「脱ぎっぷりが凄い」娼年 巫女雷男さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「娼年」 > レビュー > 巫女雷男さんのレビュー
メニュー

娼年

劇場公開日 2018年4月6日
全131件中、21件目を表示
  •  
映画レビューを書く

脱ぎっぷりが凄い

松坂桃李が脱いだ事で有名になったのは知っていたが、脱ぎっぷりがここまで凄いとは。
映画館で観てたならば動揺を隠せないかも知れない。評価も変わっていたかも?。
前半は本当にそわそわした。

前半はエロティシズムさが目立つ性行為映像で「映画としてはいかが?」とは思ったが、徐々にこの映画の意図的部分が分かり出した。

エロさよりも個々の人間のコアでマニアックな欲望が映し出される。
職業への葛藤はあるものの、人の欲望を満たす1つの形として観れたからこそ面白かった。

松坂桃李も裸になるのを躊躇しなかった理由はこの脚本にあると思う。

前半と後半とでは観る側の心境の変化が変わる中々興味そそられる映画でした。

巫女雷男
さん / 2018年9月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi