ベトナムを懐(おも)う

劇場公開日

  • 予告編を見る
ベトナムを懐(おも)う
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

祖国ベトナムを離れ、ニューヨークに暮らすベトナム移民たちを描いたヒューマンドラマ。ベトナムで有名な舞台作品を、「輝ける日々に」「超人X.」のグエン・クワン・ユン監督が映画化した。1995年、冬のニューヨーク。雪が降る中を老人ホームから抜け出してきたトゥーは、息子のグエンと孫娘のタムが暮らすアパートに転がり込む。ボーイフレンドの誕生日を祝おうとしていたタムは想定外だった祖父の乱入に困惑。タムとトゥーは口論となり、トゥーは家を飛び出すこととなる。そこへ残業を終えて帰ってきた父グエンは、ベトナム移民である家族の歴史、そして故郷への悲しい思いを娘に語り始める。

2017年製作/88分/ベトナム
原題:Da Co Hoai Lang: Hello Vietnam
配給:ムービー・アクト・プロジェクト

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)HKFilm

映画レビュー

0.5単調

2019年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

単純

 本日と同じ映画館で昨年開催したベトナム映画祭のパンフレットの表紙がこの作品のワンショットだった。
 緑豊かな水辺で若い男女が並んで座り、男が民族弦楽器を奏でている。とても美しい写真で、この作品をぜひとも観てみたいと強く思ったのだが、日程が合わずその時は叶わなかった。
 今回、単独で上映されることとなり、念願が叶ったことになる。
 しかし、写真と映画とでは色合いや陰影の深みがまるで異なり、スクリーンに映ったベトナムの自然はひたすら明るく、乾いた光に満ちていた。
 そして、映画の主な舞台はニューヨークの狭いアパートの中で、ベトナムの風景はあくまでも回想部分に映し出されるくらいである。
 ベトナムの湿度を持った空気や美しい緑を期待していただけに残念だ。
 さらに、祖父と孫娘の言い争いを映すカメラワークも単調で、説明的なカットの連続と相まって、直線的で単純な映像となってしまっていた。
 興味深いテーマを取り上げていたものの、登場人物の心情を説明することに汲々としてしまい、ニューヨークの風景とベトナムの美しい農村の情景との対比でそれらを表現する術が、もう一つだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よしただ

1.5世代間ギャップ

Bacchusさん
2019年3月24日
Androidアプリから投稿

単純

幸せ

息子に呼ばれて ニューヨークに移住して1年、養護老人ホームから抜け出して家に帰ってきた爺さんと孫娘の確執の話。

お国柄なのかつくりや感性がちょっと古くさく、自己中わがまま全開の爺さん。

間の存在である父親の話で一応爺さんの思いは伝わるけれどそれはそれという感じが消えず。

孫娘が赦されなきゃならないことって何かあったか?
全体的にちょっとチープ過ぎた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全2件)

他のユーザーは「ベトナムを懐(おも)う」以外にこんな作品をCheck-inしています。