チェリーボーイズのレビュー・感想・評価

チェリーボーイズ

劇場公開日 2018年2月17日
15件を表示 映画レビューを書く

なんかおもろい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

くすりと笑える感じ
池田エライザがかわいい

やっほー
やっほーさん / 2018年11月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

男の友情って…

男の友情って何か色々凄い。
柳俊太郎さん、メンノンのモデルみたいだな…っと思っていたら
本当にそうでビックリ(笑)
池田エライザが男前。

フラニー
フラニーさん / 2018年8月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

家族とは観られません。ネタバレでは無いが、あえてネタバレボタン発動。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

社会人になっても女性経験ない男性3人組が理由と現実の歯車が合わずに苦悩するお話。
エッチネタがメインなので家族では到底鑑賞出来ない作品になっている。(イチャイチャカップルなら可。)

前半から下ネタ全開で「おまえら小学生かよ」的なお話だし、真面目に実践したら「それ、犯罪です!」ネタ。
下手したら犯罪誘導作品として警視庁から永遠お蔵入りされそうな作品。
それを面白おかしくギリギリに公開かよ。と。

俳優陣の演技もいいし脚本も少し歯車を外した的で、一般的な監督なら狙いに行く所を敢えていかない所等は中々絶妙なバランスなのだが、「異性」への考え方が浅はか過ぎて大人には「何とも言えねぇ〜」状態。

まぁ、「愛」と「性欲」に葛藤する大人になれない3人組を面白おかしく観てやって下さいませ。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2018年7月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

池田エライザ万歳! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ジャンル的には1番好きな青春童貞もの。期待してましたが、ホントに良かった。
まず登場人物のあだ名が直球過ぎてもってかれました。もうこの時点で期待しかない。笑
童貞ならではの馬鹿らしさ、そして田舎の閉塞感とその苦しみもよく伝わってくる。現実から目をそらしながら生きるが、気付き、方向はおかしいが前を向こうとがむしゃらになる姿が愛おしい。田舎のヤンキーはホントに恐い。
最後した風のく●にが最高でした。ただ、内輪にだけカッコつけるく⚫にが一番性格的には難ありなので、ちゃんと生きてほしいです笑

前野さんはドンズバですが、林くん、柳くんもめっちゃ童貞臭出てて良かった。柳くんはイケメンなのにあの飛び道具はズルすぎる笑
でも今回は池田エライザちゃんですね。フ●ラファイトとかマジでやばいです。コメディですがただただものすごい。よくやってくれました。部屋着のシーンもエロい。歩くときにちらっと出てくるお尻最高。物凄く細い方だと思ってましたが色っぽかったです。すみません。フ●ラやら手●キやら普段は聞けない言葉がたくさんでお腹いっぱいでした笑

パセリ
パセリさん / 2018年5月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

童貞力がすごい

好き嫌いかなり分かれるテーマかと思いますが、
童貞3人組の童貞こじらせ臭が秀逸。

林遣都の、彼本来のピュアさを全て消し去った体当たりの演技に感心しました。
本物の役者だなとおもいます。

めまい
めまいさん / 2018年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

25歳過ぎて童貞???

設定は面白い🤣と思うし、実際にオタク感も出ていたが、心に響くものが何も無かった!

それにコメディ映画の割には、笑えるシーンが少なくてガッカリ!

まあしょうもないギャグやダジャレを連発して、無理矢理笑いを取ろうとして滑りまくるよりは良いが…

ただ俳優は、恥ずかしがらずにしっかり演技してるのは良かった!

underground0003
underground0003さん / 2018年3月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女性ですが凄く面白かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

簡単にまとめると、主人公の国森(林遣都)は、自信がないダメ男で、自信を取り戻す為には、脱童貞しかないと思い込んでいる。しかし、彼が自信を取り戻すには、実は必要だったのは脱童貞(やらせてくれる女)ではなく、彼を肯定してくれる友人(男)だった、という話し。

構造的には女をダシにした超ホモソーシャルな世界ですが、嫌悪感は沸きませんでした。

国森が徹頭徹尾情けなくて最低で、ちっぽけでちっぽけな奴で、むしろ、泣けました。国森も自分がちっぽけとわかってる。変わりたいと思ってる。発想と手段は間違ってますが、彼なりに一生懸命。友人二人も彼を支えようとしている。国森視点では青春友情成長ストーリーです。

しかし、ヒロイン笛子(池田エライザ)の最後の言葉に集約されるように、「男だけで盛り上がんな」という冷めた女視点が入っている為、作品全体としては独りよがり感がない。これは脚本のバランスの良さだと思いました。

そして、出てくる女の子達は、通りすがりの名も無きキャラすら、とてもキュート。女性へのリスペクトすら感じる(監督が女性を綺麗に撮ろうとしたと仰っていたが、本当に魅力的)。

そういうわけで、女性が観て、女性だから嫌だった、というのは、私はありませんでした。

一番好きなシーンはラストシーン。劇中、ひっきりなしに目をパチパチしていた国森が、しっかり前を向いている。「俺は人生のステージ上がったぜ」と言わんばかりの顔つき。

でも、はたからすると、変わってない。「変わってねーから!気のせいだから!」と、内心突っ込みまくりました。ここの林遣都の表情が秀逸。絶妙にうざい。髭剃ったのか微妙に小綺麗なのが、またムカつく。上手いです。

バカだなーと笑いながら、バカだなーと泣きました。私はこの作品は好きです。

最後に見逃して欲しくない、と思った箇所を一つ。国森がスマホを操作するシーン。検索サイトを開いたら、すぐ検索第一候補に「国森信一」と出る。何度も自分の名前を検索してきたのだとわかり、国森の孤独と絶望を感じて胸に来ました。もちろんヒット数はゼロです。遣る瀬無い!

yukinko-dayo
yukinko-dayoさん / 2018年3月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

池田エライザが良い

松居大悟の追っかけのわたしは、勿論松居大悟が脚本担当したこの映画も観た。
童貞3人組のストーリー。映画界では定期的に出て来る普遍の青春をテーマにしてると思うけど、林遣都・柳俊太郎・前野朋哉は私の中で絶妙なキャスティングだなぁと思う。良い意味で、カッコよくも気持ち悪くもなれる見た目かなと。
前野朋哉は安心の安定感、柳俊太郎もかなり情けないキャラになりきってた…けど顔がとても小さく足が凄く長く、そしてやはりあのお洒落な顔立ち好きなので隠しきれない格好良さは若干残ってしまっていた。(初めて観たのは「箱入り息子の恋」での役所の職員役、で今回も役所の職員役だったけど、あんなモデル本業おしゃれ顔立ち男が役所の職員やると本当萌えるよ萌える)
林遣都は、こういう人いるね…と。とてもリアルなイケてない男子を演じてた。こういう人見ると、男性は顔じゃないんだなあと身に染みる。
ラスト10分くらい、面白かった。
そして見どころは池田エライザ。これまた好きでも嫌いでも何でもない存在ではある彼女だけど、この映画の池田エライザはいつも以上にエロく、そして性格は無防備な可愛さがあった。このキャラクターはいそうでいない感じで、とんでもないシーンもあるけれど池田エライザ見直した。良かったよ。

まつこ
まつこさん / 2018年2月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

くだらなく笑える

思わず、「くだらねぇ~」って、口走ってしまう、失笑がぴったりの内容でした。嫌いじゃなく、むしろ楽しめました。
気持ちはわかるけど、思考は中学生かなぁ…。
25歳の大人なら、お金で解決する術を身につけるべきかも?
でも、それができないから、物語になるんだろうけど…。
ま、彼らは一生童貞だな。
もう少し、登場人物の設定を掘り下げてくれたら、もっと面白かったのかも?
それが残念…。
再観は必要ないかな。

kawauso
kawausoさん / 2018年2月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3人組の奮闘記

五木さん強い✨
クンニのウソにビックリ‼️
池田エライザちゃんの強さにホッとしました。

たまにはこういうバカな作品もいいかもです。

かん
かんさん / 2018年2月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑った

クンニとプーチンというキャラの名前ね(笑)こんな役名の映画って見たことない。

原作が漫画なんだろうと観ていても分かるような、また原作を結構尊重されてるのかな?良くも悪くも静止画なら面白いんだろうなと思える箇所多数あり。芝居にされるとどうも粗が目立つ。でも漫画のプーチンは見てみたい。

お馬鹿な童貞コメディ&シュールな笑い&青春ドラマと一見相性良さげだけど僕には喰い合わせが悪かった。

この映画一緒に横で観てくれて、最後に馬鹿だねって笑ってくれる彼女がいたら本物だ。

あと、この役を引き受けた池田エライザに一票。

ミッドナイト
ミッドナイトさん / 2018年2月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アダム

どこぞの田舎町を舞台に幼なじみにして25歳の童貞3人組が、童貞を卒業するべく奮闘する話。

虚勢を張ったり妄想したりするも、同級生達の中ではいまだに底辺の3人組。

見栄か、プライドか、ただの根性なしか、本当に違うと感じたのか、中高生ならいざ知らず25歳の設定ではちょっと厳しいと感じるところも多々あるけれどだからこその上がったハードルなのか…。

振り切った笑いや出来事やくだらなさがある訳ではないけれど、おバカで情けなくてちょっとだけ切なさもあってなかなか楽しめた。

そういえば、この作品に限らずだけど…スタンガンで気を失うっていう現実にはおきない描写はいつまでやるつもりなんだろう。

Bacchus
Bacchusさん / 2018年2月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

エロさ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ストーリーが逝かれすぎ
とりあえず池田エライザのエロさが相変わらずすごい。普通にしてるだけでエロさ堪能なのにフェラ顔は反則。やりたくない方が無理!ってビジュアルです

そして林遣都が評判通り普段の林遣都オーラ一切ないただの童貞男にしか見えない
流石役者って感じで内容は普通に楽しめた

リョウタ
リョウタさん / 2018年2月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

チェリーボーイ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なぜ?

石垣佑磨が女性の体を見せるのですか?

そんなに大切な人が居ても

させるのですか?

どうなるのですか?

佐藤優美
佐藤優美さん / 2018年2月17日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても面白かった

 このご時世に性犯罪をテーマにした青春映画を作ること自体にかなりの攻めの姿勢を感じた。ひどい場面がたくさんあって、一体だれがこんなの考えたんだ……オレか!と愕然とした。特に武器を実験したり、実際に用いる場面がとても面白かった。役者のみなさんがとても素晴らしく、主演の林遣都さんの情けない感じや、池田イライザさんの身を張ってる感じ、般若さんの物騒な感じが本当に素晴らしかったです。2月公開ですので、ぜひご覧ください‼︎ 試写会は日程がなかなか合わなかったのでサンプルDVDで見ました。原作も読んでみよう。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2017年11月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi