「祭りだ祭りだ」銀魂2 掟は破るためにこそある ケバブさんの映画レビュー(感想・評価)

銀魂2 掟は破るためにこそある

劇場公開日 2018年8月17日
全317件中、24件目を表示
  •  
映画レビューを書く

祭りだ祭りだ

これってわざわざお金かけてやること?
という評論家の怒りが聞こえてきそうです。

でも銀魂は身内で遊ぶお祭りです。福田監督に沢山お金をあげてもパロディの質を高くするとか、背景をゴージャスにしてみるとか、肝心の目の前の敵はぬいぐるみだったり、そういうことになるだけです。現に勇者ヨシヒコはオープニングに予算を使い切ったのでは?とわたしは疑問に思うばかりです。

深夜枠の連ドラでやってたら最高過ぎるけど、キャストが豪華過ぎてもう無理ですね。橋本環奈さんの新たな魅力を引き出した点ではグッジョブとしかいいようがないし、このシリーズの評価がそのまま「今日から俺は!!」に出ているようにも感じます。

でもこの映画は後半から急にギアが入りだし、バトルシーンに惹きつける魅力があります。遠隔地で戦う人たちが目まぐるしく切り替わる映像は観ていて爽快感抜群でした。前半と後半、違う作品ですか。福田監督はこういった、ジワジワとおふざけ路線から本筋に話を持っていくのに長けている方ですよね。「今日から俺は!!」も気が付いたらおふざけシーンを散りばめつつ、段々とシリアス展開、ちゃんとしたバトル作品になってきています。恐るべし。来年は公開がないみたいなので、再来年を楽しみにしています。

ケバブ
さん / 2018年11月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報