「しっとりとした良作」劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ あいわたさんの映画レビュー(感想・評価)

劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ

劇場公開日 2018年9月29日
全115件中、42件目を表示
  •  
映画レビューを書く

しっとりとした良作

人気アニメの映画版、らしい。
うるさすぎない作画、にゃんこ先生など癒し系キャラ、感動系ストーリーが共存したしんみり系ストーリーはバランスが良い。Uruの感動的なエンディング曲もストーリーと合っていて素晴らしかった。やはりエンディング曲の良い作品は映画として印象が良い。

残念だったのは2点。
まず、原作アニメを知らない人には設定がイマイチ分からず不親切。結局のところ、友人帳に名前を集められるとどうなって、名前を返すとどうなるのでしょ?
そして、なぜバイキングを参加させたのか?端役だったので映画全体を台無しにこそしなかったが、明らかに浮いていた。何が一番マズイって、宣伝効果があるならともかくバイキングじゃ話題性としても微妙じゃないか。(バイキング自体は嫌いではないですが。)
良い映画なのだが勿体なかった。

高良健吾は非常に良かった。声がそこまで濃くない、という理由もあるが。

あいわた
さん / 2018年10月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報