、その家庭は悪い方に行ってしまうが、この作品は相手を受け入れ、前向きに進んでいく。同じ状況でも気持ちの持ち方や環境で変わるということがよくわかります。それにしても、出演者も少ないし、場面も少ないからかなりの低予算で上がっているのかな?

ごっとん
ごっとんさん / 2018年10月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

☆☆☆★★★ 簡単に。 作品の根底に有るのは。ひょっとして、あの喜... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

☆☆☆★★★

簡単に。

作品の根底に有るのは。ひょっとして、あの喜劇王の有名作品の《その後》を、【悲劇では終わらせたく無い】との強い気持ちが有ったのだろうか?
まあ…あくまでも此方の思い込みも有りますが…。

映画は数カットを除き、全編でほぼ《彼》の目線による一人称によって展開されて行きます。
それによって得られるのが。母親ルイーズと、《彼女》マドレーヌの顔のアップを多用し、異様な雰囲気に包まれているところ。
恋愛映画で有りながらも、ホラー映画としての要素を多く含み。全編に渡って、観ている観客側に緊張感をもたらしています。

後半になると、その異様な雰囲気の中で。少しだけ繰り広げられる。軽いソフトSMの世界。
⁂ 1 観ていて、「あれ?ちょっと待てよ!この手の内容って、ピンク映画に何本も有りはしないか?」…と(ー ー;)
確か滝田洋二郎辺りが以前に撮っていそうな…って、言ったところで。観れば分かる通り、作品に対して取り組んでいる志が違いすぎますけどね(-.-;)

コール・ポーターの名曲♬SO IN LOVE ♬と、オールデイズの名曲♬ AII THE WAY ♬の余韻がとても良かった。

最後に一つだけ、完全なる思い込みを…。

時々ですが、「あれ!これって、キリストの復活を願う作品なのかな?」…と、感じる時が有る。
エンジェルは、馬小屋では無いものの。小さな小屋で産まれ。映画の最後にマドレーヌは妊娠をする。
まるで聖母マリアの様に。

⁂ 1 帰宅後に検索したら…出て来る出て来る(笑)
『透明人間 犯せ!』『痴漢透明人間』(シリーズ)『好色透明人間 女湯覗き』(監督はあの山本晋也)(^_^;) こりゃキリがない!

2018年10月17日 ヒューマントラストシネマ有楽町/シアター1

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2018年10月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

32件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi