リーディング エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。

劇場公開日

リーディング エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。
50%
25%
0%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「祈り サムシンググレートとの対話」の白鳥哲監督が、20世紀アメリカで「奇跡の人」とも称せられたエドガー・ケイシーと、ケイシーが行った「リーディング」について、回想ドラマを交えて描いたドキュメンタリー。医学的知識を持ち合わせていないものの、催眠状態に入り、相手の肉体を透視して病気の原因や治療法を的確にリーディングする(述べる)ことができたというエドガー・ケイシー。なぜそのような才能が培われていったのか、現代人が抱える病をモチーフに、日本エドガー・ケイシーセンター会長の光田秀氏らとともに、ケイシーの謎に迫る。回想ドラマパートでは、アメリカ人タレントとしてお茶の間にも知られるセイン・カミュが、エドガー・ケイシーを演じている。

2017年製作/96分/G/日本
配給:OFFICE TETSU SHIRATORI

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
白鳥哲
製作プロデューサー
白鳥哲
製作
成田健
制作プロデューサー
赤間俊秀
撮影
大久保礼司
編集
浜田未央
CG
田中一弘
音楽
高橋全
サウンドプロデューサー
伊藤圭一
ナレーション
白鳥哲
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)OFFICE TETSU SHIRATORI

映画レビュー

4.0白鳥監督のリーディング

fuhgetsuさん
2018年5月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

エドガーケイシーの名前を聞いたことはあってもほとんど何も知らず、でもなんとなく避けていた自分がこの映画なら観てみたい、今このタイミングで知っておきたいとなって、シネマスコーレに足を運んだ。
催眠状態のリーディング。
なんとも怪しいけれど興味津々な世界である。
映画はのっけから、ケイシー療法と呼ばれるホリスティック医学の成果を物語るインタビューがつづく。
ガン患者にとって代替療法の選択肢のひとつとなっていて、その成果は極めて高い効果がある。
ヒマシ油湿布がいかにいいかなど、必要な情報がたくさん紹介される。
食事も生野菜にゼラチン、アトピーだったらナス科は避けるとか、どれも特別なことでなくすぐはじめられるわかりやすいものばかり。
ケイシーの生い立ちからの再現ドラマを挟んで、医者に見放された難病患者や医療関係者のインタビューがつづき、あらゆる現代病を治すことができる福音書に例えられていた。
催眠状態でアカシックレコードにアクセスして、リーディングする。
そのほとんどのデータが保管されていて、今でもそれが役立っている。
乳製品や肉や小麦粉などの酸性化しやすいものを絶って、体内をアルカリ性にする。
それだけで短期間に劇的に変化が現れるから、辛くなくつづけられる。
腸内洗浄や食事療法やヒマシ油もすべては浄化、排泄により、滞ることで病になっていた体内の血液やリンパ液やエネルギーの循環を正常化させるという単純な方法。
ようやく今のホリスティック医学が当たり前のように知れ渡るようになった基礎知識は、すでにケイシーが提唱していたものばかり。
血は腸でつくられるといっていた千島学説にも通じる世界が、よくアメリカのような国で潰されることなく広がったと感心するけど、日本はさらにそれを受け入れやすい土壌だと思いました。
全体では逆方向を向いたままの日本ですが、そんな日本だからこそ真の情報に触れたら瞬く間に広がり、ガタガタになって今にも崩れ落ちそうな現代社会の病理を、世界に向けて先陣切って浄化していくような社会になると信じています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
fuhgetsu

5.0すばらしかったです

2018年3月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

思わず帰りに本屋に行ってエドガーケイシーの本を買いました。たくさんの人に見てもらいたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にこにこぷん

5.0深い感動に包まれました

2018年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

映画を観終わった後に、とても大きくて深い感動に包まれました。
金権や物欲に塗れ、物質文明の限界に到達しつつある現代の人類が、次世代のため、地球のために、これからどう生きるべきかを示唆してくれる映画です。
人を傷つけたりすることがエンタテイメントになってしまっている映画界。
こんな現代の世に、この癒しの映画が存在することは人類にとっての希望です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みっふぃー
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「リーディング エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。」以外にこんな作品をCheck-inしています。