「新しい哲学の幕開けだ!」レプリカズ アサシンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「レプリカズ」 > レビュー > アサシンさんのレビュー
メニュー

レプリカズ

劇場公開日 2019年5月17日
全37件中、32件目を表示
  •  
映画レビューを書く

新しい哲学の幕開けだ!

生き返らせる訳でもなく、単なるクローンでも無い。
心も体もスキャンしてコピーする。
こんな事今まで映画でも小説でも学説にも哲学にも無い。
初めての試みは成功した。
キアヌの自分のコピーは機械体だけど拒否反応無いのは日頃の行いだねキアヌらしい。
途中までキアヌがヘタレなんで悲惨な最期を覚悟していたが。
いやはや、マジか!
そうでるか!
こんな爽やかな最期とわね。
悪い奴のこんな再生の仕方があるなんて!
世界が全て変わるなんて。
驚きマンモス‼️
ヒロインもセロン以上にキレイですね!

アサシン
さん / 2019年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

心のスキャンも脳細胞から化学的に再生してるから絵空事じゃ無い。
現在の医学でも死んでから数時間は脳細胞生きてるし。
この映画のパターンもかなり現実的です。
つまり、概念的には生き返らせるのも可能だとゆう事。
何か明るい未来感じましたね、自分と関係ないけど。

アサシンさんのコメント
投稿日:2019年5月18日
アサシン
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報