「深みのあるエロさ」娼年 PikaruUsaさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「娼年」 > レビュー > PikaruUsaさんのレビュー
メニュー

娼年

劇場公開日 2018年4月6日
全154件中、25件目を表示
  •  
映画レビューを書く

深みのあるエロさ

さすが三浦監督と言わざるを得ない映画、
こういう類の映画を作らせたら三浦監督の
右に出る者はいないのではないかと思ってしまいます。

映画の中で様々な性癖を持つ女性(男性)と
松坂桃李が交わっていきますが、
1つ1つのストーリーに深みのあるエロさを感じます。

1つの映画の中で様々な男女の交わりを
描いた作品としては「さよなら歌舞伎町」や
同じ三浦監督の「愛の渦」なんかも似たような
映画ですが、この作品が一番好きです。

娼夫の仕事を通して、主人公自身も
成長していく姿がとても印象的でした。

PikaruUsa
さん / 2018年11月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報