「漫画原作の実写化としてはかなり成功の部類」恋は雨上がりのように ぷらさかさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

恋は雨上がりのように

劇場公開日 2018年5月25日
全260件中、20件目を表示
  •  
映画レビューを書く

漫画原作の実写化としてはかなり成功の部類

原作既読、原作ファンです。
主人公の女子高生が「ゴミを見るような目」で見下ろすシーンがあるのだが、これを小松菜奈があの目でやるというならスクリーンで観ねばなるまい、って訳で行って来ました。
改めて見ると、小松菜奈は日本人好みの正統派美人女優の顔立ち系統とはちょっと違う。とにかくあの目と大きな口が印象的で、どっちかというとモード系モデルだとか、ハリウッドが好きそうな顔立ちだ。そして演技は実に素直で、妙な癖がついていないし、あまり奇をてらったことをやろうともしてない。何となく彼女自身の性根が体育会系なんじゃなかろうかと思った。
というわけでこの映画は彼女のアイドル映画としても成立しているし、青春恋愛映画、あるいは失われた青春の懐古映画でもあるし、原作ファンとしても満足なのでなかなかバランスのとれた仕上がりだと思う。
ただ事前に予想していた通り、大泉洋の何をやっても大泉洋感は健在で、段々と竹中直人の領域に近づいて来ている感がある。いや、嫌いじゃないが大泉洋。
だがちょっと予想外なくらい、他のキャストが多少のビジュアルのズレはあってもキャラの雰囲気をそのまま実写の人物として持っていってたので、その意味では原作の世界観の中に大泉洋店長がいる感じはあった。
脇役でのファインプレーは清野菜名と戸次重幸。清野菜名はもっとアクション女優としての仕事も観たいが。戸次重幸が店長役でもとも思ったんだが、それだと商業パッケージとして厳しいのか。
山本舞香は佇まいはよいのだが、イントネーションが気になってしまった。松本穂香は彼女だということに気づかなかった……髪型でだいぶ印象変わるな。
しかし、前半どうしても気になったのがどう見ても光が夏の光じゃない。願わくば抜けるような夏の空と光で撮ってほしかった。
それと劇伴がもう少し凝っていたりすれば、あとひとつ突き抜けた作品になれていた気がする。

ぷらさか
さん / 2018年7月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi