ジム&アンディ

13%
87%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

2017年製作/93分/アメリカ
原題:Jim & Andy: The Great Beyond - Featuring a Very Special, Contractually Obligated Mention of Tony Clifton

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0カメラの前にいるのは誰なのか

2020年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

新たなメイキング映画の傑作の誕生だ。ミロシュ・フォアマン監督、ジムキャリー主演の『マン・オン・ザ・ムーン』のメイキング映画なのだが、実在したコメディアン、アンディ・カウフマンを演じるジム・キャリーが撮影中以外でも役から抜け出せず、カウフマンとして振る舞い続け、スタジオに混乱をもたらす様子を捉えている。カウフマンの家族とも対面し、本当の家族のように振る舞ったり、カウフマンと同様にわがまま放題言いまくり、巨匠監督を困らせる。あまりに常軌を逸した行動が映っているので、パラマウントがこの映像を封印していたと言う。
カウフマンは、持ちネタでトニー・クリフトンという歌手を演じることがある。カウフマンがトニーを演じる時もこのようになりきっていたようで、映画の中でトニーを演じる時、ジムはトニーにもなっている。何重にも入れ子構造になって、今カメラに映っているのは誰なのかわからなくなってくる。芝居とは、人間の実存とは何かについて深い思弁を与えてくれる作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る